タグ:アメコミ系 ( 7 ) タグの人気記事

短評:アイアンマン(原題:IRONMAN)

c0154066_1252951.jpg金持ちで天才とくれば視聴者の共感を得るには難しい設定なわけだけど、強烈な欠点(いろいろだらしない)と苦難を与え、目覚め、そして自らの力で再起する様を丹念に描くことにより、共感より一段上の感想に視聴者(とくに3、40代男性)を導くことに成功している。
つまり、「憧憬」に。

トニー・スターク社長の生き様は、3、40代男性ならば必見です。義務といってもいい。
特に、色々だらしなかった社長が決意し、状況を変えようと奮闘する様子は、日頃職場やらなんやらに不満を持ちつつしかし結局現状に甘んじることの多い社会人さん(俺のことだ)には、本当に気持ちよく、応援したくなります。

また、アイアンマン(パワードスーツ)の仔細かつ説得力ある描写は、マジンガーZからガンダムまで、等しくリアルタイムに経験したその世代には大なり小なり琴線に響くものがあるでしょう。

それだけではなく、ロバート・ダウニーJrやグウィネス・パルトローら演技達者達による芝居(そしてシナリオ)が全編に渡りエンタテイメントを提供してくれていて、2時間超の上映時間を実に楽しく過ごせたことも特筆に価します。
特筆に価するといえば、全体のノリがあまり激しくならないのも、逆に良かった。
最終バトルなど、人によっては多少物足りないかもしれないけど、私にはむしろこれが作品のトーンに実にマッチしていて良かったように思う。
なんというか、「釣りバカ日誌」みたいな?そんな印象。

そうそう、もう一個、特筆に価するものが。
この映画の作業アームたんの萌えっぷりといったらありませんよ?
アークドライブ差し出すシーンなんか思わず涙腺が緩みました。
かわゆすぎる!お前はグウィネス・パルトローよりキュートだ!
いやグウィネスさんも素晴らしいのだけどね。社長との距離感とかね。
親友の軍人さんもえがったねぇ。飛行機の中でのシーンとかね、ああコイツら友達だなぁ、と。
そしてあからさまの「ウォーマシン」(2代目アイアンマン)登場の示唆や、エンドタイトル後の叔父貴の登場と、マーベル・ファンにも必見な映画です。

映画としての迫力・緊張感などでは明らかに「ダークナイト」の方が上なんですが、ウチでヘビロテになるのはきっと、社長の方だろうな・・・ってダークナイトも社長かw
打ちのめされたい人は「ダークナイト」。
楽しい気持ちになりたい人は「アイアンマン」。そんな感じです。ともかくオススメ。
c0154066_1551029.jpg
c0154066_1552558.jpg
さあ、あなたも、実地検証や修理に日夜奮闘する、我らがトニー・スターク社長を応援に、劇場へGO!!
(『ハルク』『ダークナイト』と日本では興行的に大敗したアメコミ映画の今後のためにも、是非お願いします!><)
[PR]
by rushiha666 | 2008-10-04 15:10 | 映画感想‐SF・ファンタジー‐

短評:ウォンテッド

c0154066_23462256.jpg「ウォンテッド」(原題:WANTED)はアメコミ(グラフィックノヴェル)の映画化としては昔ながらの手法を採っています。
カラフルなタイツに説得力を持たせるのではなく、そのタイツ自体をとっぱらったわけです。
(最近はタイツに説得力を持たせるのが主流。原作者が製作に噛んでるせいだろうけど)
スーパーヒーロー(ヴィラン)は暗殺者へ。
ビームは銃に。
だからといって「アメコミ臭を徹底的に廃したアクション映画」にしなかったのがベクマンベトフ監督の偉い点。
タイツのかわりに普遍性を得たそこに残された漫画的精神は、原作に馴染みのない私にも充分馴染みのあるものでした。
ようするに曲がる弾丸は、曲がる気孔弾。
一晩であらゆる傷、怪我が回復する風呂は、仙豆でありフリーザ一味の回復ポッド。
突っ込みどころが山ほどある点や、その突っ込みどころ探しが「むしろ楽しい」のも一緒。
最大公約数的な意味であまりにも「ドラゴンボール」なので、近日公開らしいハリウッド版「ドラゴンボール」が色々な意味で心配になります。

