<   2008年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ゾンビと戯れたい人々に~「デッドライジング」賛歌

先日の(っていうかかなり前ですな)wataruさんの記事に大いに触発された私は、
「よぉーし、俺もホラー映画好きの人達にゲームをオススメしちゃうぞぅ!」
と、知ったかぶり精神を大いに発揮しようとしたのだが・・・したのだが・・・
どうも文章がまとまらず仕上げられないまま現在に至ります。ああん。

おこがましくも『ゲームに詳しくない人に面白さを伝えよう』という思いと、現役ゲーマー特有の『マニアックなとこまで突っ込みたい』(本音→門外漢無視で突っ走りてー!)という欲求が完全に噛み合いませんでした。

「もういいや、このままお蔵入りさせたれ」
とも思ったんですが、なんか最近(でもなくなってしまいました・・・ああん)OLDたんがPS3買ったのを皮切りにコメントとかに『360』とか並んでいると、つい、追従したくなりますね。
そこで、色々紹介すると埒がアカンので、1本に絞ります。(という決断を下すに至るこの過程の長いことよ・・・嗚呼ン)

c0154066_2255882.jpg
Xbox360「デッドライジング」(CAPCOM)

おそらく現存する、もっとも「ゾンビ映画」したゾンビゲームです。
あれ?ゾンビゲームなら「バイオハザード」じゃないのん?というアナタ。
確かに、いかにもゾンビらしいゾンビ(ロメロ系)が初めてゲームシーンに登場したのは「バイオハザード」です。
3Dポリゴンによる立体的な臨場感の構築に成功した、という意味でも、「バイオ」の功績は無視出来ないのですが(それ以前にこの手法を実践したゲームはあれど、やはり日本での知名度はバイオでしょう)、ともかく、2以降の『スーパーヒーローアクション映画』方向への舵きりが(個人的には)いただけないのです。
よく、ミラジョヴォの映画版バイオを評して「あんなんバイオじゃねぇ」という意見を聞きますが、ミラの超人的な活躍などは、ゲーム版の『スーパーヒーローアクション映画』方向への舵きりに忠実に、かつゲーム版の矛盾を(ある程度)解消したな上手いアレンジだと思います。
それに、正直な話、ゲームのバイオハザード2以降のシナリオは・・・あまりこういう表現は使いたくないのですが、『糞』ですからね・・・アレに比べたらミラ版バイオのシナリオは上出来な部類ですよ。

では、ひるがえって「デッドライジング」はゾンビ映画好きをも満足させられうるか?
勿論、Yes、です。
何故なら、とても、ロメロの提示したゾンビの在り方に忠実だから。
そりゃ「ゾンビ」の権利団体MKR(&配給元ニューラインシネマ)が訴えたくなる気持ちもわかります。が。
ちょっと横道に逸れますが、この権利団体・・・大っ嫌いです。
ロメロでなく、こいつらが権利を握ってるおかげで、意味不明ななんとか版「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」が作られたり、ロメロが新作ゾンビ映画にバフを出せなかったりするわけですからね!
(一時は法的措置も辞さない構え・・・とか報じられましたが、どうなってるんでしょうね・・・)
さて、余禄はさておき、どこらへんが「ロメロの提示したゾンビの在り方に忠実」なのかを、ざっと列記。

ゾンビ禍の蔓延した町の描写がある。
ショッピングモールが舞台
「本当に怖いのは人間」ということがちゃんと描かれる
ゾンビ以外の変なクリーチャー(モンスター)が出ない
とにかくゾンビが腐るほど出てくる
仲間のゾンビ化シークエンスがある
そのなかで楽しいサバイバルを満喫出来る


まぁ、正直ドラマ部分では「ゾンビ」にはまったく及びませんが、それでも、似て非なるロメロ的世界で、とんでもない数のゾンビと戯れる(サバイバルする)ことが出来るのは、まさに、至福の時と言えましょう。

では、最後に、北米版「デッドライジング」のTV-CMを。
かなりアクション面を強調したCMですが、モール内の様々な者を使ってサバイバルする主人公フランク・ウエストの雄姿が見れます。

