タグ:28週後・・・ ( 3 ) タグの人気記事

[28週後・・・](3)カニバリズム

例えば、「ゾンビ」や「死霊のえじき」のTV放映で、ゾンビが美味しく人間様をご馳走様するシーンが丸々カットされていたとしたら・・・そりゃもう噴飯モノに憤慨してブログに記事のひとつも書いちゃうところですが。

「28週後・・・」には人肉食のシーンはありません
だって、彼らはゾンビではなく、ウィルスによって星一徹以上に怒り心頭に発した(だけの)人間だからです。
では、それで「28週後・・・」に『カニバリズム・シーンがないことへの不満』があるかというと、ない

あれー?僕、ゾンビの人間むしゃむしゃシーン大好きなのに、どうしたのかなぁ?

なんて、ちょっと自問自答してしまいました。
で、色々考えた挙句の私なり結論が、「人間の死が印象的に描かれていればよいのかな?」(結論なのに疑問系w)ということでした。
ご存知のように歩く系(ロメロ系)「ゾンビ」の物語のペースは「じわじわ」です。
ゾンビの迫るスピードも、人間たちを取り巻く沈鬱な空気の濃度もじわじわと増していく。
だから、カタストロフの後、ゾンビがうまうまと食事するシーンもまたじっくりと描かれ、それがなんともいえない寂寥感をかもすわけです。

ひるがえって「28週後・・・」は、早い。とにかく早い
そのテンポの中で、みんなで群がってむしゃむしゃとか、テンポを損ねること甚だしい。
口より先に手が出る、否、むしろ全身で突っ込め突っ込めヘイ!的襲撃方法こそが、この映画には適してるんだよね。

では、肝心の「人の死が印象的」であるか。
「28週後・・・」のレイジ感染者の襲撃シーンで否応無く思い起こすのは、ルワンダなどに代表される、民族的ヒステリーが高じたジェノサイドです。
正直、その怖さはガブガブ食われちゃうのの比ではない、と私なんかは思います。
「隣人に食い殺される」はファンタジーですが、隣人にフルボッコに殴り殺されるというのは・・・なまじ行為が現実的である分、怖い。

ゾンビ化なんかは、むしろ私はなってみたいですけどね。無論、進んでではないですよ?死に様の理想のひとつとして、ですが。
ただ、レイジ・ウイルスに感染したいかと問われたら、NO!
だって、もがき苦しんだ次の瞬間目茶目茶怒りまくって人間みつけりゃ全力疾走。(うわー、疲れそう・・・)
そして、末路は餓死ですよ?(最低だ><)
あー、御免こうむります。STOP!レイジ・ウイルス!><
えーと、「28週後・・・」感想は、多分あと2回ほど(ダラダラと)続きます。
大胆にも次回予告しちゃうぞー。

次回、「28週後・・・」感想(3)『ラスボスの是非』
君は、刻の涙を見る・・・(←意味ナシ)
[PR]
by rushiha666 | 2008-03-11 10:44 | 映画感想‐ホラー‐

[28週後・・・](2)クローバーフィールドの耐性テストに最適

「クローバーフィールド」で乗り物酔い観客が続出!全米公開館に警告文
http://feature.movies.jp.msn.com/news/080125/02.htm
(ソース:eiga.comニュース&噂)

全編が登場人物の手持ちカメラで撮影された、という設定の怪獣映画で、かな~りクるようです。
さて、そんなあなたが「あたし、大丈夫かしら?」と不安に思うなら、「28週後・・・」の出番です。
「28週後・・・」も、レイジ感染者襲撃シーンなどで部分的に手持ちカメラのブレ的な演出を採用しており、おそらく「クローバーフィールド」ほどではないものの、ちょっとした適性検査にはなると思います。
もし、「28週後・・・」で酔ってしまったら、(実際、一緒に観た友人は気持ち悪くなってしまいました)「クローバーフィールド/HAKAISHA」の劇場鑑賞は自殺行為と思われます^^;

