タグ:特撮 ( 10 ) タグの人気記事

予告編:KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT


某ブログ様でこの動画見た時はココア吹きましたw
ン年前、イケメン路線でお子様よりむしろそのお母様達の圧倒的支持を受けた「仮面ライダー龍騎」。
そのアメリカでのリメイクです。TVドラマらしい。
「パワーレンジャー」(日本の戦隊モノのアメリカリメイク)同様戦闘シーンなどは本家のシーンそのまんま流用とかしてますね。
新規シーンが最新CGなぶん、そこのショボさが(予告編で)伺えちゃうとこが微笑ましいw
(さっきまでアメリカだったのに突然日本の廃工場で戦ってたりとかw)

しかし、一番ウケたのが変身の掛け声。
「KAMEN RIDER!」
そう!「かーめんらいだー」ですw
最近は本家シリーズでもカッコつけて「マスクド・ライダー」とか言ってたりもしますが、違いますw
これは実写版「ドラゴンボール」の、「か~め~ふぁ~め~は~」並みの笑撃度w
あと、やっぱ「Henshin!」とも言うそうですw(ちなみに、本編も転がってますw第1話その1その2その3
K島あたり、買って見せてくれないかなぁ^^

ちなみに、地雷説濃厚な「か~め~ふぁ~め~は~」予告編
[PR]
by rushiha666 | 2008-12-14 12:59 | 海外ドラマ

神戸みゆきさんを悼む

c0154066_1730036.jpg3代目セーラームーン・神戸みゆきさん急死
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/080621/tnr0806210805003-n1.htm
(MSN)

神戸(かんべと読む)みゆきさんといえば私にとっては「仮面ライダー響鬼」の日菜佳(ひなか)さんである。
明るく可愛いく面白く、まさに番組の「陽」を体現するキャラクターで、とても印象に残っていました。
響鬼(の29話まで)は私にとって特別な番組で、たまにWikiを覗いたりしてニヤニヤしているのだけれど、先日何気なく日菜佳さんのリンクから神戸さんに飛んだら・・・この訃報に接しました。
先月18日に亡くなられていたのですね。24歳か・・・若いなぁ・・・笑顔が本当に素敵でした。ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by rushiha666 | 2008-11-03 22:42 | アニメ・特撮

「ここはグリーン・ウッド」ドラマ化

少女マンガが好きである。いくつかの嗜好のうち、相性の良いものに一時期の「花とゆめ」系がある。
最も好きな花ゆめ作品は何と問われれば成田美名子の「サイファ」から続く連作と、そして那須雪絵の「ここはグリーン・ウッド」を挙げるだろう。
その「ここはグリーン・ウッド」が実写ドラマ化されるのだ。

c0154066_1443073.jpgまぁ、所謂イケメン勢ぞろい作品になり原作とは似て非なる末路を辿るのは目に見えていたので完全スルーを決め込むつもりが、魔がさして公式HPを訪れていた。
んで、キャストをサラっと観て見ると・・・


池田光流(いけだ みつる)
CAST 三浦力



・・・523じゃん!!!!!!
いやすまない。わからん人にはまったくわからん略称ですまない。
523とはつまりゴウ兄さん、ようするにだ・・・・

c0154066_152273.jpg
「紫激気、俺流。我が意を尽くす!アイアンウィル!ゲキバイオレット!!」

そう!つまり「獣拳戦隊ゲキレンジャー」ゴウ/ゲキバイオレット役の三浦力なのだ!
・・・まいったぜ。(←わかる人しかわからんネタ)
いや~、一応原作の光流は超美形という設定だが同時にひじょーに腕白な一面もあり、523もなかなかいいんじゃないか?何だかんだいって爽やか系だし。
そして、なんでも、ナレーションは岩田光央らしいじゃない。
岩田光央といえば「AKIRA」の『さんを付けろよデコ助野郎!』が有名だが、実は、ラジオドラマやアニメ版で光流役をアテてた人なんだよね~。
オイオイ、もしかしてこのスタッフ、わかってんじゃねぇのか?
と、ニヤニヤしながら他のキャストを見た俺は固まった。

・・・瞬と由樹役がオトコってどーゆーこったぁぁぁぁぁぁぁ!!

おい・・・いくらイケメン企画とはいえ・・・それじゃあキモいだろう・・・orz
(キモくて画像あげられんて・・・)
あの二人は、オ○○○ン見ない限り女にしか見えないから成立するキャラじゃんかよぅ・・・
瞬はさー、例えば成海瑠子とかさぁ・・・
由樹には、堀北真紀とかさぁ・・・
そこらへん連れてこいっての・・・(格上すぎるのはわかるが、まぁそんな感じのをね?)

