<   2008年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2008年るしは的映画マイベスト

マイベスト・・・と言いつつ、今年は順位をつけるのはヤメにしました。
無理クリ序列をつけるのではなく、色々なベクトルで最も印象に残った映画を列挙する形にしてみます。

【ヘビロテ賞】
DOOMS DAYmixi感想メモ
WOLF CREEK感想記事
STORM WARNING感想記事
HELLBOY II:THE GOLDEN ARMYmixi感想メモ


・・・ものの見事に輸入盤ばかりですな。
しかし、これにはワケがあるのです。
勿論、聖地ビデマが職場の近くだったというのもありますが、DVD鑑賞のほとんどを通勤中のPSPに頼る生活になっちゃったのが大きい。
PSPで見れるようエンコードする際、字幕表示(もしくは日本語音声選択)が出来ないので、必然的に、
「日本語版DVDは家で」⇒観る機会がゲームのプレイとバッティングし高確率で積む
「どのみち日本語出ない輸入盤をエンコ」⇒消化率UP

という構図になるわけです。
それにしても、輸入盤のなんと豊作だったことか。
「DOOMS~」、「HELLBOYⅡ」は来年日本公開しますので、是非観てください。
「DOOMS~」は私見ですが、ニール・マーシャルの最高傑作だと思います。スネーク・プリスキンとマッド・マックスが好きなら必見と言えましょう。
「HELLBOYⅡ」は、ともかく敵の王子が格好よすぎ!
あと邪魔な若造エージェントがいなくなり、純粋に異形達の悲喜交々に特化した分、彼らのキャラが立っていて楽しいです。
仮面ライダー電王のイマジン達にノックアウトされた女子にもオススメです。
だから、今劇場にかかっている駄目な予告編で見放さないでくださいね!すんごい楽しいから!
「WOLF~」は今までにない殺人鬼像を見せてくれ(カッコヨス)、「STORM~」はヤリスギ感のあるヒロインの逆襲が爽快すぎる、どちらも逸品です。
どちらも、ちょっと前の作品なんですが、これを埋もれさせとくのは勿体無いですよ。
どっかのパブリッシャ、ローカライズ頼みます!オージーホラーに光を!><

さて、ヘビロテ=必然的にDVD、ですから、お次は劇場(で鑑賞した)映画から。


【とにかく凄かった賞】
ダークナイト感想記事
ミスト感想記事①
WALL.E/ウォーリー感想記事
屋敷女感想記事
ミラーズ感想記事


「ダークナイト」は、久しぶりに、映画を観て「怖い」と思わされた映画。
最初、このエントリーを去年同様ランキング形式にしようと考えてた頃、「ミスト」と最後までその座を争ったのだけど、個人的にはミストのラストの絶望感より、ヒーズ・レジャー演じるジョーカーのもたらす狂気の闇の方が重かったので。
ともかく凄いので必見です。
じゃぁ、「ミスト」はそれほどでもないのか、というとさにあらず。
重さのベクトルが全然違うんですね。
そして、今年流行した「人類が大ピンチ映画」の中では抜群のリアリティと説得力を持っていたのも、特筆に価します。
で、その「人類が大ピンチ映画」としてSFベクトルで素晴らしいだけでなく、とにかく泣けて泣けて幸せなキモチになれたのが、「ウォーリー」
去年はサム(わんこ)に泣かされましたが、まさか今年はロボットに泣かされようとは!
ホラーではやっぱり「屋敷女」
インモラルなだけの非道徳ホラーと思いきや、最終的に真逆の感想を持つに至った不思議な作品。あ、でも、グロくて酷いオハナシなんですけどね!
新年早々発売されるアンレイテッド版DVD(予約済み)が楽しみでなりません。(正視出来るとよいなぁ^^;)
最後は、今年を締める映画になった、お祭りホラー「ミラーズ」
なにが凄いって滅茶苦茶なプロットが凄い!ホラー映画としては滅茶苦茶なんですが、その滅茶苦茶ぶりが楽しくなってくる、一部のひねくれた好き者にオススメです!

