タグ:輸入盤DVD ( 27 ) タグの人気記事

2008年るしは的映画マイベスト

マイベスト・・・と言いつつ、今年は順位をつけるのはヤメにしました。
無理クリ序列をつけるのではなく、色々なベクトルで最も印象に残った映画を列挙する形にしてみます。

【ヘビロテ賞】
DOOMS DAYmixi感想メモ
WOLF CREEK感想記事
STORM WARNING感想記事
HELLBOY II:THE GOLDEN ARMYmixi感想メモ


・・・ものの見事に輸入盤ばかりですな。
しかし、これにはワケがあるのです。
勿論、聖地ビデマが職場の近くだったというのもありますが、DVD鑑賞のほとんどを通勤中のPSPに頼る生活になっちゃったのが大きい。
PSPで見れるようエンコードする際、字幕表示(もしくは日本語音声選択)が出来ないので、必然的に、
「日本語版DVDは家で」⇒観る機会がゲームのプレイとバッティングし高確率で積む
「どのみち日本語出ない輸入盤をエンコ」⇒消化率UP

という構図になるわけです。
それにしても、輸入盤のなんと豊作だったことか。
「DOOMS~」、「HELLBOYⅡ」は来年日本公開しますので、是非観てください。
「DOOMS~」は私見ですが、ニール・マーシャルの最高傑作だと思います。スネーク・プリスキンとマッド・マックスが好きなら必見と言えましょう。
「HELLBOYⅡ」は、ともかく敵の王子が格好よすぎ!
あと邪魔な若造エージェントがいなくなり、純粋に異形達の悲喜交々に特化した分、彼らのキャラが立っていて楽しいです。
仮面ライダー電王のイマジン達にノックアウトされた女子にもオススメです。
だから、今劇場にかかっている駄目な予告編で見放さないでくださいね!すんごい楽しいから!
「WOLF~」は今までにない殺人鬼像を見せてくれ(カッコヨス)、「STORM~」はヤリスギ感のあるヒロインの逆襲が爽快すぎる、どちらも逸品です。
どちらも、ちょっと前の作品なんですが、これを埋もれさせとくのは勿体無いですよ。
どっかのパブリッシャ、ローカライズ頼みます!オージーホラーに光を!><

さて、ヘビロテ=必然的にDVD、ですから、お次は劇場(で鑑賞した)映画から。


【とにかく凄かった賞】
ダークナイト感想記事
ミスト感想記事①
WALL.E/ウォーリー感想記事
屋敷女感想記事
ミラーズ感想記事


「ダークナイト」は、久しぶりに、映画を観て「怖い」と思わされた映画。
最初、このエントリーを去年同様ランキング形式にしようと考えてた頃、「ミスト」と最後までその座を争ったのだけど、個人的にはミストのラストの絶望感より、ヒーズ・レジャー演じるジョーカーのもたらす狂気の闇の方が重かったので。
ともかく凄いので必見です。
じゃぁ、「ミスト」はそれほどでもないのか、というとさにあらず。
重さのベクトルが全然違うんですね。
そして、今年流行した「人類が大ピンチ映画」の中では抜群のリアリティと説得力を持っていたのも、特筆に価します。
で、その「人類が大ピンチ映画」としてSFベクトルで素晴らしいだけでなく、とにかく泣けて泣けて幸せなキモチになれたのが、「ウォーリー」
去年はサム(わんこ)に泣かされましたが、まさか今年はロボットに泣かされようとは!
ホラーではやっぱり「屋敷女」
インモラルなだけの非道徳ホラーと思いきや、最終的に真逆の感想を持つに至った不思議な作品。あ、でも、グロくて酷いオハナシなんですけどね!
新年早々発売されるアンレイテッド版DVD(予約済み)が楽しみでなりません。(正視出来るとよいなぁ^^;)
最後は、今年を締める映画になった、お祭りホラー「ミラーズ」
なにが凄いって滅茶苦茶なプロットが凄い!ホラー映画としては滅茶苦茶なんですが、その滅茶苦茶ぶりが楽しくなってくる、一部のひねくれた好き者にオススメです!