最後に強敵との対決の構図がなかったのが個人的に残念(あくまで趣味の問題)だけど、導入部にリンクした結末の小気味良さと、主人公のモノローグが最後まで生きている構成はとても私好み。
中盤の修行シーンがやたら面白いのも特筆に価しますね。普通、あそこらへんがダレる箇所なんだけど。

内容とは関係なく残念だったのは、やたらスクリーンの馬鹿デカいシネコンのほとんど最前列で観る羽目になり、画面を100%追えなかったこと。
キャメラの激しい動きも手伝って、一部分は苦痛ですらありました。
(やっぱシネコンは後列にかぎるなぁ)
画面の端々に仕込まれた「言葉遊び」を再確認する意味でも、DVDを購入してのリベンジは必須かな。

あと巷ではアンジーアンジー言ってるけど、私はむしろマカヴォイ萌え映画だと思いました。
「アンジェリーナ・ジョリー最新作」とかまかぼい君カワイソー。
いやまぁ宣伝的にはわかるけどね。彼女の筋の通った役柄もまた格好良かったし。
c0154066_2339303.jpg
でも、まかぼい君の前半の駄目サラリーマン芝居と、後半のビルドアップした雄姿があったればこその映画だと思うんよね!カッコイイぜ!まかぼい君!

最後に(短評なのに長くなったなぁ)、ラストのキメ台詞から流れるエンドテーマが格好よくて、久しぶりに足でリズムとってしまった。
変な芸能人が主役をアテてる吹替え版だとエンドテーマが差し替えられてるらしいので、字幕版を推奨しておきます。

「ウォンテッド」日本語トレイラー
[PR]
by rushiha666 | 2008-09-30 23:43 | 映画感想‐アクション‐

インクレディブル・ハルク

c0154066_059885.jpgインクレディブル・ハルク(原題:The Incredible Hulk)

従来のアメコミ映画の枠を飛び越えたのが「ダークナイト」だとしたら、あくまでアメコミ映画の枠にとどまり、アメコミファン、ハルクファンに目配せしたのが、本作。
それは、原作の設定を無視し、マニア(アメコミ&ハルクファン)の反感を買い、興行的にも失敗したアン・リー監督版の結果から選ばれた方向性なんでしょう。
その結果、原作コミックや往年のTVドラマ版のファンにはサービス満点の作りになっています。
ハルクの声はTVと同じリー・フェリグノだし(おまけにカメオ出演も!)、TV版のテーマ曲がアレンジして使用されているし、緑の巨人は最初のアクション・シークエンスで大暴れ。
いかにも「コイツは続編でアレになるな」と原作ファンをニヤリとさせる目配せもあり。

しかし、一般の観客目線で見ると、話の筋が「逃亡者モノ」であるところで、この作品は損をしているなぁ、と思います。
この筋もTV版を踏襲したものなんだけど、「逃亡者モノ」だと我々は「ジェイソン・ボーン」シリーズという傑作を体験してますからね・・・残念ながら、ルイ・レテリエの手腕はポール・グリーングラスの足元にも及んでいない。
そして、一般客には「固定ファンへの目配せ」が鼻につきすぎるのかもしれません。
特に、最終決戦でハルクが必殺技名を叫ぶにいたっては、さすがに私も吹きました。だって、

「ハルク・スマーッシュ!!」

ですよ(笑)
これは原作コミックでのハルクの必殺技、ウルトラマンで言うところのスペシウム光線に相当するもので、純然たるハルクファンには大喜びなんでしょうが・・・
そもそもこの映画の中では、ハルクという名はメディアが勝手に名づけたもので、ブルース・バナー(ハルクに変身する主人公)自身がその名を名乗る予兆(演出的仕込み)もなければ、ましてやその渾名が付いた技名なんてね・・・叫ぶキャラじゃないでしょ、エドワード・ノートンが。(まぁハルク状態の声はフェリグノなわけですが)
もうそれを耳にした瞬間、この作品は、なんとか漫画祭りと同じ地位に自分を引き摺り下ろしてしまった感があります。

