タグ:DVD ( 21 ) タグの人気記事

2008年るしは的映画マイベスト

マイベスト・・・と言いつつ、今年は順位をつけるのはヤメにしました。
無理クリ序列をつけるのではなく、色々なベクトルで最も印象に残った映画を列挙する形にしてみます。

【ヘビロテ賞】
DOOMS DAYmixi感想メモ
WOLF CREEK感想記事
STORM WARNING感想記事
HELLBOY II:THE GOLDEN ARMYmixi感想メモ


・・・ものの見事に輸入盤ばかりですな。
しかし、これにはワケがあるのです。
勿論、聖地ビデマが職場の近くだったというのもありますが、DVD鑑賞のほとんどを通勤中のPSPに頼る生活になっちゃったのが大きい。
PSPで見れるようエンコードする際、字幕表示(もしくは日本語音声選択)が出来ないので、必然的に、
「日本語版DVDは家で」⇒観る機会がゲームのプレイとバッティングし高確率で積む
「どのみち日本語出ない輸入盤をエンコ」⇒消化率UP

という構図になるわけです。
それにしても、輸入盤のなんと豊作だったことか。
「DOOMS~」、「HELLBOYⅡ」は来年日本公開しますので、是非観てください。
「DOOMS~」は私見ですが、ニール・マーシャルの最高傑作だと思います。スネーク・プリスキンとマッド・マックスが好きなら必見と言えましょう。
「HELLBOYⅡ」は、ともかく敵の王子が格好よすぎ!
あと邪魔な若造エージェントがいなくなり、純粋に異形達の悲喜交々に特化した分、彼らのキャラが立っていて楽しいです。
仮面ライダー電王のイマジン達にノックアウトされた女子にもオススメです。
だから、今劇場にかかっている駄目な予告編で見放さないでくださいね!すんごい楽しいから!
「WOLF~」は今までにない殺人鬼像を見せてくれ(カッコヨス)、「STORM~」はヤリスギ感のあるヒロインの逆襲が爽快すぎる、どちらも逸品です。
どちらも、ちょっと前の作品なんですが、これを埋もれさせとくのは勿体無いですよ。
どっかのパブリッシャ、ローカライズ頼みます!オージーホラーに光を!><

さて、ヘビロテ=必然的にDVD、ですから、お次は劇場(で鑑賞した)映画から。


【とにかく凄かった賞】
ダークナイト感想記事
ミスト感想記事①
WALL.E/ウォーリー感想記事
屋敷女感想記事
ミラーズ感想記事


「ダークナイト」は、久しぶりに、映画を観て「怖い」と思わされた映画。
最初、このエントリーを去年同様ランキング形式にしようと考えてた頃、「ミスト」と最後までその座を争ったのだけど、個人的にはミストのラストの絶望感より、ヒーズ・レジャー演じるジョーカーのもたらす狂気の闇の方が重かったので。
ともかく凄いので必見です。
じゃぁ、「ミスト」はそれほどでもないのか、というとさにあらず。
重さのベクトルが全然違うんですね。
そして、今年流行した「人類が大ピンチ映画」の中では抜群のリアリティと説得力を持っていたのも、特筆に価します。
で、その「人類が大ピンチ映画」としてSFベクトルで素晴らしいだけでなく、とにかく泣けて泣けて幸せなキモチになれたのが、「ウォーリー」
去年はサム(わんこ)に泣かされましたが、まさか今年はロボットに泣かされようとは!
ホラーではやっぱり「屋敷女」
インモラルなだけの非道徳ホラーと思いきや、最終的に真逆の感想を持つに至った不思議な作品。あ、でも、グロくて酷いオハナシなんですけどね!
新年早々発売されるアンレイテッド版DVD(予約済み)が楽しみでなりません。(正視出来るとよいなぁ^^;)
最後は、今年を締める映画になった、お祭りホラー「ミラーズ」
なにが凄いって滅茶苦茶なプロットが凄い!ホラー映画としては滅茶苦茶なんですが、その滅茶苦茶ぶりが楽しくなってくる、一部のひねくれた好き者にオススメです!