次点としては「アイアンマン」や「ランボー最後の戦場」、「ゲットスマート」あたり。豊作だったなぁ。
来年もおもろい映画をいっぱい観れるとよいなぁ。
[PR]
by rushiha666 | 2008-12-31 02:37 | 映画雑記

昨日の購入DVD(輸入盤)

c0154066_271984.jpg①EDEN LAKE
②MUTANT CHRONICLES(PAL版)


①前にコチラに動画を貼り付けましたが、加害者が少年達で救いのない「STORM WARNING」(田舎モノ一家に夫婦が襲われて奥さんが凄まじい反撃をする話w)みたい?
ジャケ裏のヒロインのボロボロ姿に期待。(後悔するかもしらんけどw)

②これも動画貼ったっけ(コチラ)。「スターシップトゥルーパーズ」っぽいような、もっとナンチャッテ色が強いような?キャストが豪華だなぁ。面白いといいなぁ。

それにしてもアメリカ公開前なのにDVD出てて吃驚しましたよ。
ビデマのお兄さんのお話によると、最近、何故かまず欧州でDVD発売し、その後アメリカで劇場公開、という流れがあるんだそうです。
なんででしょうね?
ワーナーのそこそこの大作っぽいので、日本に来そうですね^^;
ソレを言えば①も来るかもしれません。
最近は結構な確立で日本に来ますからね。(ほとんどDVDストレートですが)

しかし、オーストラリア系だけは何故か日本にはこないのでした・・・何故><?
[PR]
by rushiha666 | 2008-12-28 10:25 | 映画雑記

気になるシリーズ「Jack Brooks: Monster Slayer」


c0154066_0254727.jpgうわ、なにこの80年代テイストw
ってこのジャケ、ビデマで何度も見かけてたけど、動画見るまでナマニクさんのとこで紹介されていたイングランド先生が変身する映画だって気付きませんでした。
ゴメン!正直ジャケだけでD級映画だと思ってました!
くそう、欲しいぜ!でもさすがに今月はもう無理><
(ううむ・・・ナマニクさんとか呪さんとか、巡回を制限するべきかもしれないな・・・俺)
(まぁ無理な話ですが)
[PR]
by rushiha666 | 2008-11-26 21:09 | 映画雑記

ヤツの名はジェイソン(みたいな題で日本語版もたのむ)

c0154066_15103655.jpgまたまたZOMBIE手帖様からのイタダキ記事なのです^^;
来年の2月3日にリリース予定、『13日の金曜日』シリーズの30年間を振り返るドキュメンタリー『HIS NAME WAS JASON』のDVDジャケです。同作のホストをつとめるのは、シリーズの1作目と完結編に参加していた特殊メイク・マンにして俳優のトム・サヴィーニ。過去のシリーズでジェイソンを演じた全俳優、最後に生き残るヒロインを演じた全女優ほか80人以上のインタビューに加え、本編のフッテージもたっぷり収録されているようです。

ホストがサヴィーニ!
ヒロイン全女優!!
他80人!!
本編フッテージもたっぷり!!!
・・・これは輸入盤買っちゃうな・・・絶対。
でもインタビュー主体だから、是非日本語版出して欲しいところです。封印殺人映画も公開されたし、希望を持ってもいいかなぁ・・・
[PR]
by rushiha666 | 2008-11-23 15:18 | 映画雑記

狼が出たぞー

※追記を追加しました
※一部金額(笑)を訂正しました
c0154066_1495583.jpg
久しぶりにUPしますがやぱりプレデターのスタチューは格好いいなあ(棒読

購入物リスト
[PR]
by rushiha666 | 2008-11-16 00:37 | 映画雑記

明日ビデマに行くんよ

※追記にトレーラーを追加しました。

もう日付変わってるので今日ですね。
まぁ行くんですが何も買いませんよ?最初に言っておきますが。
で、最近のビデマでちょっと惹かれるジャケがありましてね。

c0154066_0255992.jpg1個目がコレ。
「Fascination」(邦題:美女のうごめき/鮮血に染まる死霊の館)
単におねえさんがデカい鎌かまえてるビジュアルインパクトのみに惹かれたわけですが。
だからイキナリ買うのは早計かな、と。
そもそもエログロの巨匠ジャン・ローランはボクにはまだ早すぎるかなって^^;
いずれ手を出してみたいジャンルではあるんですけどね。
ジャン・ローラン攻める前に、ジャーロだろうなぁ・・・

