タグ:輸入盤DVD ( 27 ) タグの人気記事

THE SIGNAL(邦題:地球最後の男たち)

ディスクに傷があったんで(輸入盤ではままあるものです)、「ちゃんと観れるんかな~」と試し観のつもりが、結局最後まで観ちゃったという代物がコレ。
つまり、面白い・・・よね?(何故疑問形w)

c0154066_12495715.jpgTHE SIGNAL(邦題:地球最後の男達THE SIGNAL)

つーかコレ、買った時には日本語版出るって知らなかったんですよね・・・失敗したなぁ。
結構台詞の比率が高かったので、英語苦手な私には日本語版待ちでよかったものを・・・
(しかも来月には出るし・・・情報収集は大事ですね><)

《あらすじ》
深夜映画を見ている途中で急にテレビが奇妙な映像を映し始めたのに気づいたベン。その騒ぎで目覚めてしまった不倫相手のマヤは帰路についたのだが、道行く人の様子が明らかにおかしい。そして帰り着いたアパートでは、夫のルイスとその友人たちが暴れ始めていた! 部屋を締め切り、眠りについたマヤだったが、翌朝目覚めると街は静まり返り、残った人々は殺し合いを繰り広げている!? それでもベンに会う為に街に飛び出したマヤだったが…。
[SAMPLE]ビデオながら見日記様より転載)

なので、主役カップルが不倫カポーなのにも気付きませんでした^^;
そうか、あの髭(ジャケ画の右向きの彼)は旦那だったのね・・・
それにしても、変な映画でした。(一応褒め言葉)

ネタバレあるので続きはコチラ。
[PR]
by rushiha666 | 2008-08-30 13:30 | 映画感想‐ホラー‐

とりいそぎ

c0154066_2491371.jpg
休憩時間にブログ記事書くこともままならない忙しさ

通勤電車ではPSPで映画鑑賞

帰宅したらバタンキュー

映画の数はこなせてるけど、感想書く時間が・・・なんとかせな・・・
[PR]
by rushiha666 | 2008-08-28 01:18 | 映画雑記

積DVD消化計画

一昨日のアガサさん主催ホラチャでは、遅刻の上に挨拶もそこそこに早退という有様で失礼いたしました。
帰宅早々の参加はちと無理があったようで、テンションも低くて申し訳ない><
さて昨日は休日だったわけですが、あいかわらずテンションの低さはそのままで、ゲームや映画の消化という気分でなく、じゃぁせめて消化の準備だけでもと、「通勤電車でDVD鑑賞計画」を発動しました。
c0154066_23264897.jpg
そんなわけで、wataruさんシリーズを入れてみました。
私のPSPのメモリースティックの容量は1GBで、セーブデータやらゲームのデータやらで500MBしか残ってなかったので、データの大半だったモンハンのメディアインストール分を削除。(これで700MBくらい空いたかな?)
そしたら、DVDが4本入りました。勿論画質よりサイズ優先で。
画質を犠牲にしたお陰で仕込む時間が無短くて済み、これは気軽にやれそうだ。
いっそメモステを4GBあたりにしちゃえば、かなりも本数を持ち運べるな・・・
これで通勤時の暇つぶし(というか貴重な娯楽タイム)は読書、携帯ゲームに、映画鑑賞が加わりました。
よし、頑張ろう。
[PR]
by rushiha666 | 2008-08-25 00:36 | 映画雑記

聖地《ビデオマーケット》に行ってきましたよ~な購入記録

さて、アガサさん主催のホラチャを翌日に控えた今日の良き日に、行ってまいりました!
新宿における輸入DVD(とってもホラー寄り)の聖地、ビデオマーケットへ!

いやぁ・・・天国だった。
輸入DVDといえばオンラインショップに頼りきりだった私にとって、ジャケ見ながら選べるなんて、もう最高!財布の紐、緩む緩むw
輸入DVDコーナーはビルの4Fにあるんですけどね、エレベーターの中からして「片腕マシンガール」とか「フロンティアーズ」のヤバいポスターベタベタで、エレベーターから降りれば、等身大エイリアン様がお出迎え!
ドアを潜れば、6台ばかりあるモニターで「ドゥームゥズデイ」やらリメイク版「血の魔術師」やらを映してるという・・・アガサさんの夏休み大冒険にあったソーヤー家ポスターや、チョップトップたん来日記念グッズなんかも並んでましたよ!
ま、まさに聖地・・・というわけで、聖地にかなりのお布施をしてきました^^;
(以下、聖地での購入リスト♪)

c0154066_23321913.jpg
「Clive Barker's HELLRAISER 20th Annniversary Edition」
ご存知「ヘルレイザー」1作目!
日本では確かまだDVD化されてない(か廃盤)なんですよね・・・実は、最近なんでかバーカーの再読なんぞしておりまして、無性に映画版を再確認したかった・・・というのもあるんです、が。
実はこのジャケデザインに一目惚れ、というのが真相だったり^^;
(しかし、もう20年も経つんですねぇ・・・)