次点としては「アイアンマン」や「ランボー最後の戦場」、「ゲットスマート」あたり。豊作だったなぁ。
来年もおもろい映画をいっぱい観れるとよいなぁ。
[PR]
by rushiha666 | 2008-12-31 02:37 | 映画雑記

「レック/REC」日本語吹替え版

c0154066_2247363.jpg
「レック/REC」の日本語吹替え版を観ながら書いています。
ヒロイン、アンヘラたん(マヌエラ・ベラスコ)の吹替えは、本田貴子。
この人、最近の洋画ヒロインのほとんどをアテてるんじゃないかという勢いですね。
そして、「強い女性」のイメージが強い(と勝手に思っている)ので、強気だけどキュートでおにゃのこらしい弱さも持つアンヘラはどうかなぁ・・・と、観始めましたが・・・スゲェ。さすがプロ。完璧です。
他の吹替え陣も配役にピッタリ。これは吹替え版の鑑賞も強くオススメしたいですね。
ただ。
やはり劇中に登場する「日本語」のナチュラルさを楽しむために、初回は原語(スペイン語+字幕)での鑑賞を推奨しますが。

やっぱこの映画はイイ。どこらへんが、るしは的にイイかというと。
POVのフェイクドキュメント(演出されていないのを装った映像)特有の退屈さは、序盤の「あえて演出されたフェイクドキュメント」部分のみ。
(そこも私的にはアンヘラたんの人となりを知る素敵映像だったりしますが)
再見してみて吃驚したのは、実に、きっちりとホラー映画(ゾンビ映画)として演出されているということ。
ゾンビ映画としての醍醐味、発症のもたらす不安、混乱を、実にテンポ良く見せ、生存者(↓実にキャラが立っている)のゾンビ化は勿論、なんと、ほとんどのゾンビ映画で放棄されてるその発症原因に、オリジナリティのあるものを提出している。
c0154066_23102171.jpgc0154066_23104849.jpg
c0154066_23111721.jpgc0154066_23115099.jpg
c0154066_23121860.jpgc0154066_23123815.jpg

フェイクドキュメント特有の不自然さ(別名:お前いつまで撮ってんねん)対策も、同種のPOV映画の中でも群を抜いています。
前半は撮り手をプロの撮影クルーに設定することで、
そして終盤はカメラを暗所でのライトの役割を持たせることで、劇中のカメラマンがカメラを構えていることの不自然さを、大部分なくすことに成功している。
(勿論、完璧ではないです。シャッター閉めるの手伝えよ!とか思いましたw)
あと、ランタイムが75分と短いのもイイ。
仕事の疲れを、ちょっとゾンビ成分で癒したい。でもガッツリ1本観る時間がない・・・そんな時のお供に最適です。
名作と呼ばれるゾンビ映画群のような重厚さはないけれど、上記の私的にハズせない要素を満たす、そのコストパフォーマンスの良さは貴重です。

そう。
重厚で、ヘヴィーで、真に迫った物語も当然大好きですが、コストパフォーマンスの良い軽めの作品も、私は愛する傾向があります。
どっちが面白いかと問われれば「ヒルハブ」と答えます。でも、実際家でヘビロテなのは「クライモリ」だったりとかね。
別の例を挙げるなら、「悪いけ」と「テキチェン・ビギ」なんかもそう。
前者の方が優れているのはわかります。でも、ハートにズシンとくる作品じゃなく、サラリと流せるけれども必要な要素は満たしている、そんな映画で癒されたい時もあるんですよ^^;

それにしても、意外とパンチラ映画で驚いた(笑)
勿論、可愛いとかそういうのとは縁遠い、醜悪なゾンビ(♀)のパンツなんで、お世辞にも萌えたりとかハァハァしたりは出来ないとは思いますが。(意外に需要があったりしてw)
あ、そうか。結構女性ゾンビ率が高いからか。普通に家族が住まうアパートメントが舞台なので、男女比の差がそんなにないですからね。

