カテゴリ:映画雑記( 68 )

第1次無謀映画鑑賞作戦終了

それにしても、さすがにちょっとオーバーワークだろうか・・・
「ホットファズ」感想は1日遅れちゃったしなぁ・・・劇場でヒートアップしすぎて帰宅してから反動にやられたフシもあります。
あと短いのは、まぁ「予備知識ナシで観て欲しい」という気持ち半分、昨日鑑賞した「屋敷女」に気持ちを持っていかれたのが半分ってトコですか。
いやぁ、凄かったです「屋敷女」。感想は後ほど。(早くUPしてアガサさんの感想読みたいなァ)

そんなわけで、無謀な映画鑑賞計画第1弾(仕事10連荘中に映画4本鑑賞計画)、なんとか完遂!ぱちぱちぱち!(自分に拍手)
いやぁ、人間やれば出来るもんですね!
ちなみに、来週にも作戦第2弾発動予定!
・・・いやわかっちゃいるんですけどね、馬鹿なことしてるってのはね?
まぁでも、今は、こう休むまもなく稼動してるのがイイ感じなんですよ。
絶えず耳元で古参軍曹が「GO!GO!GO!」って叫んでる、そんなシチュに身を置きたい、そんなお年頃なんです。

しかし、問題は第2弾の作戦内容なんですよねぇ・・・

なんか「インクレディブル・ハルク」の日本での興行成績が悪いらしく、優先した方が良いような雰囲気。
「ハプニング」もそろそろ規模が縮小されるだろうしなぁ・・・
「ダークナイト」は安泰とはいえ、そうこうしてるうちに「SW:クローンウォーズ」も来ちゃうし・・・
そういや、「ダーク~」と同時期に「仮面ライダーキバ」も始まるのね・・・
あと余力があれば「ポニョ」や「カンフーパンダ」、「ハムナプトラ3」に「ドラゴン・キングダム」も観たい気持ち・・・って、うん、さすがに全部は無理ですな!^^;
そんだけ立て込んでるのに、なんとなく「スカイクロラ」を再見したかったりして・・・さーて、どうなりますか(笑)

あ、そうそう。
「屋敷女」を劇場で観る、という偉業を成し遂げ(いや、そりゃパンフに隠れながらのチキン鑑賞でしたがね!)、ちょっと自信が付いたので、9月には「フロンティア」(最近フランスホラーは気を吐きすぎですね!もっとやれ!)なんぞ観てやろうかと画策しています。
もしそれが実現すれば、ついに私も、聖地(シアター・N・渋谷)デビューとなるわけですが・・・ま、その前に眼前のハードルですな。
[PR]
by rushiha666 | 2008-08-06 14:41 | 映画雑記

人、それを無謀と呼ぶ

ヘーイ!7月下旬からこっち働き詰めで10日まで休みがないるしはですよ!
いつもなら、
「ふいー、疲れたー映画なんか観てらんないっす><」
とか弱音タラタラな私ですが・・・観るぜ!映画観てやんぜ!
もう半分ヤケなのであるが、やはり、アガサさんの聖地巡礼記事のインパクトはデカかった・・・
岡山のヒトが聖地をことごとく制覇する一方で・・・その一箇所にも行った事がない東京在住ホラーマニアって、
「オメェ、ホントにホラー好きなんか?」
と小一時間問い詰められても仕方ない不甲斐なさではないですか。
そして、聖地巡礼者様からありがたい情報もいただき、私は下記のプランを立案するに至った!

8/2 「REC」(ソネマスクエアとうきゅう)19:10~
8/3 「スカイクロラ」(新宿ミラノ1)18:55~
8/4 「インクレディブル・ハルク」(府中TOHOシネマズ)21:00~
8/5 「屋敷女」(シネマライズ渋谷・ライズエックス)19:50~


全て仕事後の鑑賞という強行軍。
「REC」は当初、聖地・シアターN渋谷で鑑賞を目論んだのですが、時間が合わず断念。
おかげで聖地ネタから「映画観まくる」に趣旨もかわっちゃいまして、半分ホラーじゃないですが、まぁイイよね!
あと出来れば「カンフーパンダ」「ハプニング」「攻殻機動隊2.0」も含めたいところですが、6日以降は数日間閉店まで勤務なので、こいつらは中旬以降に隙を見て突貫予定。
あ、そうそう、「仮面ライダーキバ」も忘れちゃいかんね!

