<   2008年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

TURISTAS

嗚呼、素晴らしいです、電車の中で映画が観れちゃうなんて。
苦痛でしかない通勤電車の行程が、なんと潤い豊かになることか・・・(うっとり)
まぁ、おかげで携帯ゲームと読書がワリを喰ってますが・・・まーしかたないな♪
そんなわけで、wataruさんありがとうシリーズ第1弾!(お待たせしてすんません><)

c0154066_1428540.jpg「TURISTAS」(日本未公開)

《あらすじ》
ブラジルの奥地を旅行中のアメリカ人のマイクと、妹のベア、ベアの親友のアミィは、バスの転落事故に遭遇してしまう。
運よく事なきを得て、同乗していた白人の男女三人と意気投合、つぎのバスがくるまでのあいだ、ビーチで寛ぐことに。
だが、酒を飲んで夜を明かしてしまい、気づいたときには、身ぐるみ剥がされていた。
途方にくれる彼らのまえに、親切にも手を貸そうという現地の青年があらわれるのだが…

Filmpeep様より転載)

実にまったりとしたホラー映画でした。
いや、これはもしかしたらホラーじゃないのかもしれない。
実際、中盤の臓器摘出シーンがなければ、サスペンスにカテゴライズされるでしょうね。
(サスペンスにしちゃ前半がユルユルで、そこらへんは明らかに「ホステル」の影響下にあるわけですけど)

私は、この映画はいっそホラーでなく、サスペンスで売ったらよかったんじゃないかなぁ、と思いうんですが、どうでしょう?

以下、ネタバレあります!
[PR]
by rushiha666 | 2008-08-31 00:34 | 映画感想‐ホラー‐

THE SIGNAL(邦題:地球最後の男たち)

ディスクに傷があったんで(輸入盤ではままあるものです)、「ちゃんと観れるんかな~」と試し観のつもりが、結局最後まで観ちゃったという代物がコレ。
つまり、面白い・・・よね?(何故疑問形w)

c0154066_12495715.jpgTHE SIGNAL(邦題:地球最後の男達THE SIGNAL)

つーかコレ、買った時には日本語版出るって知らなかったんですよね・・・失敗したなぁ。
結構台詞の比率が高かったので、英語苦手な私には日本語版待ちでよかったものを・・・
(しかも来月には出るし・・・情報収集は大事ですね><)

《あらすじ》
深夜映画を見ている途中で急にテレビが奇妙な映像を映し始めたのに気づいたベン。その騒ぎで目覚めてしまった不倫相手のマヤは帰路についたのだが、道行く人の様子が明らかにおかしい。そして帰り着いたアパートでは、夫のルイスとその友人たちが暴れ始めていた! 部屋を締め切り、眠りについたマヤだったが、翌朝目覚めると街は静まり返り、残った人々は殺し合いを繰り広げている!? それでもベンに会う為に街に飛び出したマヤだったが…。
[SAMPLE]ビデオながら見日記様より転載)

なので、主役カップルが不倫カポーなのにも気付きませんでした^^;
そうか、あの髭(ジャケ画の右向きの彼)は旦那だったのね・・・
それにしても、変な映画でした。(一応褒め言葉)

ネタバレあるので続きはコチラ。
[PR]
by rushiha666 | 2008-08-30 13:30 | 映画感想‐ホラー‐

気になる海外ホラー

※8/29ちょっと追記
c0154066_1062078.jpgまずはスペイン映画「KING OF HILL」(原題:EL REY DE LA MONTANA)
最近某映画(近日感想UP予定)で田舎系既知外殺人鬼と狙撃銃の組み合わせの意外な親和性に気付いたばかりなので、この映画のそのものズバリなテーマにwktkが止まりません。

うはー、面白そう~!
ホラーというよりサスペンスに分類されそうですね。
ZOMBIE手帳様によると、来月本国で公開だそうです。スペイン羨ましいな。

で、ココでちょっと追記、というか、ふと思い出したのだけれども、狙撃映画といったら「パニック・イン・スタジアム」がえらく怖かった思い出があります。
確か子供の頃TV放映で観たんですが・・・あれは怖かった・・・怖さだけで言えば立派にホラーです。
というわけで、とっととDVD出してくれないかなぁ。(以上、追記でした)

c0154066_940294.jpgお次はカナダ映画「SCARCE」
こちらもZOMBIE手帳様にて掲載されていたのですが、雪景色が舞台なだけで点数UPな雪国育ちの私には、このポスターだけでご飯いけます。
で、↓が予告編、にしては見せすぎなトレーラー。

