2007年 12月 31日 ( 2 )

29日のイベントの感想

う~ん、おかしいなぁ・・・
FF11はとっくに引退し、もう復帰するつもりはさらさらないというのに、なんで私はFF11本を16冊も買っているのか・・・

いえ、先日のコミケの話ね。
二次創作やプレイ日記、どれも最近の拡張ディスクの中身なんかチンプンカンプンなのにもかかわらず、やたら目を引き、読んでもやっぱ面白い。
息の長いジャンルなので、書き手もこなれてるってのはあるかもしらんけど、去年は完全にスルーしたジャンルを何故こうも?
ようわからんなぁ。

あと今回吃驚したのがブレス・オブ・ファイアⅤドラゴンクォーター本ゼノギアス本を見つけたこと!
どちらも既刊も全部買ってしまいました。
いや~、ドラクォ本は貴重ですよ!
あのゲームはストーリーもシステムも好きだったので、思わず鼻息を荒くして「各1でください」
ゼノ本もサーガじゃなくギアスですからね!
カレルレンとかエリィとか懐かしくてつい「各1でください」

あと吃驚したのが葛葉ライドウ本
メガテンのデビルサマナーの外伝的位置付けのソレは私も未プレイで、確かそんなにヒットもしていなかったと思ったんだけど・・・
なんとブースの占める割合はペルソナ3に匹敵していたから吃驚。
しかも、ほとんどが女性向け!
・・・そんなに女子のハートを掴む内容だったのだろうか・・・
(なんかちょっと興味出てきました)

そうそう、あと全体的に女性向けが多かったような?
(単に私がそういう箇所しかまわらなかったからかもしれませんが)
FF7あたりの女性人気はわかるのですが、FF12のバルフレア人気の凄さにも吃驚です。
・・・そんなにイイのか・・・バルフレア・・・やってみようかしら・・・
(FF12は買ってはあるが未プレイ)
つい数冊所望したらバルフレア×ウォースラとかで困ったわ^^;

そんなわけで、予想以上に散財してしまいました。
でもまぁ、なかなかノスタルジックな気分にさせてくれて、楽しかったな。
やはり、最終日以外は本当の意味で同人らしさ(好きな人が好きなものを書く)が味わえて良いですね。
(友人の話ではエロ系を集中させた最終日は凄まじかったそうですw)
[PR]
by rushiha666 | 2007-12-31 23:50 | 日記・雑記

コードギアス 反逆のルルーシュ

HDレコーダーの整理の途中にちょっと観てみたら・・・なんだかつい2話、3話と観続けて、結局最終話まで観てしまいました。
(何話か録画ミスってるので歯抜けなのが残念)
やっぱ面白いなァ・・・「コードギアス 反逆のルルーシュ」
c0154066_23235013.jpg
次回を観ずにはおれない引きの妙であるとか、象徴的なシチュエーション、キャラの造形は絶品。
あと、やはり《ギアス》という能力がもたらす知的な快感(ここらへんは良く『デスノート』が引き合いに出されますが、私が思い出すのはシモンズの『殺戮のチェスゲーム』)がロボットアニメとしては新機軸。
いや、ロボットアニメではなく、「ロボットアニメの要素を含んでいるアニメ」か。
ホント、色々な要素をブチ込みつつ大きく破綻してないのは凄いね。そりゃウケるわけだ。
反面、ワン・シチュエーションに依存するあまり細部がおざなりだったり、伏線の回収が少々ご都合主義だったりと、粗がないわけじゃないんですが・・・
もーカレンさんが好みのツボを突きすぎてヤバイの♪
やはり主人公ルルーシュの人間的底の浅さが面白い。
いや大変頭が良く、キレる人間なんですけどね?悪役であるところとか、土壇場のモロさ(ここが特に好き♪)とか、こういう主人公って新鮮だよねぇ。

公式HP(http://www.geass.jp/index.html)で来年から放映が始まる第2期の、新キャラ、新デザインのゼロ、スザクが発表されてますが・・・ゼロの新仮面。
あのツンツン意匠から、中身はカレンと推察する次第ですが、気になるなぁ。
[PR]
by rushiha666 | 2007-12-31 00:20 | アニメ・特撮