そして、この作品のラストに仕組まれたもう一つの「目配せ」。
まぁぶっちゃけると、ラストに某社長が登場し、この作品がいずれは「アヴェンジャーズ」(マーベルコミックの主人公が総登場するシリーズ。映画化予定)へ繋がるクロスオーバーであることが明かされるんですが・・・
これがもうちょっとさり気ないものだったらなぁ、と。
ラストのオチにもってくるものだから、なんというか、まるで単体では意味を成さない「中継ぎ作品」みたいな印象が残っちゃうんですよね。
いくら予告編などが流れまくっているとはいえ、肝心の某社長映画が日本ではまだ未公開なわけですから・・・

と、いうわけで、マーベル映画のファンは壮大な伏線の1本なので必見。
そうでないフツーのお客さんには、まぁ、レンタルでいいんじゃないかな^^;

う~ん、なんかテンション低い感想になっちゃったな。
まぁ、同日に観た「ダークナイト」が凄すぎたんでね・・・そういう意味では公開時期も悪かったかな。
[PR]
by rushiha666 | 2008-08-13 21:13 | 映画感想‐SF・ファンタジー‐

ダークナイト

c0154066_1422959.jpgダークナイト(原題:The Dark Knight)

一言で表すなら、必見です。
もう、粗筋とか語るまでもなく、ただ、「観ろ」と薦めたい。そんな感じです。
アメリカでの記録破りな興行成績は、見た後だと納得するしかないですね。
実際私も、もう一度くらい足を運ぼうと思うくらいですから。

なんと、なんと「重い」映画であることか。
ヘヴィです。まさかアメコミ映画にこれほどの重みを感じようとは・・・
そうですね、個人的にどんくらいズッシリきたかというと

「ミスト」以上

と言えば、分かる人にはどんだけ重いか、察していただけるんではないでしょうか。
それにしても・・・こうも重く出来るものかな。(褒め言葉)
前作「バットマン ビギンズ」は、どちらかというとアトラクション・ムービー的で、個人的には(元々バットマンにはそれほど思い入れがないので)、「どうでもいい映画」の1本であったのだけど・・・コレ、同じ監督作とはとうてい思えないです。
それほど作品の印象が別人。
あえてシリーズタイトル変えるだけの事はありますね。

そして、とにかく、怖い
私が今まで観たどんなホラー映画より、怖かったんです。
旧シリーズでジャック・ニコルソンが演じたジョーカーは、どっちかというと「滑稽」なキャラでしたが、本作でヒース・レジャーが演じたジョーカーは・・・怖い。ひたすら怖い。
言葉の通じない、理解不能の人間の恐怖を全身で体現してるんですよ。
だから、次に何が起こるか、本当に読めない。
これはアメコミ映画なんだ、エンタテインメントなんだといくら言い聞かせても、体から緊張がとれない。一瞬たりとも息が抜けない。
その緊張が、2時間以上も緩むことがないんです。
そして、ジョーカーによってもたらされる、あまりに理不尽かつヒロー映画にあるまじき仮借ない展開。

「前作を抜いた」という表現は外れてはいないが、正鵠を射てはいないですね。
ある意味、これこそが新たな「ビギンズ」と言えるんじゃないでしょうか。
「~ビギンズ」を経て、クリストファー・ノーランはとうとうバットマンのベストな方向性を探り当てたんでしょう。

そんなわけで、この映画だけは絶対に観ておくこと。
他の何を見逃してもいいから、絶対にこれだけは観ておいてください。
仮にも映画好きを自認するなら、これを見逃すのは自己否定に等しいですよ。
前作が未見?アメコミに興味がない?バットマンよく知らない?
大丈夫。つべこべ言わずに劇場にいってらっしゃい。