しかし、やはりアンヘラ役、マヌエラ・ベラスコたんのおっぱい映画である、という意見には肯かざるを得ない。
勿論ポロリはないけれど、さまざまな角度からアンヘラの胸の谷間をフレームに収めるパブロは、絶対アンヘラに惚れていると思うんだ。
同じ撮影クルーではあるものの、レポーターとカメラマンとの間には、やはり職業的な隔たりがあると思うんですよね。
アンヘラはチャンスさえ掴めば、やがてはTVのキャスターとして、芸能人に近い位置に立てるわけですから。
そんな片思い(と勝手に断定)カメラマン、パブロの悲哀と哀切を、るしは妄想しちゃってちょっとキュンとしちゃった////(馬鹿がいる)
c0154066_2391837.jpg

まぁ、この可愛さなら無理もないですよね!
[PR]
by rushiha666 | 2008-11-30 23:12 | 映画感想‐ホラー‐

Amazonで「屋敷女」発見

c0154066_121505.jpg
DVD発売まだかな~なんて思いつつ検索してみたら、ありました。
詳細はコチラのAmazon商品ページ(アフィじゃないよ)を見て頂くとして、現在「お取り扱いできません」ではあるものの、商品ステータスを見ると「発売日: 2009/01/07」となっています。
そして、タイトルにはしっかり、アンレイテッド版の文字が!
よかった・・・輸入盤我慢してて・・・これで来年の楽しみがまた一つ。
あのやたら暗くて観辛かった暗闇のシーンが規制だったのかどうか、ついに分かる時が・・・後は、ちゃんと発売されますように^^;
[PR]
by rushiha666 | 2008-10-09 01:31 | 映画雑記

ユニバーサルに拍手するついでの おしらせ

なんだかお久しぶりです。
すっかり寂しい更新頻度になってしまいましたが、いつもの理由で、もうしばらくはこんな感じになりそうです。
すんません><

・・・これだけじゃなんか寂しいので、せめて小ネタを。
c0154066_20433857.jpg
遊星からの物体X (ユニバーサル思い出の復刻版DVD)

内容紹介(Amazonより一部転載)
《ユニバーサル映画・復刻版計画!!当時のTV吹替音声を収録したDVDが通常版と合わせて2枚組で登場!!》
★パッケージ:日本版オリジナル・アートワーク採用!!<アウターケース収納!>
●DISK1
・通常のハイクオリティDVD使用!!
●DISK2
TVオンエア版日本語吹替音声完全装備!!

悲しい仕様だった「物体X」日本版DVD(今までのDVDは吹替え未収録にメニューが非日本語化と、酷いものでした・・・)に、待望の日本語吹替が、しかも、かのTV放映版を収録です。
確か前にも書いた記憶がありますが、あの吹替えは、本当に神吹替えですからね・・・
物体Xは生まれて初めて購入した映像コンテンツなので、ようやく完全な形になってくれて、感慨もひとしおです。
あと、何気にジャケットが劇場公開版ポスターになってるのも嬉しい。
やっぱこの絵は最高だなぁ・・・
[PR]
by rushiha666 | 2008-09-27 01:55 | 映画雑記

じょしこうせい☆さばいばるどらいぶっ

今日は3連休の2日目です♪
・・・でも、なんで俺・・・職場で働いてるんでしょうね・・・orz

頭にきたのでビデマで散財したろうか!とビデマ様のHPを覗いていたら、気になるタイトルはっけん。

c0154066_2524040.jpg「Five Across The Eyes」

おにゃのこ5人を主人公に据えたよくある田舎系スラッシャーらしいのですが、どこらへんに惹かれたかというと、その撮影方法
なんとカメラは女子校生が乗る車から一切外へ出ないのだそうです!
それっぽく見えますが、所謂POV(劇中人物による撮影のフェイクドキュメント)ではありません。
ただ、キャメラが一切車から出ない、という制約を、監督は己に課したらしく、ネット上の評を見る限り、それはなかなかの効果を出しているらしい。
車の中から角度的に見えないところは映らないわけで、悲鳴は聞こえるけど何されてるのかわからないとか、想像力をいたく喚起してくれるみたいです。ゴクリ。
あいかわらずこういう新手法に弱い私。
コレ買っちゃおうかなぁ・・・と思いましたが・・・アレ?ビデマの商品ページに邦題が付いておる?こんなん公開してたっけ?と。ググってみたら・・・ありました。

c0154066_2492314.jpg11/12「女子高生サバイバル・ドライブ」(原題:Five Across The Eyes)