次点としては「アイアンマン」や「ランボー最後の戦場」、「ゲットスマート」あたり。豊作だったなぁ。
来年もおもろい映画をいっぱい観れるとよいなぁ。
[PR]
by rushiha666 | 2008-12-31 02:37 | 映画雑記

ミラーズ(原題:MIRRORS)

c0154066_0241246.jpgなるほど、確かに、純粋なホラー映画を求める向きには不評だろうなぁ。
と、いうのもこの映画、途中からホラー映画じゃなくなるどころか、なんというか、ごった煮?あるいは闇鍋?
ともかく、ジャンルに拘る人にとっては、我慢のならない作品でしょう。

私は大好きですけどね!

アレクサンドル・アジャの今後を占う上で、これほど重要な作品もまたないと思うのです。
この闇鍋映画は、
「あぁ、アジャもとうとうやっちゃった><」
というものではなく、明確な、アジャ自身による迷いのない設計の上に構成されたものなのではないか、と。

ごった煮、闇鍋と呼ぶ理由は、部分部分で作品のトーンが豹変するからなのですが、例えば。
中盤、キーファー・サザーランドが幽霊百貨店の来歴や○○○○○を調べるシーン等は、彼が某有名海外ドラマでジャック・バウアーなのも手伝って、まるで刑事モノかポリティカルサスペンスです。(その間、微塵も怖くないw)
また、○○○○○を探し田舎に行くシーンで出てくる民家とそこの住人は、まるで田舎系既知外一家的風貌(外には壊れたトラックまである!)で、いらぬ期待を抱かせてくれます。
そして話の肝であるある過去のシーンなど、いっそ、○○○○○を主人公に「ミラーズ・ビギニング」
なんか作ったら、むしろ本編より面白いんじゃね?って思いましたし。
(いやぁ、○○病院で殺し合いの末○○全員死亡の地獄絵図とか観てみたいと思いません?)
(あとベクトル変えれば『サイレント・ヒル』に迫れたよね)
そして、問題の終盤、某POVも吃驚なあの展開!(アレは読めないわw)
で、ハリウッド大作もかくやの大○○シーンを経て(いるのにもかかわらずw)、オチは「ミステリー・ゾーン」!

実際、それらののシーンをもっと細かく交差させれば、ここまでごった煮感はなかったと思います。
でも、私はそのあまりの露骨さに、そこに作為を感じずにはいられなかったのでした。
ようするにアジャは暗にこう言いたいのでははいかと。

「俺は、オカルトも警察モノも○○映画もアクション超大作だって出来ちゃう男なんだぜ?」

「ヒルズ・ハブ・アイズ」で完璧なオリジン越えリメイクを作った彼にとっては、また単なるリメイクを成功させるだけなら、オファーを受ける意味はなかったんじゃないでしょうか。
キーファー・サザーランドという一級の俳優を演出(この業界だとコレ結構重要らしい)し、なおかつあらゆるジャンルを監督し得る多彩さを見せ付ける、謂わば、

アジャの業界向け自己PRムービー。

・・・まぁ、そうだったとしたら、それは一観客からすれば利己的な行為にすぎませんが、でも、ここまでハチャメチャなら、それだって逆に許せちゃうじゃない!W
だって・・・

以下、オチバレのため未見の人は回避推奨!
[PR]
by rushiha666 | 2008-12-29 00:27 | 映画感想‐ホラー‐

昨日の購入DVD(輸入盤)

c0154066_271984.jpg①EDEN LAKE
②MUTANT CHRONICLES(PAL版)


①前にコチラに動画を貼り付けましたが、加害者が少年達で救いのない「STORM WARNING」(田舎モノ一家に夫婦が襲われて奥さんが凄まじい反撃をする話w)みたい?
ジャケ裏のヒロインのボロボロ姿に期待。(後悔するかもしらんけどw)

②これも動画貼ったっけ(コチラ)。「スターシップトゥルーパーズ」っぽいような、もっとナンチャッテ色が強いような?キャストが豪華だなぁ。面白いといいなぁ。

それにしてもアメリカ公開前なのにDVD出てて吃驚しましたよ。
ビデマのお兄さんのお話によると、最近、何故かまず欧州でDVD発売し、その後アメリカで劇場公開、という流れがあるんだそうです。
なんででしょうね?
ワーナーのそこそこの大作っぽいので、日本に来そうですね^^;
ソレを言えば①も来るかもしれません。
最近は結構な確立で日本に来ますからね。(ほとんどDVDストレートですが)

しかし、オーストラリア系だけは何故か日本にはこないのでした・・・何故><?
[PR]
by rushiha666 | 2008-12-28 10:25 | 映画雑記