それにしても、あの手ブレ演出はかなりゴア度を緩和してくれてますね。
確かに目は疲れますが、おかげで人間同士の原始的な殺し合いの絵を克明に描くのを巧妙に回避していたように思います。
勿論、あらゆるゴア描写が回避されてるわけではなくて、要所要所ではキッチリ描写してくれますけどね!ゴアゴアとw

う~ん、時間がなくて(&眠くて頭回らなくて)お茶濁しっぽい記事になってしまった・・・反省orz
次の「28週間後・・・」感想では、ちゃんと「カニバリズム」について書こう。うん。

あと、再来週の木曜洋画劇場でやる「ワールド・イズ・ノット・イナフ」は、ロバート・カーライル目当てで観よう。うん。
[PR]
by rushiha666 | 2008-02-07 22:31 | 映画感想‐ホラー‐

[28週後・・・](1)走るゾンビの説得力は健在

コメントでも書いたのだが『気に入りすぎて思わず長文書き始めてでも眠くて文章も文脈もバラバラで「イヤー><」という堂々巡りを繰り返してばかりでサッパリまとまる気配がない』のなら、
まとめなきゃいいんじゃん!
って気付いた。

c0154066_22265810.jpgで、まずは『走る系ゾンビ映画』としての「28週後・・・」(原題:28Weeks Later)について語る。
前作「28日後・・・」の手法って

レイジ感染者、早くて強い→あまり主人公達と絡ませられないな→じゃあレイジ感染者の出番は要所要所で

まぁ、上記に判断はそれはそれで正しい。
(これをムリクリ絡ませて失敗したのがスナイダー版リメイクドーン)
だがしかし、中盤から後半にかけてのあまりのレイジ感染者の不在に、部分部分で退屈しないでもなかったのも事実。
だから、新生ゾンビムービーとして完成されてるのは「28日後・・・」だとは思うけど、どちらか観なおせと言われれば、私は「リメイクドーン」を選ぶのだ。(今までは)

しかし、続編「28週後・・・」のフィルムに退屈という瞬間は、ない。
緊迫感から一転凄まじい混乱とドラマを突きつける冒頭部分から始まり、ゾンビ映画好きなら誰もが観たかった『後日譚』と、そして新たなカタストロフを矢継ぎ早に突きつけてくれます。

ま、アップテンポな分、人物描写や展開に若干はしょり気味な部分はあるけれど(例えば復興後の地区の生活ぶりとか個人的にもっと見てみたかった)そんな瑣末より、これだけレイジ感染・・・ああ、面倒くさいな。ゾンビでいいか。
これだけゾンビを出現させながらも
「あれ?なんでこいつらは追いつかれないの?」
「え?そんなテで撃退出来ちゃうの?」
という「リメイク・ドーン」で悲しい興醒めを味あわせてくれた矛盾点が、まったくないのが、凄い。
つまり、前作が苦肉の策として選んだゾンビの不在という演出方法を、続編「28週後・・・」は、その舞台設定と展開(閉鎖空間、多数の犠牲者、敵にまわる軍隊etc・・・)によってひれ伏せさせたのだ!
・・・スゲェ・・・コイツは・・・コイツは凄いんだ☆ZE!

嗚呼、俺はもう「リメイク・ドーン」を観ることはないだろう。
「28週後・・・」さえあれば、走る系ゾンビ映画はもう充分だから。

そんなわけで、「28週後・・・」のDVD発売はまだかね?
発売したら速攻エンコしてスマートフォンにブチこんで通勤の最中もニヤニヤしながら観てやる気マンマンなのだがまだなのかね?
つーか輸入盤DVDを持っているwataruさんが羨ましい!羨ましい!羨ましい!

と、叫びつつ、(たぶん)つづく。
[PR]
by rushiha666 | 2008-01-30 14:54 | 映画感想‐ホラー‐