タグ:拷問系 ( 8 ) タグの人気記事

メモ:ソウ5(原題:SAWⅤ)

c0154066_11352.jpgTOHOシネマズではソウの1作目からのパンフレットを取り揃えていたので、ソウ劇場デビューだった前作4(パンフ購入済)以外のパンフをコンプ。
ソウ・シリーズのパンフは文字量が多いので大好きです♪
で、ソウ5感想はどう書いても(前作含めて)ネタバレにはなってしまうので、メモ形式なのに以下追記で。

追記:オチバレあります!(未見の人は回避推奨)
[PR]
by rushiha666 | 2008-12-04 00:48 | 映画感想‐ホラー‐

この発想はなかったわ

c0154066_1852224.jpgZOMBIE手帳様「SAW5」のポスターが載ってましたが・・・この発想は凄い。
前作のラストを受けて、誰もが「トビン・ベル殺しちゃって大丈夫?」という懸念を抱いたと思うのだけど・・・この手があったか!
実際殺人鬼と仮面とは、その匿名性と怪物性の両立という意味でとても相性が良いものだけど(13金のジェイソンなどはその最たるもの)、まさか、仮面によって一個のキャラクター性を指名すとは・・・この逆転の発想に拍手。
おそらくコレ、ポスターだけだと思うけれど、もし、本編にコレが登場するならそれだけで劇場行きます。
それにしても、ここまで素顔が認知された殺人鬼もないですねぇ。それだけトビン・ベルの存在感が凄かったということかな。
[PR]
by rushiha666 | 2008-06-28 18:17 | 映画雑記

[ムネモシュネの娘たち]#2

c0154066_12345100.jpg
唯一の(私にとっての)見せ場は、至近距離で爆弾食らったヒロインのぱっくり開いた胸郭に内蔵がズルズル戻っていくシーン。
そこも、かなり陰で隠されちゃってるわけですが…
その他は18禁シーンのないエロアニメって感じでつまらなかったなぁ。

久しぶりのエログロ路線アニメに期待したかったけど、月イチという放映スパンなのに早くも作画に陰りが見え始めたりと、とてもとても残念。
あとシナリオもなぁ…キャラデザに中央東ロ連れてきたなら、シナリオも虚淵に頼めばよかったのに…
[PR]
by rushiha666 | 2008-03-15 13:41 | アニメ・特撮

ホステル2

さて、ゲームの購入スタンスは以前書いたが(ああでもBIOSHOCKやりたいよおおおおお)DVDの購入スタンスも似たり寄ったりです。
とにかく今年は積みDVDを消化する、が目標です。
ブログの縁で色々な方々にいっぱいお借りしているのに、それらも積んでいますからね・・・失礼にも程がある!!
なので、去年のように「気になるから買う」というのはナシです。
しかし、勿論「コレは!」というのは買いますよ?
例えばこの記事タイトルの「ホステル2」であるとか、3月の「グラインドハウス(無論USA公開版収録BOX)」「バイオ3」、4月の「ヒルハブ」「ゾンビーノ」「スリザー」「ベオウルフ」なんかは(・・・って4月ヤバくね?)確実に。
からだに悪い我慢はせず、しかし少数精鋭で、がコンセプト。
「気になる」のは、ディスカスで。ディスカス率が高まりそうですね。

と、いうわけで、「ホステル2(原題:HOSTEL PartⅡ)」
c0154066_18291353.jpg
実は、拷問殺人の犠牲者はオークションで落札されていたのです!(拉致られる以前に!)

c0154066_18312668.jpg
白熱する競り合戦。

c0154066_18301522.jpg
競りを演じるのが妻子ある一見普通の人々なところが怖い。
こうやって携帯やPDAで競ってる横でお子さんがアイスクリーム舐めたりしてるんですよ。
ところで会社のPCで落札に励むビジネスマン氏。
それは会社側から見ると簡単にバレるので止めましょう(笑

c0154066_18331090.jpg
激戦の末、落札を喜ぶトッド氏(ビジネスマン・拷問殺人童貞)