c0154066_23324541.jpg
「NIGHTBREED」
これまたバーカーつながりで、邦題「ミディアン」。
確か、原作のスケールをえらく小さくしてて吃驚した記憶がありますが、それを吹き飛ばすデヴィッド・クローネンバーグ監督の怪演が素晴らしい。ハレルヤー!
確かコレもDVD化してませんよね。ホクホク。
(しかしこの、懐かしいヤングアダルトスター総出演青春映画みたいなジャケはなんなのだろう・・・最初気付きませんでしたよ^^;)

c0154066_23333677.jpg
「THE SIGNAL」
コレは日本未公開。(予定あんのかな?)
最近「突然人間がおかしくなって残った人が涙目」設定の映画や小説ばっか見たり読んだりしたせいか、なんか、無性に気になってしまい、購入。
確かTVから変な信号が出て、それを見た人が狂っちゃうんでしたっけ?
そんなに評判良くなかった記憶があるのですが、まぁいいや^^;

c0154066_23383311.jpg
「TERMINATOR The Asrah Connor Chronicles THE COMPLETE FIRST SEASON」
コレもジャケ買いみたいなもんですね。
レナ・ハーディが美しすぎるんだぜ・・・あと、ディスク3枚にシーズン1全て入って5千円しないというコストパフォーマンスが決め手に。
日本語化されてる海外ドラマBOXがいかに高額かわかりますね。
それにしても・・・とっととTV放映せんのかなぁ・・・

と、いうわけで買いすぎです!明日からは酸素だけ食べて生き抜かなければ・・・
しかしまぁ買いに買いましたが、まだwataruさんからお借りしたDVDも消化していない有様なので、(つーかそれ以前にkurosuiさんやふぉんださんに借りたものね><)鑑賞は暫く先になるかと思われます。
あー、でも、イイ買い物でした♪ビデオマーケット様には月イチで通うことにします^^
(やっぱ通勤中にDVD鑑賞する手段を考えようか・・・)
[PR]
by rushiha666 | 2008-08-22 23:45 | 映画雑記

HALLOWEEN(ロブ・ゾンビ版リメイク)

c0154066_23433858.jpg


c0154066_23354221.jpgさて、輸入版をとっくに購入しておきながらすっかり積んでいたロブ・ゾンビによる、ホラーの古典・スラッシャーの元祖のリメイク、「HALLOWEEN」(UNRATED DIRECTER'S CUT版)を、ようやく、観ることが出来ましたよ。
まずこのロブ・ゾンビ版リメイクのオリジナルとの差異は、マイケル・マイヤースの描写に重点を置いている点。
※以下、追記部分以前にも若干のネタバレあり!辛抱強く日本語DVDを待つつもりの人は要注意!!

マイケルの家族構成(低所得者階級で親父は飲んだくれ、母はゴーゴーダンサー、姉は若干ビッチ気味、そして幼い妹)、彼のプライベート(こっそり小動物虐殺癖アリ。でもちゃんと喋れるよ)、そして凶行に及ぶまでがじっくりと描かれます。
母親の仕事をネタにした苛め、その報復行為による最初の殺人を経て、ハロウィンの晩(母は仕事で父は泥酔。姉はエッチ)孤独な彼は凶行に走る・・・
彼は手始めに父親の首を裂き、姉のボーイフレンドを撲殺し(ちなみに原典では二人とも殺されていない)、姉を刺し殺す。
そして、血塗れの手で幼い妹にキスをし、ニッコリ微笑み囁く。「ハッピーハロウィン」

さらに精神病院でのルーミス医師(マルコム・マクドゥエル)によるカウンセリングの様子も丹念に描かれます。
健気にも面会に来る母親(監督の自慢の嫁シェリ・ムーン・ゾンビ)、しかしある時、彼は再び凶行に及び、絶望した母親は自殺し、ルーミス医師もカウンセリングを断念する・・・

ここまでで、実に、映画全体の3分の1を費やしています。
「デビルズ・リジェクト」でガッツリとドラマを描いてくれたゾンビは、ここでも見応えのあるドラマ、マイケル・マイヤースという純粋悪の権化を見せてくれます。
いやほんと、がぶりつきで観てましたよ、ここまでは。