北米版「デッドライジング」トレイラーhttp://jp.youtube.com/watch?v=qyfc7f0Z3wU

・・・「ブレインデッド」の匂いもしますね^^;
[PR]
by rushiha666 | 2008-07-31 18:58 | Xbox360

今、マーベルが熱い

「映画秘宝9月号」に、「アメコミヒーローの魅力教えます!!」という、近頃やたらと目にするようになったアメコミ原作映画の特集が載ってます。
ぶっちゃけ、以下の記事内容はほとんどその特集内に書いてあることなので、まぁ、手近に映画秘宝があるならそっち読んだ方が良いよ!(我ながら実も蓋もないなぁ)

さて、その特集でピンと来たポイントを羅列です。

「インクレディブル・ハルク」
なんと!OPは、往年のTVドラマ版OPの完コピらしいのだ!スゲー!
ハルクはむしろ原作アメコミよりTV版で親しんだ私には涙ちょちょぎれる演出!
しかも、これで冒頭5分からエドワード・ノートン@バナー博士はハルクに変身可能というスピーディーさ!
そして、皆さんは先週のショウビズ・カウントダウンで流れたフッテージを観ましたか?
c0154066_2318564.jpg
ティム・ロス演じる軍人がグレネードランチャー片手にハルクに接近戦を挑む(!!)という驚きの(というか無謀な)シーンなのですが・・・なんと、善戦するティム・ロス!グレネード尽きたら拳銃!そして素手!やべぇ鳥肌立った!かっちょいいよMr.オレンジ!
これはもう絶対に観なければなるまい!嗚呼、神よ!願い叶え給え!(無心論者だけど☆)

「アイアンマン」
ヤクと薬でキャリアを棒にしかけたロバート・ダウニー・Jrが、似たような境遇のトニー・スターク社長を自己投影しまくって演じたら吃驚の大ヒットな「アイアンマン」!
オヤヂ映画としてもうじきyosojiな私には義務とも言える作品だが、なんか劇中にウォー・マシン(2代目アイアンマン)を示唆するシーンまであるらしく、にわかアメコミファンの私は狂喜乱舞なのです。wktk
そういうマニア向け要素とは別に、アメコミの基本路線には忠実に、そして巧く現代化が成されているらしく、そこらへんのシナリオの妙も大ヒットの一因とか。

さて、その「アイアンマン」に我らがサミュエル・L・ジャクソン叔父貴がカメオ出演するらしい。
それも、ニック・フューリー大佐として!
アメコミ好きでなければ「誰それ?」なんでしょうが・・・実はマーベル・コミックの作品は同一世界を舞台にしている、という設定がありまして、コミックでは時々全ヒーロー総登場のまんが祭り的作品がリリースされたり、別々のヒーローがゲスト出演しあったりするわけです。
そして、この世界(マーベル・ユニバース)に、「S.H.I.E.L.D」という世界の平和を守る秘密組織がありまして、そのボスが、件のフューリー大佐というわけです。
その「S.H.I.E.L.D」に参画するヒーローチームに「アヴェンジャーズ」がありまして、そのメンバーが凄いビックネーム。

「キャプテンアメリカ」(映画化予定)
「ソー」(映画化予定)
「アイアンマン」
「ウルヴァリン(Xメン)」
「スパイダーマン」(最近加入)etc・・・


そして、この「アヴェンジャーズ」・・・なんと映画化決定しております!
・・・つまり、フューリー大佐のカメオ出演を皮切りに、以降のマーベル映画は「アヴェンジャーズ」へつながる壮大な前振りが仕組まれているっぽいのです。
よくまぁこんな手の込んだことを・・・と感心していたんですが・・・
マーヴェルって、いつのまにか映画製作スタジオを自社で立ち上げていたんですね!
その名もマーベル・スタジオ
「アイアンマン」が、その第1作目なんだそうです。(日本での公開順序は逆ですが、『インクレディブル・ハルク』はその第2作目)
そりゃ自社製作なら、気の遠くなるような伏線も可能ですよね!
まぁ、ソニーに映画化権を売った「スパイダーマン」は難しいかもしれませんが、「アイアンマン」以降は全て自社製作になるわけで、「アヴェンジャーズ」実現は夢物語どころか、既にダウニーJrやノートンの出演契約に「アヴェンジャーズ」も含まれているかもわからず・・・いやぁ、夢が膨らみます。

