<   2008年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

短評:ウォンテッド

c0154066_23462256.jpg「ウォンテッド」(原題:WANTED)はアメコミ(グラフィックノヴェル)の映画化としては昔ながらの手法を採っています。
カラフルなタイツに説得力を持たせるのではなく、そのタイツ自体をとっぱらったわけです。
(最近はタイツに説得力を持たせるのが主流。原作者が製作に噛んでるせいだろうけど)
スーパーヒーロー(ヴィラン)は暗殺者へ。
ビームは銃に。
だからといって「アメコミ臭を徹底的に廃したアクション映画」にしなかったのがベクマンベトフ監督の偉い点。
タイツのかわりに普遍性を得たそこに残された漫画的精神は、原作に馴染みのない私にも充分馴染みのあるものでした。
ようするに曲がる弾丸は、曲がる気孔弾。
一晩であらゆる傷、怪我が回復する風呂は、仙豆でありフリーザ一味の回復ポッド。
突っ込みどころが山ほどある点や、その突っ込みどころ探しが「むしろ楽しい」のも一緒。
最大公約数的な意味であまりにも「ドラゴンボール」なので、近日公開らしいハリウッド版「ドラゴンボール」が色々な意味で心配になります。

最後に強敵との対決の構図がなかったのが個人的に残念(あくまで趣味の問題)だけど、導入部にリンクした結末の小気味良さと、主人公のモノローグが最後まで生きている構成はとても私好み。
中盤の修行シーンがやたら面白いのも特筆に価しますね。普通、あそこらへんがダレる箇所なんだけど。

内容とは関係なく残念だったのは、やたらスクリーンの馬鹿デカいシネコンのほとんど最前列で観る羽目になり、画面を100%追えなかったこと。
キャメラの激しい動きも手伝って、一部分は苦痛ですらありました。
(やっぱシネコンは後列にかぎるなぁ)
画面の端々に仕込まれた「言葉遊び」を再確認する意味でも、DVDを購入してのリベンジは必須かな。

あと巷ではアンジーアンジー言ってるけど、私はむしろマカヴォイ萌え映画だと思いました。
「アンジェリーナ・ジョリー最新作」とかまかぼい君カワイソー。
いやまぁ宣伝的にはわかるけどね。彼女の筋の通った役柄もまた格好良かったし。
c0154066_2339303.jpg
でも、まかぼい君の前半の駄目サラリーマン芝居と、後半のビルドアップした雄姿があったればこその映画だと思うんよね!カッコイイぜ!まかぼい君!

最後に(短評なのに長くなったなぁ)、ラストのキメ台詞から流れるエンドテーマが格好よくて、久しぶりに足でリズムとってしまった。
変な芸能人が主役をアテてる吹替え版だとエンドテーマが差し替えられてるらしいので、字幕版を推奨しておきます。

「ウォンテッド」日本語トレイラー
[PR]
by rushiha666 | 2008-09-30 23:43 | 映画感想‐アクション‐

「アイ・アム・レジェンド」プリクエルの噂

ちょっと気になるな。上手くすればあの、名作の映画化としてはちょっと惜しかった「アイ・アム~」の作品世界に、もしかしたら説得力を加味出来るかもしれない。
個人的にはサムが子犬から成長する姿が見られるだけでも劇場に足を運ぶ価値アリです。
(ソース:ZOMBIE手帖様)
[PR]
by rushiha666 | 2008-09-28 19:37 | 映画雑記

ユニバーサルに拍手するついでの おしらせ

なんだかお久しぶりです。
すっかり寂しい更新頻度になってしまいましたが、いつもの理由で、もうしばらくはこんな感じになりそうです。
すんません><

・・・これだけじゃなんか寂しいので、せめて小ネタを。
c0154066_20433857.jpg
遊星からの物体X (ユニバーサル思い出の復刻版DVD)

内容紹介(Amazonより一部転載)
《ユニバーサル映画・復刻版計画!!当時のTV吹替音声を収録したDVDが通常版と合わせて2枚組で登場!!》
★パッケージ:日本版オリジナル・アートワーク採用!!<アウターケース収納!>
●DISK1
・通常のハイクオリティDVD使用!!
●DISK2
TVオンエア版日本語吹替音声完全装備!!