・・・なんつうか・・・イイ邦題なんじゃないかな・・・たぶん^^;
それよりなんだろうこのクールっぽさを装ったジャケ絵は・・・まぁ、確かに、勘違いして買っちゃう(あるいは借りちゃう)一般ピーポーがいそうではありますなぁ(笑)
それにしても、11月か・・・遅ぇ・・・でも日本語付いてるにこしたことはないし、ここは素直に待ちますかね・・・
あ、トレーラー見っけたので貼っておきます。

おお、他所様の感想読んだら、○×△にドライバーとか結構エグ痛そう・・・そうだよねぇ、女同士の戦い、つまりはキャットファイト・スラッシャーだもんね・・・エグくなるわな。(というのはあまりに一面的すぎる感想だろうか)

そんなわけで、明日も休日出勤ケテーイ!
・・・コノ憤リヲ何ニブツケタラヨイノダロウ・・・
[PR]
by rushiha666 | 2008-09-20 15:22 | 映画雑記

届いたもの

DVD「ゴーン・ベイビー・ゴーン」
DVD「ミスト コレクターズエディション」


ようやく9月の最もキツいシフトを乗り切りました。
何故か脇腹と背筋のあたりに筋肉痛が。なんでこの箇所か?昨日は脚がガクガクしてたので、来るなら脚か腰だと思ってたのに・・・。
とりあえず3連休です。(そのかわり来週は休みが減るんですが)
日曜あたりに「ウォンテッド」行けるといいな。
あと、この連休中あれも観なければね。
ダラボンが当初画策していた「ミスト」のモノクロ・ヴァージョンを。
おそらくレンタル版にはつかないと踏んで、高いコレクターズエディションを予約したんですが・・・今のコンディションで「ミスト」再見は被ダメが大きすぎるかな?
[PR]
by rushiha666 | 2008-09-19 15:41 | 映画雑記

エラゴン 遺志を継ぐ者

c0154066_1652495.jpg「エラゴン 遺志を継ぐ者」(原題:ERAGON)
※以下、思いっきりネタバレです!

うん、実にスターウォーズですね!
フォースが魔法でXウイングがドラゴン。
ジェダイがドラゴンライダーで、敵は当然シス=裏切り者のドラゴンライダー。
少年を導くのは勿論、老ジェダイ=老ドラゴンライダーで、無論、少年を守って死にます。
ちゃんと助けるべき王女様もいるし、途中で仲間になるならず者風のにいちゃんも完備!

まぁ、原作から思いっきり枝葉を切り取っているらしいので、定石のみの展開は仕方ないのかな~。
スターウォーズ自体も様々な古典からのイタダキで成り立っているわけだし。
ただ、スターウォーズはビジュアルイメージで革新をもたらしたのに対し、エラゴンのそれは最近よく見る・・・というか某指輪物語に比べると数段落ちる視覚効果なので、結果、凡庸なファンタジーになってしまいました。
原作の1巻部分の映画化なので、モロ「続く!」で、終わるのですが、興行面で大敗したらしく、某ライラの冒険同様、続編は作られない模様。
せっかくジョン・マルコビッチが大見得切るエンディングなのにね!
あと、後半、
「また会えるかい?」とか、
「明日があれば会えるわ」とか、
「明日は思ったより早く来るわよ」とか、
いかにも続編を匂わす台詞が、「続編ナシ」が決定した今見ると、ちょっと泣けてきます^^;