それでいて、その伏線は元ネタを知っているマーベルファン以外にはわからなくても充分なさりげないものらしく、つまり単体の映画としての完成度を阻害するものではないようです。(今のところ伝え聞こえてくるかぎりでは)
つまり、新規の顧客は置いてきぼりを食うことなく、「アヴェンジャーズ」完成の暁には、一緒に大喜び出来る仕様らしく・・・

こりゃマーベル映画は1本も見逃せない・・・そんなwktkなるしはでした。
(問題は、店のシフトだなぁ・・・><)
[PR]
by rushiha666 | 2008-07-29 21:58 | 映画雑記

簡易感想:北海ハイジャック

「北海ハイジャック」(原題:FFOLKES)はなんでか好きなんだよなぁ。ロジャー・ムーアーはボンドより断然フォルクスだと思うんですが、私だけ?
変質的な猫好きで鼻持ちならない自信家で徹底的な女嫌いのフォルクスのキャラクターは、なかなかオリジナリティがあると思うんですが。
吹替えは勿論広川太一郎!
敵役のテロリストのボスはアンソニー・パーキンスが神経質に演じていて、これまた印象深い。
その吹替えは野沢那智。ここらへん吹替えの豪華さも好きな点ですかね。
[PR]
by rushiha666 | 2008-07-27 19:11 | 映画感想‐アクション‐

宇宙狩猟民族の訪問(また購入記録で・・・)

c0154066_2323593.jpgそんなわけで我が家の新しい家族☆プレデたん(2作目Ver)
見辛いですが、突き出した手には脊髄付の頭蓋骨がみぎられてます。
しかし、よくよく見ると右手のスピアの先端は折れ、クローは2本とも折れています。
まぁ、500円のジャンク品(なんとかOFFで買いました♪)なので問題ないですが。
一応アメリカの玩具みたいです。頭は触るとグラグラグラ~と揺れる仕様。
猫のアタックを受けねばよいが・・・まぁ、結構ガッシリとした作りで重量もあるし、大丈夫でしょう。(さすが舶来玩具)
それにしても、やはり素晴らしい造形だ、プレデターは・・・「AVP2」で泥を塗られた形になったけど、プレデたんには罪は無い。故ウィンストン師、GJ!まったくGJだよ!
(あと出来れば『AVP』の空気読めるルーキーも欲しいところ。勿論素顔Verで!)

他にも古本屋でチマチマと購入。

・R・L・スティーブンスン「ジーキル博士とハイド氏」(新潮文庫)
・オスカー・ワイルド「ドリアン・グレイの肖像」(新潮文庫)
・ジュール・ヴェルヌ「海底二万里」(集英社文庫)
・ジェイムズ・バイロン・ハギンズ「凶獣リヴァイアサン(上・下)」(創元SF文庫)


実に分かりやすいチョイスだなぁ。なんの映画が原因かバレバレもいいとこですね^^;
あ、4つ目は違います、勿論。刊行時からちょっと気になっていたんですよね、この怪獣SF。
あと、ホントは創元の「二剣士」シリーズの集め損ねがあったら買おうかと思ってたんだけど、ありませんでした。
仕方ない、自分とこで買うかな・・・
何故、収集中断してたこのシリーズを買うのかというと、最近創元の営業サンから『コナンの復刊シリーズは途中で刊行中止になりました』という、悲しい報せを聞いたもので・・・
いや・・・ホント、コナンの今回の復刊は楽しみにしてたんだ・・・何しろ日本初の、ハワード以外のアレンジが入ってない、正真正銘の全集でしたからね・・・(今までの作品は後年の作家のアレンジが入ってるものや、ハワードがノータッチなのにハワード名義だったりとかが多かったのです)
そんなわけで、「二剣士」は版のあるうちに買っておこう、と思った次第・・・
早川と創元で平行復刊中のムアコックもなー、どうしようかなぁ。
[PR]
by rushiha666 | 2008-07-26 23:29 | 日記・雑記