イキナリ脇道に逸れますが、ホラーやスラッシャーは言うに及ばず、映画自体も「逆転」というのが重要な要素だと思うのです。
特にスラッシャー映画は犠牲者(所謂ファイナルガール)がラストに殺人鬼に対して痛烈な逆襲をかますところに、「逆転」による最高のカタルシスがあるのです。
この、「犠牲者自身による」という部分も結構大きくてですね、例えば刑事アクションなどでは「犠牲者(被害者)」と「逆襲者(刑事)」の役割が明確にわかれていたりするわけですが、その役割を統合することにより感情移入度も増し、カタルシスも倍増されるわけです。
(だから、好きなんだよなぁ、このジャンル)

前作「ホステル」では、その方程式を手堅い演出でキッチリ描き、「拷問殺人」という過激な題材のわりに、実に真っ当な映画に仕上げた我らがイーライ・ロス兄貴(実は私より年下と知って吃驚w)。
その続編はまさに「ブラボー!」の一言でありました。

ちょっちネタバレあり「ホステル2」感想
[PR]
by rushiha666 | 2008-02-24 19:56 | 映画感想‐ホラー‐

[ムネモシュネの娘たち]#1「猫は笑わない」

みなさん、アガサ先生の言いつけどおり、ショック!残酷!切株映画の世界(洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)」はちゃんと購入しましたか?
私、給料日前だというのに奮発して買いましたよ。
・・・おかげで財布が心許なくなり、映画秘宝本誌がオアズケになっちゃいまたが><
で、悔しいのでちょっと秘宝のホステル2記事を立ち読んだ検品したら、オチのネタバレ見ちゃって俺涙目。
まぁでも、ミケーレ・ソアヴィの本格復活を祝して心で笑う健気な私だ><

そういえばAmazonから「ホステル2」が届いてましたよ。タイミング、バッチリですね!
今度の休みは血塗れの世界をドップリとエンジョイしますかね・・・うふふふふ。

で、ホステルっぽいことをやっちゃったアニメがあるんですよ。吃驚。
c0154066_1335362.jpg
「Munemosyne-ムネモシュネの娘たち-」といって、やはり某動画サイトで拝見したのですが、普通に拷問殺人シーンがあって吹きました。
なんでも地上波ではなく、しかも年齢制限アリの枠(15禁だそうです)でやったらしく、そーねー、でなきゃ放映できんわなぁ、コレ。

内容を簡単に説明してしまうと、不死身の女探偵さん(美人!グラマー!眼鏡!)がスプラッタに惨殺されては次の瞬間蘇って敵を返り討ちするアニメ。
(端折りすぎ?)
とにかく、前半の「話の筋はどーでもいーからとにかくヒロインの寝起きやら着替えやらボディラインやらを堪能しておけおまいら」的ディテクティブ展開を経て、後半はゴア&アクション
ヒロインは、Sっ気のある女医(科学者)にスロバキア的に色々されちゃいます。

注意!以下、グロ画像あります!(アニメではありますが・・・)
[PR]
by rushiha666 | 2008-02-22 14:10 | アニメ・特撮

「さあ、ゲームを始めよう」

■ Saw 発表
http://www.360gameszone.com/?p=2462
(ソース:360gameszone)

ソリッドシチュエーションスリラー「ソウ」がゲーム化ですよ。
「去年発足したばかりのパブリッシャーBrash Entertainment」
「映画版の物語とオリジナル要素が交差する内容」
「ジャンルなどは一切不明」
「Unreal IIIエンジンを使用」
「2009年10月の発売を目処に開発が進められている」


映画人気に便乗のイイカゲンなゲームになる可能性も高いのですが、そのスジの者としては期待したくなっちゃうじゃないですか。
どんなゲームになるんだろう?(以下、妄想)