それでも、某ライラの冒険より数段楽しめましたよ。
筋はスターウォーズ=定石の塊なので、所謂、中二病男児(笑)の大好物がちりばめられていますからね。
あまりこだわりを持たずに、軽い気持ちで「それっぽいファンタジー」を観るつもりであれば、結構楽しめるんじゃないでしょうか。

そうそう、主人公以外のキャストが無駄に豪華なんですよね。

ジェレミー・アイアンズ(ブロム)→ようはオビ・ワン
シエンナ・ギロリー(アーリア)→ようはレイア姫
ロバート・カーライル(ダーザ)→ベイダー?役割的にはダース・モールか・・・
レイチェル・ワイズ (サフィラの声)
ジョン・マルコヴィッチ(皇帝ガルバトリックス)→パルパティーン

ジェレミー・アイアンズが良かったなぁ・・・
本作におけるドラゴンとライダーは一心同体という設定で、そこに彼の「愛竜を失ったライダー」というキャラクターは、それだけで主人公にとっての悲劇的な未来像なわけで、その存在感は単に馬鹿弟子を殺し損ねた某オビーよりはるかに重いです。
で、死に際の台詞がとてもよかった。
エラゴンが死に行く師匠に「あなたが必要なんです」と涙ながらに訴えるのに応えて、
c0154066_1624548.jpg
この後彼は、新たなライダーを導くなかで自身の人生も生き返った事を感謝し、ライダーの誇りを胸に逝きます・・・あー、ちょっとウルっときました><

そうそう、ドラゴンを失ったかつてのブロムは、敵のライダーを殺すことによって、そのドラゴンの命をも奪ったわけですが、その敵ドラゴンの内心はどうだったんだろう・・・と考えてしまいます。
本作ではドラゴンは主人公のドラゴンであるサフィラしかマトモに出てこないですからね。
人間かそれ以上の知能を持つ彼らは、裏切りライダーに従いながら、何を思っていたのかな・・・と考えると、原作を読んでみたくなりますね。

で、その本作唯一のドラゴン、サフィラたん!
c0154066_16475138.jpg
かーわーいーいー><
生まれたての時とか、空を飛ぶ訓練する様とか、かわいかったなぁ・・・ここらへん、もうちょい長くても良かったなぁ・・・
さすがに、空飛び上がってピカっと光った後、成体になって降りてきたのには吹きました^^;
そうそう、冒頭でドラゴンをXウイングになぞらえましたが、本当にドラゴンの描写が航空機的で、なつかしの「ドラゴンスレイヤー」を思い出しましたよ。
(古典ファンタジー映画『ドラスレ』のドラゴンはまるで超音速旅客機の如き飛び方をしますw)

ん~そうだよね、やっぱり尺の短さは残念だな。
エラゴンとサフィラの触れ合いも足りないし、シエンナ・ギロリー演じるアーリアもレイア姫に全然及ばない存在感しかないし。(演技力ではなくシナリオのせいで)
「裏切り者」の息子君も、たったあれだけの道程で友人呼ばわりは急すぎですし。
(彼は後半結構頑張るから、もうちょい前半に絡めれば、ハン・ソロたりえたのにね~)

それにしても、終盤のサフィラの活躍は、実に爆撃機しててなんだか複雑なものがありました^^;
敵が最初からドラゴン相当の兵器で襲ってくるのならよかったんですが、攻め入る敵兵団に空から火炎ブレスで火達磨・・・とか見てると、なんというか、「ちょっと卑怯?」みたいな感じが^^;
まぁ、その後ロバート・カーライルが魔界のドラゴンモドキを召喚するので良いのですけどね!
c0154066_16465539.jpg
「がぶーっ」デッドリースポーン的なお口が素敵♪
こいつとのバトルは短いながら結構好き。「パンツァードラグーン」(懐かしいセガサターンのゲーム)を思い出してしまいました。