c0154066_0262599.jpgで、2個目がコレ。
「Dard Divorce」
噂のオラフ・イッテンバッハたん最新作!
丁度アガサさんの感想で興味がわいてきた・・・けど、イッテンバッハたんも色々敷居が高そうなので、チキンな私はまずはディスカスで様子見といきたいところ。
しかし、この扇情的でありつつゴアでありかつ構成もまた素晴らしく、あわやジャケ買いの1本でしたよ。

c0154066_027413.jpgで、3つ目。
「The Strangers」
リヴ・タイラー主演なんですが、日本公開しないのかな?
謎の訪問者(侵入者)たちに恐怖する恋人達のお話なのですが、こっちからヤヴァイとこ(ド田舎とかオーストラリアとか)に入っちゃう自業自得系とは違い、舞台が我が家ってとこがおっかない気がします。

c0154066_0273166.jpgで、4つ目。
「Hellboy II:The Golden Army:Collector's Set」(邦題:ヘルボーイⅡゴールデンアーミー)
コレ、かなり迷ってます。
ゴールデンアーミーのスタチューが私の厨房心をくすぐるんです。
あと同梱のコンセプト画集とか・・・好きなんです、そういうの。
でも1万円以上もするんですよ><
日本語DVDで、この豪華なセットは再現されるんだろうか・・・そこが問題なんですよ><
(しかし、俺前作それほど好きでもないのに何悩んでんだろ。しかもかなり本気で)

c0154066_028225.jpgで、5つ目。
「Eden Lake」
コレは、実はビデマではまだ見てないもの。(販売もまだなのかな?)
輸入盤情報として重宝させていただいているサイト様のひとつ、ホラーSHOX [呪]様でレビューと動画を見て興味が。
ようは救いのない「Storm Warning」なのですが、これも内容的にまだ私には早いのか・・・
ジャーロ系を経験してからの方が無難でしょうか・・・

と、つらつら書きましたが明日は1本も買いませんからね!ホントホント!

上記作品のトレーラーはコチラ。
[PR]
by rushiha666 | 2008-11-14 00:30 | 映画雑記

INSANITARIUM

c0154066_19394774.jpg《あらすじ》
妹が自殺未遂の挙句精神病院に収容されてしまった。
シスコンな俺はどうやったら妹と一緒にいられるか考えた。
そうだ!既知外のフリをすれば一発収容じゃん!俺頭イイ!
さっそくわめきながら自傷癖の男を(痛いのを我慢して)演じたら、晴れて精神病院に収容された!やったぜ!
・・・って、中、マジ既知外ばっかりなんですけど!((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
(注:当然です)

あんまり怖いので院内で知り合った俺同様既知外じゃないのに収容された奴やマトモな看護士さんと組み、妹連れてさっさとトンズラしようとするも、院内は・・・なんか大変なことに・・・って、えーっと・・・
なんでおまいらニンゲン食べてんすか━━━━Σ(゚Д゚;)━━━━!?

そう、院長は何故か患者をニンゲンのお肉大好きっ子に改造していたのだ!
しかも短気な院長が癇癪起こして配電盤ぶったたいたら、隔離病棟のドアのロックが全部開いちゃったからサア大変!
c0154066_2237930.jpg
俺と妹(とその他)の明日はどっちだ!?


先日の(つっても実際観たのはコッチが先なのだけど)「AUTOMATON TRANSFUSION」と比べるとキャメラがしっかりしていて安心しますね^^;(まぁこっちが普通のレベルなんでしょうが)
実にクッキリとクリアな映像で、PSPでの鑑賞にも向いていたのも幸いでした。
白一色の院内が後半血糊で赤く染まる、そのコントラストもクリアな画面あったればこそです。

この映画で感心したのは、走るゾンビ(正確にはゾンビじゃないけど)に普通の人間が追いつかれない方法論としてこの作品が採った選択が、実に理にかなっていること。
人食いに改造されちゃったサイコさん達はダッシュで追いかけてくるんですが、彼らは「主人公達を食いたい」一辺倒ではないのですよね。
襲い掛かってきたサイコさんを主人公がノックアウトすると、血を吹いて倒れたそいつに、「食えるんなら誰でもいいや♪」と、後続のサイコさん達がが群がって食い始めるという(笑)

