タグ:映画 ( 145 ) タグの人気記事

SAW4:追記

>3のゲームは「許せるか?」だからゲームのプレイヤーと
>駒(犠牲者)の関係は深いものになるだろうし、
>4のゲームは「救えるか?」だからゲームのプレイヤーと
>駒(犠牲者)の関係は希薄であるべきなのでは

 by THE OLD(無断転載)

深い。深い洞察である。
実は私は氏の記事へのコメントに
「ゲームを受ける本人と犠牲者との間になんの関連もなかったので、そこらへんも3より物足りなかった」
と「SAW4」の個々のゲームに対して苦言を呈したのだが、本人と犠牲者の関連云々はまったくの的外れであることがこれで発覚した。

そーなんだよねー、リッグ隊長へのゲームはあくまで彼の警官としての姿勢を問うもので、だから犠牲者達は公人である彼と関連があってはならず、犠牲者=有罪でなければならなかったのだね!

そして同時に私の嗜好がいかにウェットであるかが判明した瞬間であります。
3はアマンダのジグソウへの盲目的な愛と独占欲、ジェフの崩壊した家庭に関わる者だけで構成されたゲームと、その主題はひたすらウェットで、そこらへんが私のツボにハマったんだろうなぁ。
そして「自分の期待した以外の要素に対してチェックが甘い」とこも自戒せねば。うんうん。

それにしても、こういう意見交換が出来るのもまたブログの醍醐味。
特に今回は「絶賛意見」にあえて「反対意見」を書くという、チキンハートな私にしては勇気のいる試みをしたわけだが、見事に返してくれたOLDたん、しゅごい。

やだ・・・この胸の高鳴りは、なに?もしかして、あたしOLDくんのこと・・・
[PR]
by rushiha666 | 2007-12-05 13:37 | 映画感想‐ホラー‐

バイオハザードⅢ

実は、「SAW4」と同じ日に連続観賞しちゃったのでした♪

というわけで「バイオハザードⅢ(原題:Resident Evil:Extinction)」観てまいりました。
まず総評としては、

効果音喧しすぎだ。(怒)

もう五月蝿いというより聞くに堪えない音量で、怖くもないのに耳塞いだのは初めてですよ。
もしこれが演出の一環(ムダにビビらせよう)だとしたらラッセル・マルケイ見損なった!(実際どうなんでしょうね・・・しかし喧しかった・・・)

ま、その点を除けばですね・・・いやー、もう吃驚。るしは大爆笑。2ch語で言えば、
ちょw面白すぐるwwww

念のため書いておきますが、さきほど感想UPした「SAW4」の方が、映画としては百倍良い出来です。
では「バイオⅢ」のどこらへんが面白いのかというと、突っ込みどころがイチイチ面白いというね・・・
でも全然駄目かというと「バイオⅡ」に比べると格段に面白くはあります。勿論私見ですけどね。

c0154066_21382124.jpgともかく、ミラジョヴォ演じるアリスそこのけで八面六臂、我らがアイザックス博士の超ゴキゲンな活躍に刮目せよ!(笑)

※以下ネタバレあり!

More
[PR]
by rushiha666 | 2007-12-03 20:31 | 映画感想‐ホラー‐

SAW4

c0154066_19231744.jpgSAWほどネタバレ回避感想の難しいシリーズってないですよね。
前作、前々作と密接の繋がってるので、本作のネタバレは避けても、それ以前の作品のネタバレになってしまったりと苦しいったらありません。

と、いうわけで、見てまいりました、「SAW4(原題:SAW4)」
私個人の総評としては、

とてもとても不満でした。

では、詳細は追記(More)で。

More
[PR]
by rushiha666 | 2007-12-03 19:16 | 映画感想‐ホラー‐

Shoot 'Em Upまだ?

c0154066_0472221.jpg勿論「HOT FUZZ」も気になってはいるのですが、同じくらい気になっているのが「Shoot 'Em Up」
ガンアクション撮りたくて仕方のないボンクラが試しに絵コンテ描いてボブ・シェイ(ニューラインシネマ社長)に見せたら「面白そうじゃん。撮ればー?」と制作費だけじゃなくクライヴ・オーエンとモニカ・ベルッチとポール・ジアマッティが付いて来たという曰く付きの馬鹿映画。(らしい)

で、コレもう元旦にはアチラでDVD出ちゃうんですよね。
多分台詞なんかわかんなくても楽しめるとは思うのですが(褒め言葉です、念のため)、そりゃ字幕吹替え付いているにこしたことはなく。
劇場公開は諦めるので(勿論してほしいけどさ)、とっととDVDリリース情報は流して欲しいなー。
でないと我慢しきれず輸入盤買っちゃいかねないのでね。情報プリーズ><
[PR]
by rushiha666 | 2007-12-02 00:51 | 映画雑記

アポカリプト

メルギブ主演映画は結構観てるんですが、監督作は不思議と未見でした。
「パッション」の噂は聞いていましたが、ネタ的に観る気が起きなかったのですよね。

そこに登場したのが「アポカリプト(原題:APOCALYPTO)」
日本では奇しくも「300」という同じ裸漢祭映画と同時期公開で、両者の評判も(秘宝的にはw)しこたま高く、「これは連続観賞だな!」と、意気込んだはいいが諸事情で果たせず、この度、晴れてDVD購入となったわけです。

で、観てみて吃驚!

c0154066_20555466.jpg

いやーん、かーっわい~☆

まあ、上のは冗談として、ともかく驚いたのは普通に血沸き肉踊る活劇だったということ!もちろんこの「普通」はイイ意味でね。
観るまでは主に「パッション」の評判から、どんだけアヴァンギャルドな作品かと心配する部分もあったけど、よく引き合いに出される「ランボー」よりはるかに感情移入しやすく、一般向けな内容ではないですか。

確かに冒頭から(ブタの)内蔵取り出したり(ブタの)キンタマ生で食ったりするシーンはあるし、イケニエの儀式では(人間の)心臓掴み出しや(人間の)首チョンパ&ゴロゴロ転がしとかありますが、これが前評判ほどひどくはないの。

まず、なにより村人達の描写が素晴らしい。
とても生き生きと彼らの健全な生活が描かれていて、だからその生活の一部である冒頭の野豚狩りとその解体の様子に残酷さは微塵もない。
村人達の書き分けも上手くて、微笑ましく、心に残る。
c0154066_20575512.jpg

※心に残るシーン。男なら!(笑)

だからこそ、その後の悪夢のようなマヤの襲撃から先、主人公ジャガー・パウ(何気に凄い美形!)と私(観客)の心がガッチリ一つになるわけです。
この感情移入度の高さ、一体感はここ最近の映画ではダントツです、確実に。

生贄シーンの残酷描写も、私なんかは思いっきり期待してたんですが(笑)インディ・ジョーンズの「魔宮の伝説」の方がよとぽどグロいんじゃない?ってレべル。

その敵(マヤ帝国)側の人物描写も良いですね~ね!wataruさん
メル、監督業も上手かったんだなァ・・・「パッション」や「ブレイブハート」も気になってきた。

はっきり言おう。
コレ家族で見てもOK!
実際、悪者に襲われたパパが家族のために孤軍奮闘する話なわけで、グロ度ひかえてアニメにすれば立派にディズニーアニメよ?コレw

ちょっとだけネタバレなので追記で
[PR]
by rushiha666 | 2007-11-30 21:09 | 映画感想‐アクション‐