この思い切りのいいゴア描写とぶっちゃけチープな感じが微笑ましいですね^^
しかし、最近のトレンドは「田舎の既知外一家」+「拷問」+「マンハント」なのでしょうか。
監督の撮り方如何で「ホラー」にも「サスペンス」(例えばブアマンの『脱出』キモ怖いぜ~)にも、それこそ「アクション」にもカテゴライズされ得るわけで、この組み合わせっには未来を感じるなぁ。
[PR]
by rushiha666 | 2008-08-29 10:18 | 映画雑記

[ヘルバウンド・ハート]感想

c0154066_1748221.jpg
クライヴ・バーカー「ヘルバウンド・ハート」(集英社文庫)

《あらすじ》
苦痛が快楽に変わり、快楽が苦痛に変わる《亀裂》の彼方の世界…。
魔道士に誘われ、快楽の世界の囚われ人になった魔性の恋人、フランクを蘇らせるため、ジュリアは行きずりの男にナイフを突き立てた。
血をすすり、生贄のエキスを吸い取り、フランクは人間の肉体を取り戻してゆく。
「血が欲しい、皮膚をくれ!」
フランクの叫びに、ジュリアは二度、三度、殺戮の刃をふるう。
欲望に憑かれた男女を待っていたのは、身の毛もよだつ堕地獄の罠だった。
淫魔が巣食う恍惚世界への扉を開く《ルマルシャンの箱》とは何か?
この世の快楽を貧り尽くすことは罪なのか?
鬼才クライヴ・バーカーが鮮烈に描く愛と妄執のドラマ。

(カバー裏あらすじより転記)

るしはの絶版本感想シリーズ第364回(嘘)は、ご存知、「ヘルレイザー」の原作・・・というか、監督・脚本のバーカー自らのノヴェライズと言うべきか・・・(どっちが先でしたっけ?)
ともかく、「ヘルバウンド・ハート」(旧題:魔道士)です。
現在、どうもケッチャムの新作を読みきる精神的体力に自信がなく、さりとてグロでゴアなものを欲しているという我侭な状態なのですが、
「あ、じゃあバーカーなんて丁度よくね?確か、軽めだったし、超久しぶりだし」
というわけで再読(実に、十ン年ぶり!)とあいなりました。

さて、メジャーな映画の原作(ノヴェライズ)で、しかも本自体は絶版ですから、ざっくばらんに行きたいと思います。(『ヘルレイザー』鑑賞済み前提で)

でも一応、隠してみます^^;
[PR]
by rushiha666 | 2008-08-29 01:00 | 小説

とりいそぎ

c0154066_2491371.jpg
休憩時間にブログ記事書くこともままならない忙しさ

通勤電車ではPSPで映画鑑賞

帰宅したらバタンキュー

映画の数はこなせてるけど、感想書く時間が・・・なんとかせな・・・
[PR]
by rushiha666 | 2008-08-28 01:18 | 映画雑記

積DVD消化計画

一昨日のアガサさん主催ホラチャでは、遅刻の上に挨拶もそこそこに早退という有様で失礼いたしました。
帰宅早々の参加はちと無理があったようで、テンションも低くて申し訳ない><
さて昨日は休日だったわけですが、あいかわらずテンションの低さはそのままで、ゲームや映画の消化という気分でなく、じゃぁせめて消化の準備だけでもと、「通勤電車でDVD鑑賞計画」を発動しました。
c0154066_23264897.jpg
そんなわけで、wataruさんシリーズを入れてみました。
私のPSPのメモリースティックの容量は1GBで、セーブデータやらゲームのデータやらで500MBしか残ってなかったので、データの大半だったモンハンのメディアインストール分を削除。(これで700MBくらい空いたかな?)
そしたら、DVDが4本入りました。勿論画質よりサイズ優先で。
画質を犠牲にしたお陰で仕込む時間が無短くて済み、これは気軽にやれそうだ。
いっそメモステを4GBあたりにしちゃえば、かなりも本数を持ち運べるな・・・
これで通勤時の暇つぶし(というか貴重な娯楽タイム)は読書、携帯ゲームに、映画鑑賞が加わりました。
よし、頑張ろう。
[PR]
by rushiha666 | 2008-08-25 00:36 | 映画雑記

聖地《ビデオマーケット》に行ってきましたよ~な購入記録

さて、アガサさん主催のホラチャを翌日に控えた今日の良き日に、行ってまいりました!
新宿における輸入DVD(とってもホラー寄り)の聖地、ビデオマーケットへ!