では最後に。
c0154066_16472634.jpg
やはりシエンナ・ギロリーは美人すぎる。
この人、もっと良い映画に出ないかな~。
あと、もっといっぱい出演してほしいですよね!
・・・あれ?ちょっとWiki見たら「鉄拳」の実写版に出演予定とか書いてある。
ってことは風貌的にニーナーかアンナあたり?うわ楽しみ。
(ってか、なんでこういう映画ばっかに出るんだこの人は・・・)
[PR]
by rushiha666 | 2008-09-12 17:07 | 映画感想‐SF・ファンタジー‐

DVD情報でお茶を濁す

あー!忙しい!切ない!><(←意味不明ですが、挨拶)

『REC/レック』11月28日発売!
先日劇場で鑑賞し、マニュエラたんのエロ可愛らしさにハァハァしたPOV手法の臨場感にドキドキしたゾンビ・アトラクション・ムービー「REC/レック」のDVDが発売決定!
最近POV(ポイント・オブ・ビューと言うらしい。カメラ視点だけで構成されたフェイクドキュメント)が大流行で「クローバーフィールド」やら「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」やら、古くは「食人族」「ブレアウィッチ・プロジェクト」とかありますが、私が観た範囲では「REC」が一番不自然さを感じさせませんでした。
なんつっても、ゾンビだしね!あとやっぱマニュエラたんがk

『ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ ファースト・シーズン Vol.1』1月21日発売
『ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ ファースト・シーズン コレクターズ・ボックス』1月21日発売

いきなりDVD発売かーどっかで放送しないのかな?
別に明確な批判理由を持ち合わせていないのだけど、1話だけ単品売りで、残りをコンプリBOXと称する手法はやめてほしい。いやほんと、「なんとなく」なんですが。
個人的に購入意欲を削がれるんです。なんでだろ?
とりあえず、輸入盤を一通り観てから考えよう。(随分先の話しだし)
実は1話だけ観たんですが(詳細は後日別記事で)、サマー・グルーはグゥですね。とてもグゥ。
そしてレナ・ハーディも個人的にはグゥ。
リンダ・ハミルトンとは完全に別物だけれど、2を経た続編として(普通にダイソン夫人とか出てきて燃える)、レナ・ハーディの実に「おかあさん」的な風貌は良い選択だと思える。
って、とっとと感想書かないとな・・・
[PR]
by rushiha666 | 2008-09-11 20:17 | 映画雑記

映画感想索引

映画感想の索引ページを作ってみました。(50音順です)
いい加減自分で何観たかわかんなくなってきたので、ようやく重い腰をあげたのですが・・・もっと早く取り掛かっておくべきでした・・・ほとんど夜なべ仕事に><
でも、これでようやく目当ての感想をササっと探せますよ。
(タイトル横のをクリックすると飛びます)

注1:一応、あまりにも雑記っぽい記事は省いてあります。
注2:仕様上、この検索から辿ると追記部分がOPENされた状態で表示されますので、「基本ネタバレ」であることをご了承ください

洋画感想

■アイ・アム・レジェンド(原題:I am Legend)劇場公開版
                          別エンディング版
■アイアンマン(原題:IRONMAN)
■アナコンダ2 ボルネオ島の迷宮(原題:Anacondas: The Hunt for the Blood Orchid)
■アポカリプト(原題:APOCALYPTO)
■インクレディブル・ハルク(原題:The Incredible Hulk)
■インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国(原題:Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull)
■ウォンテッド(原題:WANTED)
■AVP完全版(原題:ALIEN VS. PREDATOR)The Unrated Edition)
■AVP2 エイリアンズ VS.プレデター(原題:Aliens VS. Predator-Requiem)
■エラゴン 遺志を継ぐ者(原題:ERAGON)



■クローバーフィールド/HAKAISHA(原題:CLOVERFIELD)
■ゲットスマート(原題:Get Smart)その①
                       その②



■サイレントヒル(原題:Silent Hill)
■サウンド・オブ・サンダー(原題:A Sound of Thunder)
■ザ・フライ2 二世誕生(原題:The Fly II: The Insect Awakens)
■ジャンパー(原題:JUMPER)
■ソウ4(原題:SAW4)その①
             その②
■ソウ5(原題:SAWⅤ)