購入記録でお茶を濁す

①寺島令子「墜落日誌 社会見学編」(エンターブレイン)
②篠房六郎「百舌谷さん逆上する①」(講談社)
③飯田馬之介「機動戦士ガンダム第08MS小隊U.C.0079+α③」(角川書店)
④GAME UNION Vol.1(三才ブックス)
⑤J・K・ローリング「ハリー・ポッターと死の秘宝」(静山社)


所定人数が2人ばかり足りないところにハリポタ発売、そこにまさかの競合店撤退で売上が倍近く跳ね上がりテンチョー的には嬉しいが肉体的には俺涙目><
まぁ、もっと大変なこともあったのだが、しかし、それについて語ると私の正体を半分ネットに晒すことになるので語れないわけだ。
(その件についてはお友達ブログ様がお二人ほど取り上げてらっしゃる・・・とだけ言っておこう)
そんなわけで粛々と頑張る所存ですが、この店状況で8月を乗り切れるだろうか・・・(8月は今月が天国に思えるほどの酷いシフトなのー♪)・・・ともかく、体調には気をつけねばなぁ。
ちょっと前に熱中症くらったが、現状に突入する前に治ってよかった・・・皆さんもお気をつけください。暑い暑い。

さて、購入物の雑感は追記で。

More
[PR]
by rushiha666 | 2008-07-26 11:43 | 日記・雑記

簡易感想:サウンド・オブ・サンダー

「サウンド・オブ・サンダー」(原題:A Sound of Thunder) を観ましたよ。
まぁ、アレですよ。疲れてなんとなくHDレコーダーの中身を受動的に観ることしか出来ないお疲れタイムにゃ、こういう頭悪いライトなSFあどべんちゃあ映画もよろしいんじゃなくって?

そこそこクリフハンガーで、ネタには既視感が付きまとうがだからこそ安心感があって・・・あー、うん、何を書こうがコキおろしにしかならんけど・・・なんというか、一昔前の(なんとか最後の日、とか放射能なんたら、とか)を観たような、なんともいえない懐かしさを覚えたりね。
低レベルなCGなんかを観てるとね、こう思うんですよ。
いつかこういう低レベルCGも、例えば今、往年の特撮ファンがコマ撮りストップモーションアニメを懐かしむように、好感と共に思い出す時が来るんじゃないだろうか・・・とね。(いや来ないと思うけどさ)
まぁ大多数の人がCGを毛嫌いするけれど、こういうB級作品に手軽にスペクタクルなシーンを出せる、という意味では価値があると思いますよ。
客観的に見れば、CGの不自然さと、ストップモーションアニメの不自然さは、どっこいどっこいですしね。
(勿論どっちが好きかと問われればコマ撮りの方ですがね!これはもうジェネレーション的な呪縛であります)

・・・って、ここまで書いてからTB送ろうとアガサさんの感想見たんですが・・・へー、この映画って制作費100億円なのか・・・そうか、A級映画やったんか・・・ふーん・・・
一瞬全文を削除しようかと思った。
まぁ・・・なんだ・・・ホントどこに使ったんだんですかね、アガサさん・・・orz
[PR]
by rushiha666 | 2008-07-21 14:50 | 映画感想‐SF・ファンタジー‐

簡易感想:マッハ!!!!!!!!

「マッハ!!!!!!!!」(英題:Ong Bak: Muay Thai Warrior、タイ題:องค์บาก)を観ました。
トニー・ジャーのノ^・スタントのムエタイは凄いですねぇ。
ただ、この映画やジャッキー・チェンなんかの同種の映画って、カタルシスより痛みの方が強く感じられて、私はあんまり気持ちよくないのでした。
[PR]
by rushiha666 | 2008-07-20 23:10 | 映画感想‐アクション‐