まぁ、登場人物をみるかぎりかなり原作に忠実っぽいので、一応見ますけどね・・・
お、カズ兄イメージぴったしじゃん。
む、忍はもうちょい美形が良かったな・・・
あと藤掛もちょっとイメージが・・・「ボーイ・ミーツ・ボーイ」はやるのかしらん・・・ある意味ドキドキ。
おお、古沢先輩まで出るのか、スゲー。
あれ?五十嵐はー?

「ここはグリーン・ウッド ~青春男子寮日誌~」公式HP
http://www.greenwood-tv.com/
[PR]
by rushiha666 | 2008-06-12 02:18 | 日記・雑記

最近のスーパーヒーロータイムの過ごし方

キャラクター造形の妙で魅せる電王。
とにかく全てがツボだったゲキレンジャー。
その後を受けた2作は、予想通り俺様にとっては前作に及ぶべくも無いわけだが、それでもその中に一抹の楽しさを見出しつつあるのだった。

仮面ライダーキバ#5
過去編の主人公(なのか?)である音也がともかく楽しすぎる。
そこに我らが松田賢二様が絡むのだからたまりません。
ところで、今日はじめて公式HP(http://www.tv-asahi.co.jp/kiva/index.html)を見てみたのだけど、各話のあらすじもご丁寧に1986年と2008年に分かれてるのね。
あと今回は過去と現在がリンクして進む展開も面白かった。
次回が楽しみだね。緑色の下品な新ライダー(?)はともかくとして(笑)

炎神戦隊ゴーオンジャー#2
戦隊モノの2話としては実に秀逸な回だった。
ゴーオンジャーに憧れる二人に対し、現メンバーの過去(ヒーロー性の証明)を突きつけ、そして対抗心を抑えてフォローにまわる新メンバーと、ゲキレンジャーの反省点であった「主役側の描写不足」をキッチリとクリアしている。
メカにキャラクター性を持たせた電王路線とあいまって、玩具も売れそうだね!
(それもゲキレンジャーの反省点でありましたw)
俺も、小学生以前の年齢だったら夢中になったんだろうなぁ・・・

つーわけで、ゴーオンジャーはもういいかな。
しかし、いかにゲキレンジャーが子供向けじゃなかったか、つくずく実感した。
そりゃ売れないわな!
まぁ俺のハートにクリティカルだったので、私的にはオールオッケーですが。
そんなわけで、これからのスーパーヒーロータイムは、むしろスーパー音也タイムとして楽しもうと思う。
あと、戦隊枠があいたので、プリキュアでも見ますかね。
丁度マスコットキャラを美少年化するという手法に感心したことだし。
[PR]
by rushiha666 | 2008-02-25 20:36 | アニメ・特撮

[獣拳戦隊ゲキレンジャー]修行その49 ズンズン!獣拳は、ずっと…

良い最終回でした!良い最終回でした!

もうアバンの前説からして違うから燃える!
二つの流派は一つに還り、最後の闘いが、今、始まる!!

正直ね、理央から受け継いだ技で問答無用で勝つんだと思ってたのよね。
ロンは不死身という設定なわけだけど、それでも強引に「イカニモな必殺技」で締めるんだろうと。
見くびってました、スンマセッ><

まさか、まさかあの技、あの究極秘伝リンギ(臨技)でくるとは!!
カタ、ラゲク、マクの声(納谷六朗、幸田直子、柴田秀勝。豪華!)が聞こえたのは嬉しかったな~。
前回、理央が口にしてくれただけで嬉しかったのに!ちょっと鳥肌立っちゃったよ!
そして、そこへ導く理央、メレ。
さらにロンの足止めに立ちはだかる、七拳聖!!
(永井一郎、水島裕、池田秀一、石丸博也、大友龍三郎、田中敦子、草尾毅。豪華杉!)
なんという全員集合!やはり最終回はこうでなくちゃ!!

そして、リンギを体得したトライアングルとロンの闘いが、これまた戦隊モノとは思えない高レベルなカンフーアクションで燃えた!
カゲキでスパー化していないにもかかわらずロンを圧倒する様が、特殊効果による問答無用の説得力に依存せず、殺陣自体で納得させるところが凄い。
そこで、「それでも不死身だから倒せないロン」に対して、まさかの秘伝リンギ慟哭丸!
これは、予測出来なかった~!
予測出来なかった分、数段嬉しかった!!