最近の購入小説

①ステファニー・メイヤー「トワイライト(上・下)」(文庫版:ヴィレッジブックス)
②ブラッドベリ、スタージョン他「地球の静止する日」(創元SF文庫)
③アリスン・ブレナン「唇...塞がれて(上・下)」(ゴマ文庫)


①アメリカでティーン向けホラー映画「トワイライト~初恋」が大ヒット(ハリポタのセドリックが今やおにゃのこに大人気とか)と聞いて、「そういや文庫が出ていたなぁ」、と買ってみました。
ちなみにこの文庫上下巻はかつてノベルズ形式で出版された1~3巻をまとめたもので、文庫での続刊は今のところなし。
映画にあわせてリリースするかな?

②は、なんとなく映画版との比較がしたくて。なんか全然違うらしいですね。
で、この文庫は「マイナなSF映画の原作集めてみた」という主題のアンソロなので、他にも「ミミック」、「性本能と原爆戦」なんかの原作も入っています。

③なんとなく職場で目を通してみたら、結構イイ感じ。
私の大好きな「コピーキャット」にノリが似ている。
匿名でセックス・ブログを公開してた女学生が殺される、というセンセーショナルな内容なんですが、女性作家なのでした。

で、今「唇~」を読んでいます。
表紙がなんとなく、女性向けロマンス小説臭かったのでなんとなく予感はしていましたが、始まりましたよ、ロマンスがw
それにしても、こういうハーレクイン系のヒロインのヒーローに対する第一印象って、なんで
「なんてセクシーなの」
なんだろう?なんか、いつもこうな気がするのは気のせい?
いやまて、ロマンス小説なんてほとんど読んでないのになんで「いつも」とか思いますか俺。
・・・まぁいい。(いいのか)
「コピーキャット」みたくなってきました・・・
[PR]
by rushiha666 | 2008-12-26 22:24 | 小説

不評なアイコンを変更した件

c0154066_1437681.jpg一部から「るしはさんの新しいアイコンがキモ怖い。なんとかしてくれ」というクレームを受たので、とりあえずカワイイ系に変更してみました。(←)
Xbox360で配信されてるゲーム「ALIEN HOMINID」のキャラなんです。カワイイでしょ?


でも、こんな絵柄で結構切株スプラッターだったりするんですけどね!
Twitterやmixiでも同じアイコンだったので、そっちも変えておくかぁ。いや、私も正直前のはキモいと思ってたんですが^^;

どっかにグロカワイイの転がってないかなぁ。

ちと名残惜しいので昔のアイコンの元ネタを追記に貼ってみる。
[PR]
by rushiha666 | 2008-12-24 01:10 | 日記・雑記

「死者の部屋」映画版、DVDリリース決定!そのお題は・・・

ここらへんでインプレと感想を書いたフランク・ティリエ「死者の部屋」。(羊達の沈黙以降のサイコミステリとしてオススメだよ!)
その記事内で本作が映画化され、国内でもフランス映画祭限定で公開されていたことに触れましたが、やっとでDVDリリースです!そのタイトルはズバリ!

c0154066_21444351.jpg「スマイルコレクター」(原題:La Chambre des morts)
・・・危うく気付かずスルーするとこやった・・・
まぁでも、あながちハズレまくった題ではなし、確かに「死者の部屋」じゃ弱いのはわかります。
それより、ここは素直にDVDリリースを喜びましょう!
ああ、実写のリューシーたんに逢えるんだ!わくわく♪


前の記事では単なるリンクだったので、今回は予告編(YouTube動画)を貼ってみる。
↑は予告編。

↓はメイキングぽいの。フランス語なんで全然わかりません^^;
でも予告編で見れなかったリューシーの母親としての部分とか見れるので是非是非。

リューシー役のメラニー・ロランがキュートですねぇ。
そりゃタラが次回作のヒロインに抜擢するわけだ。いろんな意味で楽しみです。1月9日発売です♪
[PR]
by rushiha666 | 2008-12-23 11:54 | 映画雑記

短評:WALL・E/ウォーリー(原題:WALL・E)

今年最高のボーイ・ミーツ・ガール。
今年最高のSF。
あと今年最高にメタボが輝いている映画でもある。
上記の3要素に拒否反応がないのに、劇場に足を運ばない人がいるとしたら、ちょいと納得いく理由を説明してもらおうか。

