追記:ゲットスマート

よく見たら主演のスティーブ・カレルについて全然触れてないじゃないですか。馬鹿ですか俺。
マックス(カレル)の「変な方向にズレてるんだけど本質的に有能」というキャラクター性は、可笑しい上にギャグ一辺倒ではない世界観を文字通り体現していて、その役柄を見事にこなしたカレルは凄いなぁ、なんて堅苦しく言うよりも、単に俺の趣味にピッタリの可笑しさ大爆発演技でグゥでした!
あと、ドゥエイン・ジョンソンのファミリーコメディがタイトル忘れたと書きましたが映画秘宝12月号に載ってました。
「ゲームプラン」。10月22日にリリース!ってもう過ぎてるし。これは忘れずディスカスしなければ。
[PR]
by rushiha666 | 2008-10-24 22:48 | 映画感想‐アクション‐
<< ビデマの罠、あるいは購入記録 短評:ゲットスマート(原題:G... >>