以下、ネタバレとグロ画像あり升
[PR]
by rushiha666 | 2008-11-10 15:30 | 映画感想‐ホラー‐

「Doomsday」のこと


「Doomsday」トレイラー(YouTube)

「28週後・・・」+「マッドマックス2」+「ニューヨーク1997」

で、その全てを表現できるらしい映画。らしい。
ビデマに行くといつもなんとなくそそられるのだが、しかし、いつもそのトールケースを手に取ることはない、そんな映画が「Doomsday」。
躊躇する理由はあって、

①監督ニール・マーシャルの前作「ディセント」がトコトン肌に合わなかった。
②走る系ゾンビウイルス蔓延後の世界だが、時間が経ち過ぎてゾンビもどきは死滅しとる
③俺は「マッドマックス」は断然1派なのだ。断然、な。
④「ニューヨーク1997」は大好きだが「エスケープ・フロム・LA」じゃ寝たんだよな、俺・・・


c0154066_22575780.jpgでも、予告編見ると、女スネーク(ソリッドではなく勿論プリスキン)の格好良さに痺れる。
(こういう映画で主人公が女性だとそれだけで点が甘くなる俺は確実に♂だよな)
(あと←の画像見ると隻眼じゃないようですが、実は片目が義眼なのでスネーク精神は健在なのだ)
あと、あいかわらずのマルコム・マクダゥエル先生に痺れる。
後半のチープな感じを予感させるカーアクションにも痺れる。

そんなわけで、次にビデマに行った時、もしかしたら手に取っているかもしれません。
[PR]
by rushiha666 | 2008-11-05 20:26 | 映画雑記

タイトル変わってとっくにDVDが出ていた件

以前コチラで動画リンクを貼って「観たい~」と言っていたゾンビ映画「Last Rites of the Dead」
時々オンライン輸入DVDショップなどで検索かけていたのですが、全然ヒットせず、ずっと忘れていたのですが・・・
先日のkurosuiさんの記事でIMDbの記述があり、「そういやそんなのもあったな」と、早速IMDbで検索したら、ありました
で、そのに載っていたDVDジャケ画を見てみると・・・

c0154066_1224027.jpg・・・タイトル違うがなっ!
何故か、DVD題は「Zombies Anonymous」になっとるという・・・というか、略して「ZA」と呼ばせたいっぽいですね・・・なんだろう、大人の事情でしょうか。
劇場で全然売れなくて(あるいは早々にDVDストレートが確定して)販売元のエライさんが、

「なに、『死者の最後の儀式』?高尚ぶってんじゃねーよ。よし、略して『ZA』!カッコイイじゃん!やっぱタイトルにズバリ、ゾンビ付けとかないとな!」

とか、なったんでしょうか・・・
まぁ、ともかく、DVDが出ていたことは喜ばしいので、明日あたりビデマに問い合わせてみようかな・・・
[PR]
by rushiha666 | 2008-11-04 15:46 | 映画雑記

短評:AUTOMATON TRANSFUSION

c0154066_19324898.jpg《あらすじ》
突然ゾンビが大量発生!
たーいーへーんーだー


俺もゾンビ走らせる!ガツガツ食わす!という気概だけはビンビンに伝わってくるけど、いかんせんシナリオ、演出ともに自主作映画レベルなのが惜しいというかナンというか・・・
さっきまでゾンビの群れが殺到してたドアを数分後開けたら人(ゾンビ)っ子一人いないとか、そんなんで殺到するゾンビ(ちなみに走る系です)を押し留められるワケないジャン!とか、粗や隙はありあまる。
でも、ところどころ印象に残るシーンはあるんですけどね。
ラッシュアワーに一台も車が走ってないことで異変に気付くとか、むしゃむしゃと群がってたゾンビが散ったら、両手両足内蔵食べつくされた死体が残る俯瞰シーンとか。
あと、下顎をごそっと持ってかれるシーンとかね。ゴアは結構頑張ってる。
でも、そのシーンをキャプろうとしても、「・・・あのシーン、どこだっけ?」
(ニュアンスわかります?^^;)
キチンとした「映画」として観ると「金返せ」ですが、「自主作映画」として観ると、なんだか心温まり応援したくなる(笑)、そんな映画です。

しかし・・・(※オチバレあります)
[PR]
by rushiha666 | 2008-10-27 20:56 | 映画感想‐ホラー‐