さて・・・次はいつ観にいこうかなァ。
それにつけても、ヒーズ・レジャーの演技の鬼気迫ることといったら!
正直、観る前は「ニコルソン超えは無理だろうな」と思っていました・・・御免なさい。
あなたのジョーカーは最高です。
この名優の新しい演技を、もう観ることが出来ないなんて・・・ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by rushiha666 | 2008-08-11 01:43 | 映画感想‐アクション‐

今、マーベルが熱い

「映画秘宝9月号」に、「アメコミヒーローの魅力教えます!!」という、近頃やたらと目にするようになったアメコミ原作映画の特集が載ってます。
ぶっちゃけ、以下の記事内容はほとんどその特集内に書いてあることなので、まぁ、手近に映画秘宝があるならそっち読んだ方が良いよ!(我ながら実も蓋もないなぁ)

さて、その特集でピンと来たポイントを羅列です。

「インクレディブル・ハルク」
なんと!OPは、往年のTVドラマ版OPの完コピらしいのだ!スゲー!
ハルクはむしろ原作アメコミよりTV版で親しんだ私には涙ちょちょぎれる演出!
しかも、これで冒頭5分からエドワード・ノートン@バナー博士はハルクに変身可能というスピーディーさ!
そして、皆さんは先週のショウビズ・カウントダウンで流れたフッテージを観ましたか?
c0154066_2318564.jpg
ティム・ロス演じる軍人がグレネードランチャー片手にハルクに接近戦を挑む(!!)という驚きの(というか無謀な)シーンなのですが・・・なんと、善戦するティム・ロス!グレネード尽きたら拳銃!そして素手!やべぇ鳥肌立った!かっちょいいよMr.オレンジ!
これはもう絶対に観なければなるまい!嗚呼、神よ!願い叶え給え!(無心論者だけど☆)

「アイアンマン」
ヤクと薬でキャリアを棒にしかけたロバート・ダウニー・Jrが、似たような境遇のトニー・スターク社長を自己投影しまくって演じたら吃驚の大ヒットな「アイアンマン」!
オヤヂ映画としてもうじきyosojiな私には義務とも言える作品だが、なんか劇中にウォー・マシン(2代目アイアンマン)を示唆するシーンまであるらしく、にわかアメコミファンの私は狂喜乱舞なのです。wktk
そういうマニア向け要素とは別に、アメコミの基本路線には忠実に、そして巧く現代化が成されているらしく、そこらへんのシナリオの妙も大ヒットの一因とか。

さて、その「アイアンマン」に我らがサミュエル・L・ジャクソン叔父貴がカメオ出演するらしい。
それも、ニック・フューリー大佐として!
アメコミ好きでなければ「誰それ?」なんでしょうが・・・実はマーベル・コミックの作品は同一世界を舞台にしている、という設定がありまして、コミックでは時々全ヒーロー総登場のまんが祭り的作品がリリースされたり、別々のヒーローがゲスト出演しあったりするわけです。
そして、この世界(マーベル・ユニバース)に、「S.H.I.E.L.D」という世界の平和を守る秘密組織がありまして、そのボスが、件のフューリー大佐というわけです。
その「S.H.I.E.L.D」に参画するヒーローチームに「アヴェンジャーズ」がありまして、そのメンバーが凄いビックネーム。

「キャプテンアメリカ」(映画化予定)
「ソー」(映画化予定)
「アイアンマン」
「ウルヴァリン(Xメン)」
「スパイダーマン」(最近加入)etc・・・


そして、この「アヴェンジャーズ」・・・なんと映画化決定しております!
・・・つまり、フューリー大佐のカメオ出演を皮切りに、以降のマーベル映画は「アヴェンジャーズ」へつながる壮大な前振りが仕組まれているっぽいのです。
よくまぁこんな手の込んだことを・・・と感心していたんですが・・・
マーヴェルって、いつのまにか映画製作スタジオを自社で立ち上げていたんですね!
その名もマーベル・スタジオ
「アイアンマン」が、その第1作目なんだそうです。(日本での公開順序は逆ですが、『インクレディブル・ハルク』はその第2作目)
そりゃ自社製作なら、気の遠くなるような伏線も可能ですよね!
まぁ、ソニーに映画化権を売った「スパイダーマン」は難しいかもしれませんが、「アイアンマン」以降は全て自社製作になるわけで、「アヴェンジャーズ」実現は夢物語どころか、既にダウニーJrやノートンの出演契約に「アヴェンジャーズ」も含まれているかもわからず・・・いやぁ、夢が膨らみます。