More
[PR]
by rushiha666 | 2008-06-04 20:15 | 映画感想‐ホラー‐

BLACK SHEEP

昨日、本当は待望の「28週後・・・」を観るはずが、諸事情により来週へと延期になりまして・・・ちと残念。
きっと諸事情は来週昼飯をおごってくれるに違いないね!ウン!
そんなわけで特撮フィーバーした後は積みDVD消化です。
c0154066_14293876.jpg
さあ、本日ご紹介するのは私には珍しく、ニュージーランド製の牧場主と羊さんの心温まる物語を送る・・・・わけがありません。

c0154066_14301134.jpg
「もぐもぐ・・・うメ~」
ニュージーランド製牧歌的B級スプラッター「BLACK SHEEP」だゾ♪

c0154066_1434502.jpg《いいかげんなあらすじ》
幼少時、可愛がっていた子羊を殺してはいだ皮を被った兄貴の悪戯(※やりすぎです)で、極度の羊恐怖症に陥って今に至る主人公は、久しぶりに帰郷する。
臓物料理(調理場面超UP)で母親の歓待を受けるが、その頃、羊産業の社長に納まった兄貴は、新開発のバイオ羊を日本などの畜産輸入業者へ大々的にお披露目しようとしていた。
バイオ羊反対派の環境保護活動家二人組みは、廃棄されようとしていたそのサンプルをまんまと盗み出すことに成功するが、逃走中にケースが破損。
中の異様な子羊に一人は噛まれ、子羊も逃走する。
やがて、鳴き声に引かれて近づいた放牧中の羊を、子羊はまたしてもガブリと毒牙にかける。
同じ頃・・・噛まれた環境保護活動家は体に起こり始めた異常に涙しながら、止め処ない欲求に従い、ウサギを生きたまま貪り食う。
その手は、蹄のように変貌を始めていた・・・
そして、噛まれた羊もまた、仲間を、そして住人を襲い、やがて津波のような人喰い羊の群れが、丘を越えてバイオ羊発表会場を襲撃する・・・!
さあ、ニュージーランド畜産業の明日はどっちだ!?


コレを観て思い出すのは「バッドテイスト」や「アンデッド」。
駆け出しのホラー好き監督が好きにやっちゃった感が、まさに一緒。
ハッキリ言って微塵も怖くはないのだけど(笑)ホラー好きなら上記の作品同様、仲間意識で心温まることうけあいです。
最近は「ソウ」などのヒットで大手がホラー映画を手がけることが多く、映像としてはこなれているんだけど、どこか物足りないとは思いませんか?
「ちょっ、このシーン見て見て!」という、溢れんばかりの自己主張。そいつが足りないんだよな~。

その点、本作終盤の、丘を越えて津波のように押し寄せる羊さん達が集まった畜産輸入業者を食い尽くす大スプラッターシーンなどは、久しく見なかった「ココ見て!ココ見て!」感覚満載でなんとも微笑ましい。
しかも、それやってるのが可愛い羊さんだから、それだけで既にギャグです(笑)
中盤、殺人羊の存在が明らかになり、可愛い羊さんが群れているだけで「ヒィッ」となる登場人物のリアクションとか、「アタック・オブ・ザ・キラートマト」なんかも思い起こさせます(笑)

しかし、そんな「ニュージーランドで人喰い羊って面白いじゃん!」という一発ネタで終わってないところが、私は特に評価したい。
最近「AVP2」とか「アイ・アム・レジェンド」とか「セル」(小説だけど)とか、風呂敷のたたみ方がいただけない作品が続いたからでしょうか。
羊が凶暴化するだけでなく、人間の羊化というトンデモモンスター路線も含みながらも、キチンと収拾つけるところが凄い。
ま、かなりナンチャッテな手法なんですが、それ自体が一種のギャグとして機能してるし、辻褄あわせを放棄したシナリオに比べれば断然好印象。
キチンと事件のその後を描いてるあたりも、(そしてお約束のオチも含めて)いや~、結構やるもんだ。

ちょっと残念なのは、サム・ライミやピーター・ジャクソンが初期作品で感じさせてくれた異様なグルーヴ感の領域には達していないこと。
風呂敷のたたみ方といい、「勢い」ではなく「理詰め」で作劇する監督なのかもしれませんね。
それにしても・・・
c0154066_15451863.jpg
この主人公。「エイリアン2」のアポーン中尉に似てません?(笑)
あと、ヒロインが結構美人さんで注目です。劇中のヤボったい服装がもったいないぜ。

More
[PR]
by rushiha666 | 2008-01-21 01:09 | 映画感想‐ホラー‐

Shoot 'Em Upまだ?

c0154066_0472221.jpg勿論「HOT FUZZ」も気になってはいるのですが、同じくらい気になっているのが「Shoot 'Em Up」
ガンアクション撮りたくて仕方のないボンクラが試しに絵コンテ描いてボブ・シェイ(ニューラインシネマ社長)に見せたら「面白そうじゃん。撮ればー?」と制作費だけじゃなくクライヴ・オーエンとモニカ・ベルッチとポール・ジアマッティが付いて来たという曰く付きの馬鹿映画。(らしい)

で、コレもう元旦にはアチラでDVD出ちゃうんですよね。
多分台詞なんかわかんなくても楽しめるとは思うのですが(褒め言葉です、念のため)、そりゃ字幕吹替え付いているにこしたことはなく。
劇場公開は諦めるので(勿論してほしいけどさ)、とっととDVDリリース情報は流して欲しいなー。
でないと我慢しきれず輸入盤買っちゃいかねないのでね。情報プリーズ><
[PR]
by rushiha666 | 2007-12-02 00:51 | 映画雑記