いやぁ・・・天国だった。
輸入DVDといえばオンラインショップに頼りきりだった私にとって、ジャケ見ながら選べるなんて、もう最高!財布の紐、緩む緩むw
輸入DVDコーナーはビルの4Fにあるんですけどね、エレベーターの中からして「片腕マシンガール」とか「フロンティアーズ」のヤバいポスターベタベタで、エレベーターから降りれば、等身大エイリアン様がお出迎え!
ドアを潜れば、6台ばかりあるモニターで「ドゥームゥズデイ」やらリメイク版「血の魔術師」やらを映してるという・・・アガサさんの夏休み大冒険にあったソーヤー家ポスターや、チョップトップたん来日記念グッズなんかも並んでましたよ!
ま、まさに聖地・・・というわけで、聖地にかなりのお布施をしてきました^^;
(以下、聖地での購入リスト♪)

c0154066_23321913.jpg
「Clive Barker's HELLRAISER 20th Annniversary Edition」
ご存知「ヘルレイザー」1作目!
日本では確かまだDVD化されてない(か廃盤)なんですよね・・・実は、最近なんでかバーカーの再読なんぞしておりまして、無性に映画版を再確認したかった・・・というのもあるんです、が。
実はこのジャケデザインに一目惚れ、というのが真相だったり^^;
(しかし、もう20年も経つんですねぇ・・・)

c0154066_23324541.jpg
「NIGHTBREED」
これまたバーカーつながりで、邦題「ミディアン」。
確か、原作のスケールをえらく小さくしてて吃驚した記憶がありますが、それを吹き飛ばすデヴィッド・クローネンバーグ監督の怪演が素晴らしい。ハレルヤー!
確かコレもDVD化してませんよね。ホクホク。
(しかしこの、懐かしいヤングアダルトスター総出演青春映画みたいなジャケはなんなのだろう・・・最初気付きませんでしたよ^^;)

c0154066_23333677.jpg
「THE SIGNAL」
コレは日本未公開。(予定あんのかな?)
最近「突然人間がおかしくなって残った人が涙目」設定の映画や小説ばっか見たり読んだりしたせいか、なんか、無性に気になってしまい、購入。
確かTVから変な信号が出て、それを見た人が狂っちゃうんでしたっけ?
そんなに評判良くなかった記憶があるのですが、まぁいいや^^;

c0154066_23383311.jpg
「TERMINATOR The Asrah Connor Chronicles THE COMPLETE FIRST SEASON」
コレもジャケ買いみたいなもんですね。
レナ・ハーディが美しすぎるんだぜ・・・あと、ディスク3枚にシーズン1全て入って5千円しないというコストパフォーマンスが決め手に。
日本語化されてる海外ドラマBOXがいかに高額かわかりますね。
それにしても・・・とっととTV放映せんのかなぁ・・・

と、いうわけで買いすぎです!明日からは酸素だけ食べて生き抜かなければ・・・
しかしまぁ買いに買いましたが、まだwataruさんからお借りしたDVDも消化していない有様なので、(つーかそれ以前にkurosuiさんやふぉんださんに借りたものね><)鑑賞は暫く先になるかと思われます。
あー、でも、イイ買い物でした♪ビデオマーケット様には月イチで通うことにします^^
(やっぱ通勤中にDVD鑑賞する手段を考えようか・・・)
[PR]
by rushiha666 | 2008-08-22 23:45 | 映画雑記

記事にYoutubeが貼れるようになりました記念:FRITT VILT

エキブロにYouTube動画が貼れるようになったようです。早速試し貼り。

FRITT VILT(英題:COLD PREY)


FRITT VILT2(英題:COLD PREY2)


私、雪国育ちなせいか雪景色ってだけで点数が甘くなります。
トレーラー観る限りオーソドックスなスラッシャーっぽいですが、面白いのかなぁ?
[PR]
by rushiha666 | 2008-08-21 11:55 | 映画雑記

小ネタ色々

私のTwitter見ている奇特な方ならご存知ですが、9月がねー9月がねー><
当初の「休日なっしんぐ」状態はからくも脱出したものの、依然予想される状況は厳しく、9月もなかなか映画が豊作なだけに気が気ではない私です。