それでいて、その伏線は元ネタを知っているマーベルファン以外にはわからなくても充分なさりげないものらしく、つまり単体の映画としての完成度を阻害するものではないようです。(今のところ伝え聞こえてくるかぎりでは)
つまり、新規の顧客は置いてきぼりを食うことなく、「アヴェンジャーズ」完成の暁には、一緒に大喜び出来る仕様らしく・・・

こりゃマーベル映画は1本も見逃せない・・・そんなwktkなるしはでした。
(問題は、店のシフトだなぁ・・・><)
[PR]
by rushiha666 | 2008-07-29 21:58 | 映画雑記

簡易感想:リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い

c0154066_1481728.jpgなんか最近悪名高い映画しか観ていないのですが・・・「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い 」(原題:The League of Extraordinary Gentlemen)も評判良くないですよね。
まぁ、他人の評判など、まったくあてにならないってこってすな。
私は、気に入りました!
それぞれのキャラがキチンと立っているではないの。
とくにジキル&ハイドは良かったなぁ。鏡を介して二つの人格が会話可能なことで、一人でバディモノが出来てしまうという。 なかでもノーチラス号沈没の危機の際の彼らの活躍シークエンスは素晴らしかった。
怪力キャラとしても最近観た「ハルク」より100倍魅せ方を心得ていて、しかも、普段粗暴なハイドが弱気なジキルを駆り立て、そしてその怪力で沈没を救ったハイドをジキルが褒め称えるところは、なんでか、ウルっときちゃいました。
他のキャラもキチンと見せ場があって(ドリアン・グレイとネモ船長格好よす!)、似たようなごった煮映画で「ヴァン・ヘルシング」があるけれど、あれよりずっと気持ちよい映画になっています。
まぁ、確かに原作アメコミファンには物足りないでしょうね・・・聞くところによると、かなりブラックな内容らしく、例えばショーン・コネリーが演じたクォーターメインはヤク中だし、透明人間はロリ暴行魔・・・そりゃコネリー主演超大作としちゃ映画化は無理ですね。私は原作未読なのが功を奏したようです。
続編は・・・まぁ、全然売れなかったようなので、無理かな^^;
[PR]
by rushiha666 | 2008-07-20 20:13 | 映画感想‐アクション‐

簡易感想:ハルク

c0154066_339495.jpg低調な時は簡易感想!というわけで、じき公開のリメイク「インクレディブル・ハルク」に備えて、悪名高きアン・リー版「ハルク」(原題:Hulk)を見てみました。

ん~、私は前半(ブルースが変身するまで)は結構好きかな。
ようするにアン・リー版「素ポンティニアス・コンバッション」だったのだね!(えー
ただ後半・・・えーっと、アメコミに詳しい人にお聞きしたいのだが、ハルクってあんなにぴょんぴょん跳ぶキャラなんですか?
私のハルク知識はTVドラマ版とゲームでのものしかないので、なんとも違和感が・・・直前に公開されて大ヒットした「スパイダーマン」に対抗意識燃やしちゃったのかなぁ・・・それともアン・リーのお家芸?(ちなみにアン・リー作品もまったく未見)
ともかくハルク自体の魅せ方を確立しないまま映像にしちゃったような印象。ようするにハルクである必要はまったくなく、マーベルが無かったことにしたくなる気持ちはわかるな。

リメイク版はTV版が下敷きらしく、楽しみ。
あ、そうそう、ジェニファー・コネリーとニック・ノルティの配役は(個人的に)嬉しかったなぁ。
そこらへんのキャスティングは、リメイク版(リブ・タイラーとティム・ロス)より好みだったので残念だ。
[PR]
by rushiha666 | 2008-07-19 02:40 | 映画感想‐SF・ファンタジー‐