まぁシフト的には厳しいのですが、競合店閉店のおかげで鬼のように忙しいのが、スイッチを活動モードに入れたようです。
とはいえ連荘シフトもまだ序盤。果たしてこのプラン、実行なるか・・・乞う御期待。
[PR]
by rushiha666 | 2008-08-02 00:26 | 映画雑記

今、マーベルが熱い

「映画秘宝9月号」に、「アメコミヒーローの魅力教えます!!」という、近頃やたらと目にするようになったアメコミ原作映画の特集が載ってます。
ぶっちゃけ、以下の記事内容はほとんどその特集内に書いてあることなので、まぁ、手近に映画秘宝があるならそっち読んだ方が良いよ!(我ながら実も蓋もないなぁ)

さて、その特集でピンと来たポイントを羅列です。

「インクレディブル・ハルク」
なんと!OPは、往年のTVドラマ版OPの完コピらしいのだ!スゲー!
ハルクはむしろ原作アメコミよりTV版で親しんだ私には涙ちょちょぎれる演出!
しかも、これで冒頭5分からエドワード・ノートン@バナー博士はハルクに変身可能というスピーディーさ!
そして、皆さんは先週のショウビズ・カウントダウンで流れたフッテージを観ましたか?
c0154066_2318564.jpg
ティム・ロス演じる軍人がグレネードランチャー片手にハルクに接近戦を挑む(!!)という驚きの(というか無謀な)シーンなのですが・・・なんと、善戦するティム・ロス!グレネード尽きたら拳銃!そして素手!やべぇ鳥肌立った!かっちょいいよMr.オレンジ!
これはもう絶対に観なければなるまい!嗚呼、神よ!願い叶え給え!(無心論者だけど☆)

「アイアンマン」
ヤクと薬でキャリアを棒にしかけたロバート・ダウニー・Jrが、似たような境遇のトニー・スターク社長を自己投影しまくって演じたら吃驚の大ヒットな「アイアンマン」!
オヤヂ映画としてもうじきyosojiな私には義務とも言える作品だが、なんか劇中にウォー・マシン(2代目アイアンマン)を示唆するシーンまであるらしく、にわかアメコミファンの私は狂喜乱舞なのです。wktk
そういうマニア向け要素とは別に、アメコミの基本路線には忠実に、そして巧く現代化が成されているらしく、そこらへんのシナリオの妙も大ヒットの一因とか。

さて、その「アイアンマン」に我らがサミュエル・L・ジャクソン叔父貴がカメオ出演するらしい。
それも、ニック・フューリー大佐として!
アメコミ好きでなければ「誰それ?」なんでしょうが・・・実はマーベル・コミックの作品は同一世界を舞台にしている、という設定がありまして、コミックでは時々全ヒーロー総登場のまんが祭り的作品がリリースされたり、別々のヒーローがゲスト出演しあったりするわけです。
そして、この世界(マーベル・ユニバース)に、「S.H.I.E.L.D」という世界の平和を守る秘密組織がありまして、そのボスが、件のフューリー大佐というわけです。
その「S.H.I.E.L.D」に参画するヒーローチームに「アヴェンジャーズ」がありまして、そのメンバーが凄いビックネーム。

「キャプテンアメリカ」(映画化予定)
「ソー」(映画化予定)
「アイアンマン」
「ウルヴァリン(Xメン)」
「スパイダーマン」(最近加入)etc・・・


そして、この「アヴェンジャーズ」・・・なんと映画化決定しております!
・・・つまり、フューリー大佐のカメオ出演を皮切りに、以降のマーベル映画は「アヴェンジャーズ」へつながる壮大な前振りが仕組まれているっぽいのです。
よくまぁこんな手の込んだことを・・・と感心していたんですが・・・
マーヴェルって、いつのまにか映画製作スタジオを自社で立ち上げていたんですね!
その名もマーベル・スタジオ
「アイアンマン」が、その第1作目なんだそうです。(日本での公開順序は逆ですが、『インクレディブル・ハルク』はその第2作目)
そりゃ自社製作なら、気の遠くなるような伏線も可能ですよね!
まぁ、ソニーに映画化権を売った「スパイダーマン」は難しいかもしれませんが、「アイアンマン」以降は全て自社製作になるわけで、「アヴェンジャーズ」実現は夢物語どころか、既にダウニーJrやノートンの出演契約に「アヴェンジャーズ」も含まれているかもわからず・・・いやぁ、夢が膨らみます。