以下オチ含むバレあるので、未見の人は見ちゃ駄目。
[PR]
by rushiha666 | 2008-12-22 00:50 | 映画感想‐SF・ファンタジー‐

短評:地球が静止する日(原題:The Day The Earth Stood Still)

中途半端な映画だったなぁ。
謎の大怪球、謎の巨人(ロボット?)ゴートの襲来、そして倉藤さん(キアヌ・リーブス)の来訪、その生物的アプローチから脱出に至るまではなかなか魅せてくれたのだけど、いかんせん、その後倉藤さんが「人類抹殺」の意志を翻す理由、母(ジェニファー・コネリー)と息子のドラマが弱すぎる。
もうちょい尺を、そして、あんなありきたりでないドラマを、母子と倉藤さんの絡みに与えるべきじゃなかったかな。
あと倉藤さん、あなた公式に警告を発してないんですけど・・・それに、倉藤が撃たれるシーンや、肝心の「地球の静止する日」のタイミングが、私が断片的に知っている原典(1951年作!)と違っているようで、これがまたあまり効果的ではないのも残念。
最後、せっかくの印象的ガジェットを放棄して、イナゴの襲来みたいな構図になっちゃうのも、勿体無い。せっかくゴートのデザインが原典にリスペクトして素敵だったのに。
とにかく、予告編観て「スペクタクル大作!?」と思って見ると肩透かし必至ですのでご注意を。スペクタクルなシーンは、それこそ予告編で使われた部分くらいしかないですからね。
もうちょいシナリオが練ってあればな・・・あと、後学のために原典も観てみようっと。
[PR]
by rushiha666 | 2008-12-22 00:20 | 映画感想‐SF・ファンタジー‐

それは厳しくないか

レイチェル・ワイズが「ダークナイト」続編でキャットウーマン役に?(eiga.com)

いや、レイチェルワイズ云々ではなく、ジョーカー役にロバート・パティンソン(ハリポタのセドリック)てのが・・・それはパティンソン君が可哀想だろう、と。
まぁあくまで「噂」なので真偽の程はわからないけれど、ジョーカーは劇中では死んでないとはいえ、もう登場させないのが正しいと思います。別の役者とか、想像すら出来ません。

関係ないけど、パティンソン君の「トワイライト~初恋」は観に行くと思いますよ~。
[PR]
by rushiha666 | 2008-12-18 00:54 | 映画雑記

短評:アンダーワールド:エボリューション(Underworld: Evilution)

c0154066_0551055.jpg
・ベッキン姐さんは本当に別嬪だな
・序盤の森での戦いが一番バンパイアらしくて良い
・前作で関係者死にすぎてないか
・まあおかげで小ぢんまりと纏まってはいる(スケール感は皆無だけど)
・始祖も拍子抜けだよなあ・・・ホントに強いの?単に我が子可愛いだけの迷惑爺だしな・・・
・つかこのシリーズのバンパイア弱いよね。よくライカンを隷属することができたもんだ
・始祖の血で太陽克服・・・とっととやっとけ
・そのシーンになんの感動もないのはどうか
・ハイブリッドくんがイマイチかっこわるい。最強って感じもあんましないし

c0154066_0211925.jpgそうか、全然ラブストーリーになってないからか。それが骨子なのにな。Hシーンあるだけじゃ駄目なんだってば。
まぁ、前作も二人がラブラブになる理由はイマイチ不明で、ビジュアルイメージとセリーンの格好良さだけでもってたようなもんだもんな・・・
(と書くと嫌いなように聞こえるが前作『アンダーワールド』は大好きです)
あ、あとルシアンね!マイケル・シーン!つか恋愛部分は彼の受け持ちでしたね!ルシアン最高だったなぁ・・・

というわけで、ココで予告編貼った、彼が主役のプリクエル「Underworld: Rise of the Lycans」(←)がえらい楽しみなのでした。
早々に退場しちゃったビル・ナイらヴァンパイアのお歴々も総登場だしね。
最近私的に急上昇株のローナ・ミトラが悲恋の相手というのもたまらない。
そういや「Doomsday」のマトモな感想載せてないなぁ・・・イカンイカン。
とりあえず「Doomsday」は来年晴れて日本公開らしいので、みんな観るといいよ!来年はミトラさんの年になるといいなぁ。
[PR]
by rushiha666 | 2008-12-18 00:29 | 映画感想‐SF・ファンタジー‐