やはりプレイヤーは捜査官、あるいはメインの犠牲者かな?
よもやFPSにはなるまいなw
あ、でも「BIOSHOCK」みたいな手法(雰囲気と臨場感で魅せるための主観視点)だったらアリだな。
で、ゲームの解除がちょっとしたミニゲームみたいになってたりとか?
何人助けられたか、ゲームをクリア出来たか、でエンディングが違うとか?
個人的にはオンライン要素も欲しいところ。
ホストがジグソウになるわけですよ。
で、「ヘイロー3」のマップ弄れるのに似た機能で、2の舞台みたいなのをカスタマイズ出来るのね。
(正直2はあまり好きではないが、マルチプレイには2の形式が最適でしょう)
で、他のプレイヤーはそこから生還を目指す、と。
オンライン機能のある「刻命館」みたい(いやかなり変わると思うが)な感じで。
すぐ殺し合いになってもつまらないから、テープを発見して自分のゲームの条件を満たさないと他のプレイヤーに攻撃は出来ないとかね。
そうそう、ホストの声には強制的にボイスチェンジャーがかかるのがいいw
ん~、しかし屋敷(部屋)のカスタマイズが屑だと全然面白くないよな、コレ・・・難しいな!

そんなわけで、とりあえず闇雲に期待してみましたw
コレはちょっと海外版を(怖いもの見たさで)購入しちゃいそうです。グフフ。
(かなり先の話ですけどね!)

(・・・ついでに『ホステル』もゲーム化しないかな・・・)
[PR]
by rushiha666 | 2008-01-31 14:52 | Xbox360

SAW4:追記

>3のゲームは「許せるか?」だからゲームのプレイヤーと
>駒(犠牲者)の関係は深いものになるだろうし、
>4のゲームは「救えるか?」だからゲームのプレイヤーと
>駒(犠牲者)の関係は希薄であるべきなのでは

 by THE OLD(無断転載)

深い。深い洞察である。
実は私は氏の記事へのコメントに
「ゲームを受ける本人と犠牲者との間になんの関連もなかったので、そこらへんも3より物足りなかった」
と「SAW4」の個々のゲームに対して苦言を呈したのだが、本人と犠牲者の関連云々はまったくの的外れであることがこれで発覚した。

そーなんだよねー、リッグ隊長へのゲームはあくまで彼の警官としての姿勢を問うもので、だから犠牲者達は公人である彼と関連があってはならず、犠牲者=有罪でなければならなかったのだね!

そして同時に私の嗜好がいかにウェットであるかが判明した瞬間であります。
3はアマンダのジグソウへの盲目的な愛と独占欲、ジェフの崩壊した家庭に関わる者だけで構成されたゲームと、その主題はひたすらウェットで、そこらへんが私のツボにハマったんだろうなぁ。
そして「自分の期待した以外の要素に対してチェックが甘い」とこも自戒せねば。うんうん。

それにしても、こういう意見交換が出来るのもまたブログの醍醐味。
特に今回は「絶賛意見」にあえて「反対意見」を書くという、チキンハートな私にしては勇気のいる試みをしたわけだが、見事に返してくれたOLDたん、しゅごい。

やだ・・・この胸の高鳴りは、なに?もしかして、あたしOLDくんのこと・・・
[PR]
by rushiha666 | 2007-12-05 13:37 | 映画感想‐ホラー‐

SAW4

c0154066_19231744.jpgSAWほどネタバレ回避感想の難しいシリーズってないですよね。
前作、前々作と密接の繋がってるので、本作のネタバレは避けても、それ以前の作品のネタバレになってしまったりと苦しいったらありません。

と、いうわけで、見てまいりました、「SAW4(原題:SAW4)」
私個人の総評としては、

とてもとても不満でした。

では、詳細は追記(More)で。

More
[PR]
by rushiha666 | 2007-12-03 19:16 | 映画感想‐ホラー‐