それでいて、その伏線は元ネタを知っているマーベルファン以外にはわからなくても充分なさりげないものらしく、つまり単体の映画としての完成度を阻害するものではないようです。(今のところ伝え聞こえてくるかぎりでは)
つまり、新規の顧客は置いてきぼりを食うことなく、「アヴェンジャーズ」完成の暁には、一緒に大喜び出来る仕様らしく・・・

こりゃマーベル映画は1本も見逃せない・・・そんなwktkなるしはでした。
(問題は、店のシフトだなぁ・・・><)
[PR]
by rushiha666 | 2008-07-29 21:58 | 映画雑記

復活のエリック・レッド

c0154066_20324871.jpgZOMBIE手帖様エリック・レッド監督待望の新作「100 FEET」のスチルと、予告編へのリンクが貼ってあったので援護射撃。

「100 Feet 」Promo
http://jp.youtube.com/watch?v=RYXPdwyVprw
(YouTube)

DV夫を殺した妻(ファムケ・ヤンセン)が軟禁状況下(正確には違うが)で夫のゴーストに襲われるお話らしいのですが・・・なーんか、「屋敷女」の予告編思い出しちゃった私。
ファムケさんって、「屋敷女」の加害者と被害者を足して二で割ったような顔してません?
ともかく、予告編見る限りでは面白そうじゃないですか。さて、落差の激しいレッドたんのフィルモグラフィに花を添えることが出来るか、気になりますね。
(花を添えられなかったら、ヤバイんだろうなぁ、レッドたん・・・幽霊ネタだけにオチも心配です^^;)
[PR]
by rushiha666 | 2008-07-15 20:35 | 映画雑記

「Nausicaa of the Valley of the Wind」予告編

c0154066_2365169.jpg
STUDIO GHIBLI待望の新作アニメーション「Nausicaa of the Valley of the Wind」の予告編が、ついに公開されました!!

「Nausicaa of the Valley of the Wind」 FULL TRAILER【字幕有り】
http://www.youtube.com/watch?v=O7CcwDJvT0I
(YouTube)

・・・まぁ、一目瞭然ですがMADです^^;
うすねこさんとこで紹介されていたこの動画(こっちはニコニコのコメント付きだお!)があんまりにも格好良かったので追従してしまいました。
ネタは勿論「風の谷のナウシカ」と、Xbox360のゲーム「エースコンバット6」予告編(↓)。

「ACECOMBAT6」 FULL TRAILER【字幕有り】
http://jp.youtube.com/watch?v=XLSYBDwXeWo
(YouTube)

ナウシカのBGMは本家以外考えられないと思っていたけど、こういうのもいいもんですねぇ。
なんか久しぶりに観たくなってきたなぁナウシカ。やはり飛翔シーンとか被弾描写やら爆発の溜め、巨大感の実在感など、やっぱ凄いなぁ。
あと、「エースコンバット6」もやりたくなってきたな・・・って、よく考えたら買ったっきり封開けてないじゃん俺(汗
[PR]
by rushiha666 | 2008-07-05 03:43 | 映画雑記

この発想はなかったわ

c0154066_1852224.jpgZOMBIE手帳様「SAW5」のポスターが載ってましたが・・・この発想は凄い。
前作のラストを受けて、誰もが「トビン・ベル殺しちゃって大丈夫?」という懸念を抱いたと思うのだけど・・・この手があったか!
実際殺人鬼と仮面とは、その匿名性と怪物性の両立という意味でとても相性が良いものだけど(13金のジェイソンなどはその最たるもの)、まさか、仮面によって一個のキャラクター性を指名すとは・・・この逆転の発想に拍手。
おそらくコレ、ポスターだけだと思うけれど、もし、本編にコレが登場するならそれだけで劇場行きます。
それにしても、ここまで素顔が認知された殺人鬼もないですねぇ。それだけトビン・ベルの存在感が凄かったということかな。
[PR]
by rushiha666 | 2008-06-28 18:17 | 映画雑記

ルヘイン祭りは続く!

サム・ライミ監督が、デニス・ルヘイン最新刊を映画化!
http://feature.movies.jp.msn.com/news/080619/02.htm
(msn:eiga.com)

イーストウッド「ミスティック・リバー」
アフレック「ゴーン・ベイビー・ゴーン(Gone Baby Gone)」(未公開)
スコセッシ「シャッターアイランド」(撮影中)
に、続いて、我らがライミまでもがルヘインを映画化!
しかもまだ刊行前の新作「ザ・ギブン・デイ(The Given Day)」を!