■ダークナイト(原題:The Dark Knight)
■沈黙の追撃(原題:Submerged)
■ディープ・インパクト(原題:Deep Impact)
■トランスポーター2(原題:Transporter2)
■トロピックサンダー史上最低の作戦(原題:Tropic Thunder)



■ナショナル・トレジャー(原題:National Treasure)
■28週後・・・(原題:28Weeks Later)その①
                      その②
                      その③



■バイオハザードⅢ(原題:Resident Evil:Extinction)
■ハプニング(原題:The Happening)
■ハルク」(原題:Hulk)
■ハロウィン(原題:HALLOWEEN)※カーペンター版
■ベオウルフ/呪われし勇者(原題:Beowulf)
■ヘルボーイ(原題:HELLBOY)
■ホステル2(原題:HOSTEL PartⅡ)
■ポセイドン 史上最悪の大転覆(原題:The Poseidon Adventure)
■北海ハイジャック(原題:FFOLKES)
■ホットファズ-俺たちスーパーポリスメン!-(原題:HOTFUZZ)
■ボーン・アイデンティティ(原題:THE BOURNE IDENTITY)
■ボーン・スプレマシー(原題:THE BOURNE SUPREMACY)



■マッハ!!!!!!!!(英題:Ong Bak: Muay Thai Warrior、タイ題:องค์บาก)
■ミスト(原題:THE MIST)その①
                その②
                その③



■屋敷女(原題:A L' INTERIEUR)



■ライラの冒険 黄金の羅針盤(原題:The Golden Compass)
■ランボー 最後の戦場(原題:John Rambo)
■リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い(原題:The League of Extraordinary Gentlemen)
■ルネッサンス(原題:Paris2054 Renaissance)
■REC/レック(原題:REC)その①
                 その②





邦画感想
■ゲド戦記
■スカイクロラ(原題:The Sky Crawlers)


輸入盤DVD
■AUTOMATON TRANSFUSION
■BLACK SHEEP
■FEAST(邦題:フィースト)
■HALLOWEEN(ロブ・ゾンビ版リメイク)
■INSANITARIUM
■STORM WARNING
■THE SIGNAL(邦題:地球最後の男たち)
■TURISTAS
■ROGUE
■WOLF CREEK

マイベスト
■2007年


旧ブログの映画感想索引
■ねこめがねSecond版(2007年1月~2007年11月鑑賞分)
※「ねこめがね」(管理人の最初のブログ)では索引ページを作っていなかったので割愛します。
[PR]
by rushiha666 | 2008-09-08 22:17 | 映画感想索引

積DVD消化計画

一昨日のアガサさん主催ホラチャでは、遅刻の上に挨拶もそこそこに早退という有様で失礼いたしました。
帰宅早々の参加はちと無理があったようで、テンションも低くて申し訳ない><
さて昨日は休日だったわけですが、あいかわらずテンションの低さはそのままで、ゲームや映画の消化という気分でなく、じゃぁせめて消化の準備だけでもと、「通勤電車でDVD鑑賞計画」を発動しました。
c0154066_23264897.jpg
そんなわけで、wataruさんシリーズを入れてみました。
私のPSPのメモリースティックの容量は1GBで、セーブデータやらゲームのデータやらで500MBしか残ってなかったので、データの大半だったモンハンのメディアインストール分を削除。(これで700MBくらい空いたかな?)
そしたら、DVDが4本入りました。勿論画質よりサイズ優先で。
画質を犠牲にしたお陰で仕込む時間が無短くて済み、これは気軽にやれそうだ。
いっそメモステを4GBあたりにしちゃえば、かなりも本数を持ち運べるな・・・
これで通勤時の暇つぶし(というか貴重な娯楽タイム)は読書、携帯ゲームに、映画鑑賞が加わりました。
よし、頑張ろう。
[PR]
by rushiha666 | 2008-08-25 00:36 | 映画雑記