まぁ、御託は置いといて、タイトルどおり小ネタを。

ローレンス・フィッシュバーンが「CSI:科学捜査班」主役に決定!
http://feature.movies.jp.msn.com/news/080820/08.htm
(ソース:eiga.com)
いやぁ、決まっちゃいました。
まぁ、グリッソム(ウィリアム・ピーターセン)の引退は決定事項なので、ここはモーフィアス(一応言っておくけどこういう役名というわけではないからねw)のキャラクターと、2話に渡って描かれる主役交代劇に期待するとしますか。
しかし、やはり心配してしまうな。
主役交代後一気に失速した「スピンシティ」を思い出してしまう。(ここらへん前にも書いたっけ)
例えば、「刑事ナッシュ・ブリッジス」で主人公がドン・ジョンソンでなくなったら番組成り立たんと思うんよね。
CSIはスピンオフも多いから主役交代もアリのように思えるけど、紛れも無く作品の「芯」はグリッソムだったわけで、モーフィアスが新しい「芯」になりうるか、フィッシュバーン云々ではなく難しいと思う・・・というのは、ちょっと原理主義がすぎるかなぁ・・・
(新シリーズだったら抵抗感なかったんだけど。ピーターセンがプロデューサーは続投というところに期待します)

「ウォッチメン」の呆れたゴタゴタ
http://feature.movies.jp.msn.com/news/080820/05.htm
(ソース:eiga.com)
まぁ権利がコロコロ移ってるんでわからんではないけれど、訴訟大国アメリカで、まさか大映画会社が「オプション契約に気付かず」に1億ドルも投入して、結果的に見切り発車してしまうとは・・・
まぁ、権利を買い戻して決着だろうけど。モノがデカイ企画(しかもほぼ完成済み)なだけに吃驚です。
とにかく、ザック・スナイダーの新作がみすみすお蔵入りなんてならないことを祈るばかりです。

ある意味エディ・マーフィお手柄?
http://feature.movies.jp.msn.com/news/080815/05.htm
(ソース:eiga.com)
エディ・マーフィーの新作が本国で大コケしたので、日本での年末公開がポシャったというお話。
個人的にエディは「48時間」と「ビバリーヒルズ・コップ」だけでイイと思ってるんで感慨はないけれど、最近の「ドリームガールズ」での演技は良いんでしたっけ?まぁでも認知はちゃんとしようよ?どうせバレるんだから。
それより、そのエディ作品のかわりにキーファー・サザーランド主演のサスペンスアレクサンドル・アジャ監督のホラー「ミラーズ」が公開というのが嬉しい報せ。
だって、つまりメジャー枠ですよね!アジャが!
しかもお正月第1弾ってやつですよね!アジャが!
そんなわけで、年末にはエディに大いに感謝しつつアジャ新作に足を運びましょう♪

しかし・・・ビバリーヒルズコップ4はやめといたほうが・・・ライマングッドすら出ないんじゃないか・・・まぁ、スライのように復活する可能性はなくもないが・・・ねぇ?

その名はケント・クラーク!
(ソース:映画秘宝9月号)
「ダークナイト」冒頭で、やたら格好良く強盗団に立ち向かう(そして涙目な)ウィリアム・フィクトナー。
夜中にしゃっくりが止まらなくなって仕方なくゴロ寝読みしてた映画秘宝のアメコミ映画特集の「ダークナイト」の頁に書いてあった彼の役名が、なんと「ケント・クラーク」!
言うまでも無く、DCを代表するヒーローの中の人のアナグラムなわけで、ようするにDCコミック流のセルフ・パロディだったのですね!
あーもぅ、また再見したくなっちゃったじゃないのさ!><

ジャック・ケッチャム原作の食人族スプラッター『OFFSPRING』のスチール
http://blog.livedoor.jp/zombie_tecyo/archives/862399.html
(ソース:ZOMBIE手帳)
これはまた思い切りの良い切株。(つーかグチャグチャw)
1作目「オフシーズン」を飛び越えての続編「襲撃者の森」映画化ということで、色々気になる部分はありますが、スチール見る限り、ゴア描写に関しては心配なさそうですね。
[PR]
by rushiha666 | 2008-08-21 11:43 | 映画雑記

「はやて×ブレード」が突然集英社に移った件

表紙が「はやて×ブレード」で『新連載』となっていたので、おや?いつの間にか第二部が?と思ったがよくよく見たら電撃大王ではなくウルトラジャンプだったので吹いた。
同時に新装版1、2巻も発売です。
いったいなにがあったんだろうか…
(とりあえず雑誌と新装版は買います。何かあればまた書きます><)
[PR]
by rushiha666 | 2008-08-19 15:41 | 日記・雑記