よしよし、これで少なくとも翻訳はされるな!(ホっ
(つうか、我が国のミステリ界はもっとルヘインをプッシュすべきだと思うんだぜ!)
[PR]
by rushiha666 | 2008-06-20 20:26 | 映画雑記

プレデターの父、逝く。

ここ最近訃報が絶えませんね。これも時代の変遷なんかなぁ・・・寂しい。
最近の訃報はマスライのココに詳しく載っています。氷室さんはPONさんのコメントで知ったっけ。野田さんは亀母さんのコメで・・・寂しいな。
そしてここにもう一つ寂しい報せが。

特殊メイク界の重鎮スタン・ウィンストンが逝去
http://feature.movies.jp.msn.com/news/080618/07.htm
(msn:eiga.com)

私にとってはウィンストン師は『プレデターを造形した人物』として崇拝の対象である。
勿論、彼には「ターミネーター」とか「ジュラシック・パーク」とか、もっと輝かしい業績はあるけれど、私が好きな宇宙人ベスト1であるプレデたんを生み出した彼の偉業を忘れてはならない。
そして、何気にウチのヘヴィロテ度No.1ホラー映画である「クライモリ」をプロデュースした人物でもある。
・・・そうか、骨髄腫だったんだ・・・クライモリの特典映像でにこやかに切株(メインストリームの人が造ったにしては実に視覚的に素晴らしい切株です)を語っていた彼はもういないのですね・・・あの時もう患っておられたんでしょうか・・・寂しい。
氏のご冥福をお祈りいたします。

ちなみに彼の最新作は(リンク先によれば)「インディ新作」と「アイアンマン」であるようだ・・・もとより鑑賞予定ではあるが、追悼の意味でも見逃すことは許されないな、俺。
[PR]
by rushiha666 | 2008-06-18 20:41 | 映画雑記

水野晴郎氏、死去

「いやぁ、映画って本当にいいもんですね」の映画評論家・水野晴郎氏が死去!
http://feature.movies.jp.msn.com/news/080611/10.htm
(MSN:eiga.com)

実際、私が最初に触れた報は、アガサさんのつぶやき(Twitter)だったわけですが。
数ある「名解説者」と呼ばれる存在の中で、私が最も親しんでいたのが水野晴郎氏。
何故か、氏が解説した「水曜ロードショー(後の金ロー)」で私のツボ映画が公開される率が高かったからです。(滝田版JAWSとか、あと13金完結編とか、バタリアンとかね・・・その節は大変お世話になりましたkurosuiさん・・・ところで『バタリアン 吹き替え』でググったらあなたTOPでしたよ!)
番組の導入部も印象深かったなぁ・・・(さあ、ふぉんださんちのサイドバーへGO!)

あとですね、実は高校生の頃、近所の大学で催された「水野晴郎講演会」に紛れ込んだことがありまして。
子供心に大変面白かったのを覚えています。
いまでも明確に覚えているのが、「猿の惑星」の2種類の吹き替えの逸話。
なんと、ラストシーンの最後の絶叫(自由の女神像を発見し、ここが未来の地球と悟るシーン)、最初の吹き替えだと「猿が悪いんだ~!」だったそうです。意味、真逆ですがな。
そして2回目の吹き替え版は、無事「人間が悪いんだ~」になったんだそうです。
うん、それまで吹き替えってものを盲目的に信じていた私ですが、この講演で、吹き替えがいかに重要か、知った気がします。

水野晴郎さん、どうか安らかに。
あと、「シベリア超特急」未見でごめんなさい。
[PR]
by rushiha666 | 2008-06-11 20:31 | 映画雑記

攻殻機動隊2.0

押井守の傑作がバージョンアップ!「攻殻機動隊2.0」7月12日公開
http://feature.movies.jp.msn.com/news/080609/02.htm
(msn:eiga.com)

えー、これは知らなかったなぁ。リンク先の画像見る限り、なんか、一見別物なのですが!
アフレコも完全新録らしく、なんでも《人形使い》の声優がクロトワさんからクシャナさんに代わるようで。
オリジナルではそこに婚姻というメタファーがあり、その新郎役の性別が変わることで、また違う印象を見せてくれるんじゃないか、などと過剰に期待する俺。
しかし、コレ観に行くには新宿に出なきゃ駄目っぽいなぁ。困ったなぁ。しかしエヴァのリメイクなどよりなんぼか観たいのだよなぁ。
[PR]
by rushiha666 | 2008-06-09 14:48 | 映画雑記