そしてそして、気の利いたラスト!
嗚呼、これで何の迷いもなく残りのDVDを集められるよ~。

それにしても、ここまで気に入る戦隊モノは、きっともう二度とないんじゃなかろうか・・・
そもそもゲキレンジャー以前は戦隊モノはマトモに見てなかったもんな・・・
いかに気に入ったかという証左ですなぁ・・・
好きな漫画ジャンルである、ジャンプ系格闘インフレ漫画と、これまた馴染みのあるカンフー映画のパロディってとこが良かったのかな。
話の組み立て自体も、敵側を主人公達と同格にフィーチャーしたり、それまでの戦隊モノとは一線を画したとこもツボだったかな。
(そのせいでお子様にはウケ悪かったみたいですが^^;)

キャストもよかった~。
特にジャン役の鈴木裕樹ね。
単純な回答装置としての動物じみたキャラクターのジャンは、彼でしか考えられないよなぁ。
(それでいて気合の入った目も出来るからな)
そして、理央役の荒木宏文とメレ役の平田裕香。
荒木宏文のアテレコが結構好きなんだよね。カッコよくて。
「臨気凱装」は、いつかやってみたい。(←馬鹿)
メレはキャラクターがえらいツボだったのよね~やっぱカッコよかったし。
彼女のアテレコも最高でした。あと中の人も好きデス。(はあと)
彼らがいなければ観(DVD買い)続けることはなかったでしょうから、感謝感謝。
さらに、ロン役の川野直輝。
実に、良いキャラでした。そして、彼のアテレコも絶品でしたね~。
前半の粘着質的な謎キャラからはじまり、後半の見事なラスポス芝居との演じわけとか、素直に感心した!
元ジャニーズと聞いて正直舐めてましたが、最終回の説得力には、間違いなく彼の芝居に依るところも大きかったしね。お見事!

なんて感想書きながら既に15回近く繰り返して観ているわけですが。
まだまだ観続けるわけですが。
嗚呼、来週から寂しくなるな~寂しくなるな~><
[PR]
by rushiha666 | 2008-02-11 12:15 | アニメ・特撮

[獣拳戦隊ゲキレンジャー]修行その48 サバサバ!いざ拳断

あああああメレ様がああああああ><

まぁ、メレはリンシー(簡単に言えばゾンビ)だしね。
魔毒(リンシー復活アイテム)はなくなっちゃってるし、そこんところどうすんのかなぁ・・・とは思っていたんですが><
思えば、ゲキレンジャーのDVD購入を決定したのは、メレが始めてフューチャーされた回、「ケナケナの女」で、メレ様に惚れちゃったのがきっかけでしたっけ・・・
嗚呼、この回の理央とメレはバッチリ覚悟完了してて、かっこよかったわぁ・・・

そして、ラストで遂に、理央様まで><

うう、悲しいぜ!でも、手に手を取り合う姿になんかジンと来た!><
ああ、でも、やっぱゲキブラックとゲキグリーンを見たかったよ><
あの二人がスクラッチ内に居るという、なんとも言えない違和感が、なんかニヤニヤしちゃうほど嬉しかっただけに・・・もっと見たかった><

次回予告を見る限り、まだお二人の出番はありそうですね。
ともあれ、次回はジャン達に頑張ってもらわないと。
理央から色々託されてるからね!
ジャンが拳魔の腕輪を身に付けた時のオイラのテンションは並じゃなかったゼ!タマラン!

ああ、そうそう、理央がマクやカタ、ラゲクの名前を出した時、ちょっとウルっときちゃったよ~。
[PR]
by rushiha666 | 2008-02-03 19:34 | アニメ・特撮

[獣拳戦隊ゲキレンジャー]修行その47 ピカピカ!俺の道

なんか・・・ホントに理央・・・主役?(笑)
やさぐれ→復活と、どう考えても主人公の立ち位置です。
(もう1週くらいやさぐれっぷりを堪能したかったけどねw)
電影版で足りなかった激臨共闘の理由を全てクリアしてるもんだから、もう30分ずっと鳥肌立ちっぱなしでした。
理央とメレが幻気吹き飛ばして黒獅子&ラブウォリアー(笑)に変わるトコ最高!
やっぱグリフォンより黒獅子、フェニックスよりカメレオン。
臨獣ヴァージョンの二人のデザインは秀逸だなぁ・・・改めて、かっこえー。
しかも、キメがサイダイゲキリントージャだもんね!