悲しい仕様だった「物体X」日本版DVD(今までのDVDは吹替え未収録にメニューが非日本語化と、酷いものでした・・・)に、待望の日本語吹替が、しかも、かのTV放映版を収録です。
確か前にも書いた記憶がありますが、あの吹替えは、本当に神吹替えですからね・・・
物体Xは生まれて初めて購入した映像コンテンツなので、ようやく完全な形になってくれて、感慨もひとしおです。
あと、何気にジャケットが劇場公開版ポスターになってるのも嬉しい。
やっぱこの絵は最高だなぁ・・・
[PR]
by rushiha666 | 2008-09-27 01:55 | 映画雑記

じょしこうせい☆さばいばるどらいぶっ

今日は3連休の2日目です♪
・・・でも、なんで俺・・・職場で働いてるんでしょうね・・・orz

頭にきたのでビデマで散財したろうか!とビデマ様のHPを覗いていたら、気になるタイトルはっけん。

c0154066_2524040.jpg「Five Across The Eyes」

おにゃのこ5人を主人公に据えたよくある田舎系スラッシャーらしいのですが、どこらへんに惹かれたかというと、その撮影方法
なんとカメラは女子校生が乗る車から一切外へ出ないのだそうです!
それっぽく見えますが、所謂POV(劇中人物による撮影のフェイクドキュメント)ではありません。
ただ、キャメラが一切車から出ない、という制約を、監督は己に課したらしく、ネット上の評を見る限り、それはなかなかの効果を出しているらしい。
車の中から角度的に見えないところは映らないわけで、悲鳴は聞こえるけど何されてるのかわからないとか、想像力をいたく喚起してくれるみたいです。ゴクリ。
あいかわらずこういう新手法に弱い私。
コレ買っちゃおうかなぁ・・・と思いましたが・・・アレ?ビデマの商品ページに邦題が付いておる?こんなん公開してたっけ?と。ググってみたら・・・ありました。

c0154066_2492314.jpg11/12「女子高生サバイバル・ドライブ」(原題:Five Across The Eyes)

・・・なんつうか・・・イイ邦題なんじゃないかな・・・たぶん^^;
それよりなんだろうこのクールっぽさを装ったジャケ絵は・・・まぁ、確かに、勘違いして買っちゃう(あるいは借りちゃう)一般ピーポーがいそうではありますなぁ(笑)
それにしても、11月か・・・遅ぇ・・・でも日本語付いてるにこしたことはないし、ここは素直に待ちますかね・・・
あ、トレーラー見っけたので貼っておきます。

おお、他所様の感想読んだら、○×△にドライバーとか結構エグ痛そう・・・そうだよねぇ、女同士の戦い、つまりはキャットファイト・スラッシャーだもんね・・・エグくなるわな。(というのはあまりに一面的すぎる感想だろうか)

そんなわけで、明日も休日出勤ケテーイ!
・・・コノ憤リヲ何ニブツケタラヨイノダロウ・・・
[PR]
by rushiha666 | 2008-09-20 15:22 | 映画雑記

届いたもの

DVD「ゴーン・ベイビー・ゴーン」
DVD「ミスト コレクターズエディション」


ようやく9月の最もキツいシフトを乗り切りました。
何故か脇腹と背筋のあたりに筋肉痛が。なんでこの箇所か?昨日は脚がガクガクしてたので、来るなら脚か腰だと思ってたのに・・・。
とりあえず3連休です。(そのかわり来週は休みが減るんですが)
日曜あたりに「ウォンテッド」行けるといいな。
あと、この連休中あれも観なければね。
ダラボンが当初画策していた「ミスト」のモノクロ・ヴァージョンを。
おそらくレンタル版にはつかないと踏んで、高いコレクターズエディションを予約したんですが・・・今のコンディションで「ミスト」再見は被ダメが大きすぎるかな?
[PR]
by rushiha666 | 2008-09-19 15:41 | 映画雑記

買ったもの

c0154066_20245123.jpgホラー映画クロニクル (扶桑社ムック)

1冊で広く浅く、という点では、これほどコストパフォーマンスの良いホラー映画副読本はないんじゃないでしょうか。(税込1680円)
古くはサイレント期から、「シャッター」や「フロンティア」など最近作まで触れていますし、それをきちんと地域別(ハリウッドは勿論、ヨーロッパや、アジア)に、その中でも主だった国は別項でとり上げてます。
私はなんだかんだいってホラー好きとしては知識量、経験値ともに全然まだまだなので、なかなかに興味深いです。
おそらく洋泉社の「切株読本」のような読み応えはないと思いますが、通販カタログをペラペラ見る感じでホラー映画史に触れるには充分なんじゃないかな?
(まぁまだ読んでないからわからんですけど!読む時間プリーズ><)

とりいそぎ、密林の商品説明をコピペ。
[PR]
by rushiha666 | 2008-09-18 20:49 | 日記・雑記

短評:ザ・フライ2 二世誕生(The Fly II: The Insect Awakens)

やはり何度観てもテレポッドわんこには泣かされます><

そして、面白いんですよねぇ・・・
続編として完璧だし、ミュータント映画、モンスター映画として完璧。
そしてなにより、復讐劇として完璧。(欠点は予算くらいか)
個人的に、主演のエリック・ストルツの笑顔が、なんだかパパ(ジェフ・ゴールドブラム)の面影がある点がイイ感じ。
ところで、冒頭の出産シーン、ジーナ・デイビスが演じてるんですかね?
彼氏は見覚えあるんだけど、元ヒロインは吸入器付けてるし叫んでるし、おまけに私がジーナ・デイビスを見慣れてないのでイマイチ確信が持てないんです^^;