簡易感想:インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国

いいかげん「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」(原題:Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull)感想も書かないとな・・・なんでこうも梃子摺ったのかというと、ようは「突っ込みを入れるのは無粋な映画」なのにもかかわらず突っ込みを入れたくなる自分に辟易した・・・というところ。
いや、文句を付けたい訳じゃないのです。とても楽しめる映画だったし。
にもかかわらず、「突っ込みを入れるのは無粋なんだけど、そこらへんを分かってない人は○×△とか突っ込むんですよね~w」とか、結局嫌らしい突込みを入れるのと同義の感想を書きそうになる自分がいるのだ。ああ嫌らしい!イヤらしい!
てかこれ簡易感想ですらないな。
ええと、ケイト・ブランシェットは最高でした!終り!(えー
いや、冗談はともかく、ケイトさんの他の出演作を観たくなりましたよ。(実は初ブランシェットでした)
あと、イリーナ・スパルコでスピンオフを頼む。かっちょえーんですよ。中盤のジャングルでのチェイスは最高でした。
(おお、最後は感想っぽくなったな。ホっ)(なってねぇよ・・・)
[PR]
by rushiha666 | 2008-07-20 20:18 | 映画感想‐アクション‐

簡易感想:リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い

c0154066_1481728.jpgなんか最近悪名高い映画しか観ていないのですが・・・「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い 」(原題:The League of Extraordinary Gentlemen)も評判良くないですよね。
まぁ、他人の評判など、まったくあてにならないってこってすな。
私は、気に入りました!
それぞれのキャラがキチンと立っているではないの。
とくにジキル&ハイドは良かったなぁ。鏡を介して二つの人格が会話可能なことで、一人でバディモノが出来てしまうという。 なかでもノーチラス号沈没の危機の際の彼らの活躍シークエンスは素晴らしかった。
怪力キャラとしても最近観た「ハルク」より100倍魅せ方を心得ていて、しかも、普段粗暴なハイドが弱気なジキルを駆り立て、そしてその怪力で沈没を救ったハイドをジキルが褒め称えるところは、なんでか、ウルっときちゃいました。
他のキャラもキチンと見せ場があって(ドリアン・グレイとネモ船長格好よす!)、似たようなごった煮映画で「ヴァン・ヘルシング」があるけれど、あれよりずっと気持ちよい映画になっています。
まぁ、確かに原作アメコミファンには物足りないでしょうね・・・聞くところによると、かなりブラックな内容らしく、例えばショーン・コネリーが演じたクォーターメインはヤク中だし、透明人間はロリ暴行魔・・・そりゃコネリー主演超大作としちゃ映画化は無理ですね。私は原作未読なのが功を奏したようです。
続編は・・・まぁ、全然売れなかったようなので、無理かな^^;
[PR]
by rushiha666 | 2008-07-20 20:13 | 映画感想‐アクション‐

簡易感想:ゲド戦記

悪名高き宮崎駿未タッチのジブリ映画「ゲド戦記」を観ました。
・・・なんとも、なんにもないアニメだった。よくあるファンタジー。
民放深夜枠の、DVDで予算回収を前提にしたそこらへんのアニメの方が観るべきところはあるかな。(ものによるけどね)ま、作画はさすがにジブリだけど、やはりアニメはコンテですねぇ・・・
ともかく、ル・グウィンの「ゲド戦記」がこんな観るべきところのない作映像として消費された・・・というだけで犯罪的愚挙なわけですよ。
いや、私ゲドは未読なんですけどね、それでもゲドの評判は情報としてはインプットされてるんで、この作品を観て『ゲド戦記ってつまんなかったんですね』とはなりませんが、もし、ゲド戦記初体験がこの映画だったら、間違いなく『ゲドつまんねー』になるでしょう。
それを、ちゃんとした演出家が頑張ってダメだったなら、それは仕方ないですよ?ただね、ズブの素人に演出させるという、なんの根拠もない愚挙の結果がコレという、そこが、一番許せない点。
誰かあのプロデューサーを(不適切な発言につき削除)てよ!まったく!
逆説的に宮崎駿の演出力を再確認させる1本です・・・まったく、憤りを禁じえない。いまさらですけどね。
[PR]
by rushiha666 | 2008-07-19 16:50 | アニメ・特撮