やー、しかし、相思相愛と知った後のメレが面白可愛いな。
『でへでへ』とか(笑)
バックでさり気なくバエに『似合わない』とか言われて、『五月蝿い』とドスをドスを効かせるところとか(笑)
[PR]
by rushiha666 | 2008-01-28 19:56 | アニメ・特撮

[獣拳戦隊ゲキレンジャー]修行その46 ギャワギャワの記憶

c0154066_1331975.jpgしかし、ゲキレンジャーも負けてはいない!!
前回のまるで最終回のごときジャンと理央決着(実に良いドラゴンボールでした)の後、大方の予想どおり黒幕であることが判明したロン。
ここまで徹底的に諸悪の根源だった悪役も珍しい。
ここらへんはやはり、カンフー映画の定石に倣っているんでしょうねぇ。
いや~、しかし、理央がメレを助けるためにピッコロさんするトコロはマジで鳥肌モノでした!
c0154066_1332126.jpg以前から、理央のメレへの感情は「何かありそう」だけど明らかにされていなかった・・・というかメレの『理央様理央様ぁ~ンemoticon-0152-heart.gif』ばかり目立って隠れていたので、彼のメレへの執着の原因はとても気になるわ・・・
つーか、最後の最後に囚われる女に、全てを打ち砕かれてもなお彼女を助けるために立ち上がる(予告編見る限り立ち上がるハズ)男とかさ・・・
君達は主人公かと(笑)
来週、俺は理央様を全力で応援しちゃうんだぜ?
[PR]
by rushiha666 | 2008-01-20 13:35 | アニメ・特撮

仮面ライダー電王、完結

椎茸を食べる侑斗にホロリときた(ノ∀`)
c0154066_12325039.jpgうん、平成ライダーシリーズとしては、近年稀に見るキレイな纏め方だったんじゃないだろうか。
正直先週を見終わった時は「あと1話でケリつくんかいなコレ」と思わぬではなかったけど、全イマジン(なんとジークまで!)の見せ場あり、伏線も(一応)回収し、侑斗とデネブで泣かせ(このコンビの萌えっぷりは最強)、そして軽快に締めるラストはいかにも電王。
結局、なんでカイはイマジン操れんの?とか、忘れっぽいの?とか、そもそも動機は?とか・・・
あとハナが結局コハナのまんまとか(ま、これはキャスティング上仕方なかったのだろうが)風呂敷に畳みきれなかった部分はアレど、観客が求めるポイントは全ておさえているわけだから、コレでいいのかもしれないね(笑)

ともかく、既存のライダーとは明らかに一線を画す内容で1年間楽しませてくれたのは評価に値します。
特に、主要人物(勿論イマジン含む)の人物造形は見事の一言に尽きる。
シリーズを通して脚本を担当した小林靖子の名前は覚えておこう。

さて、後番組は「仮面ライダーキバ」
なんでも「響鬼」後半のスタッフで、それ以前でも風呂敷の広げ方は上手いが畳み方が悪かった(笑)シナリオライターがメインらしく、ストーリー面ではあまり期待していないのだが・・・
c0154066_12291198.jpg松田賢二が出演するのでそこらへんは大いに期待したいデス(笑)
いや~、彼は「VERSUS」の頃から好きな俳優さんなんですが、「響鬼」で彼が演じた斬鬼さんが凄まじくかっこよかったのですよ・・・
「キバ」でも、またカッコイイ役だとイイな♪
[PR]
by rushiha666 | 2008-01-20 12:38 | アニメ・特撮

鳥肌が立つ仮面ライダー

そんなわけで、もどってまいりました~。
さすがの強行軍で風邪がちょい悪化したものの、喉風邪にしては小康状態で済んでいるのは、ひとえに皆様の元気玉のおかげです。
ありがとうございました~☆

で、行き帰りの新幹線の中で結構記事を仕込めましたので、近日中に大量投下いたします。
で、今日はまだぐてぐてなので更新は控えようかと思ったのですが・・・

「仮面ライダー電王」があまりに素晴らしかったので、つい。

ともかくキャラクター造詣の上手さ(外見ではなく内面のね)で、お子様や特撮マニアや声優ヲタやイケメン目当ての奥様にとどまらない支持を集める「電王」。
所謂「平成ライダー」って、路線変更や予算配分のミス、出演者のゴタゴタ、単なる構成力不足etc・・・などの理由で納得のいかない終幕を迎えることが多かったわけですが・・・

この「電王」は成功するかもしれない。

「電王」も主演女優の実質的降板に見舞われたんですが、それを奇跡的な手段で違和感なく回避。
そして、当初から張られた伏線を堅実に回収しつつ、それをきちんとドラマに繋げて感動を生む構成にはマジで拍手。
(「時間」=「記憶」とすることで所謂時間SFのセオリーに縛られない設定も、個人的に上手いと思う)

あと、今回は伏線回収が素晴らしいだけでなく、電王、ゼロノス、○○○○揃い踏みで私の中の男の子属性の部分に鳥肌が^^;
それに、次回予告!ヤバイね!絶対泣きそう><

う~ん、出来ればDVD集めたいところだけで・・・今は予算的に厳しいなぁ><
[PR]
by rushiha666 | 2007-12-23 17:36 | アニメ・特撮