あんま関係ないんですが・・・なんでTV放映は2ばっかなんでしょう?
1ってほとんどやらない気が・・・(なんか久しぶりに観たくなってきました)

あと、結構ゴアシーンをキッチリ映してくれてましたよ、今回の放映版。
ゲロ浴び顔面ズル剥けとか、カットされるかなぁ、と思ってたので、ちょっと嬉しかったり。
あ、でも、最後社長を見下ろす科学者達のシーンがカットされてたような?そんなシーン、ありましたよねぇ?
[PR]
by rushiha666 | 2008-09-16 21:09 | 映画感想‐ホラー‐

短評:ディープ・インパクト(原題:Deep Impact)

この作品を観て毎度物足りなく思うのは、全体的に「キレイすぎる」ところ。
ようするに、パニック映画につきものの、事態を悪い方へ向かわせる(あるいは自滅する)愚か者が皆無だから、です。
パニックから暴徒と化す人々の描写も一応ありますが、それはニュース映像として映されるだけで、主要人物は皆等しく善意の人。
スピルバーグ(エグゼクティブプロデューサー)、ミミ・レダー(監督)には、ドリームワークスの第1作作品「ピースメーカー」の初心を忘れないでほしかったなぁ。

More
[PR]
by rushiha666 | 2008-09-15 15:10 | 映画感想‐SF・ファンタジー‐

買ったもの

c0154066_1533943.jpgコーマック・マッカーシー「ザ・ロード」(早川書房)

ご存知「ノーカントリー」の原作「血と暴力の国」著者、マッカーシーの最新作。
これまた映画化が決定(というか既に撮影は終了)しておりまして、ヴィゴ・モーテンセンが幼い息子を連れ、食人族(!)が跋扈する荒廃したアメリカを南へと目指す・・・というお話。
実は私、「食人族」は見たことがありません。
ゾンビが人間をむしゃむしゃというのはよく見ますが、人間が人間を、というのは、実は「ホステル2」のデオダート御大(奇しくも『食人族』監督)のシーンしかないのです。
「悪いけ」(リメイク含む)、「ヒルハブ」、「クライモリ」(2は未見)等で、『人間を食べる基地外』にはお目にかかっていますが、『直接むしゃむしゃしてるシーン』にはお目にかかっていないのですよね。
というわけで、いつか来るであろう「食人族」体験に備え、買っちゃいました。ハードカバーにしては読みやすそうでもあったし。
(まぁ、実際むしゃむしゃシーンがあるかわからず、読むのも結構先になりますけどね)

c0154066_15335749.jpg「ローリングストーンズ日本版10月号」(インターナショナル・ラグジュアリー・メディア)

表紙のアイアンマンに惹かれて・・・のつもりが結構読みでがあったという嬉しい誤算。
単なるロック雑誌だと思っていましたが、ポップカルチャー全般を扱っている雑誌なのですね。
個人的に、

「アメコミ特集」(メインは勿論アイアンマン)
「スケートピア特集」(スケボー好きが作ったスケボーコミュ。一見無法地帯だがコミュとして成立してるのがスゲー)
「ハワイのダークサイド」(GTAの次はハワイっぽいトコがええんでない?)

のあたりが面白かったです。
あ、あとティムール・ベクマンベトフ監督の見開き特集もアリ!
「ウォンテッド」はなんとか隙を見て観に行きたいところです。
ところで、サルコジ大統領の嫁って、別嬪さんですねぇ。元スーパーモデル現シンガーソングライター兼ファーストレディって、なんだか漫画の中のキャラクターみたいですね^^;
つーか、ラブラブで結構なことです(笑)
[PR]
by rushiha666 | 2008-09-15 15:10 | 小説

しゅーるしは→ニックたん

・・・帰りてぇなぁ・・・(挨拶

さて、右のサイドバーのトップをご覧頂けば一目瞭然。
私がどんだけ「WOLF CREEK」気に入ったかというコトですよ!

プロフィール等の画像を、すっかり御馴染みのOLD画伯の「しゅーるしは」から、ニックたん(ジャン・ジャラト)に変更いたしました。
正直、愛しのOLDたんの絵を外したくはなかったのですが、ためしにメッセンジャーのアイコンをジャラト氏にしてみたらば、これがすこぶるイイ感じだったので、こちらも久しぶりの変更とあいなりました。
あと・・・「ブログの中でまで本売りたくねぇ><」と、9/12現在の出社拒否寸前駄目思考が囁いたんですよ!私のゴーストにね!許して!OLDたん!><

ついでにテンプレも弄ろうかなぁ・・・いっそふぉんださんみたいにオリジナル背景とか。
(って前にもどっかで似たようなこと言ってましたね、私^^;)
[PR]
by rushiha666 | 2008-09-13 19:50 | 日記・雑記