短評:ディープ・インパクト(原題:Deep Impact)

この作品を観て毎度物足りなく思うのは、全体的に「キレイすぎる」ところ。
ようするに、パニック映画につきものの、事態を悪い方へ向かわせる(あるいは自滅する)愚か者が皆無だから、です。
パニックから暴徒と化す人々の描写も一応ありますが、それはニュース映像として映されるだけで、主要人物は皆等しく善意の人。
スピルバーグ(エグゼクティブプロデューサー)、ミミ・レダー(監督)には、ドリームワークスの第1作作品「ピースメーカー」の初心を忘れないでほしかったなぁ。



ちなみに、何を指して初心なのかというと、「ピースメーカー」終盤、NYで核テロを目論むテロリストをスコープに捉えた軍の狙撃手が射線上に肩車された幼い少女がいるので「撃てません><」と躊躇するのに対し、主人公(ジョージ・クルーニー)とヒロイン(ニコ^ル・キッドマン)が揃って
「撃て!撃て!!」
と絶叫するクールすぎるシーンに代表される部分。

「ピースメーカー」は他にも、アメリカの介入による民族紛争の悪化により愛する妻と娘を失ったテロリストに対し主人公(ジョージ・クルーニー)が「そんなん知るか」と言い放つ、実にアメリカの(というか国家の)利己的な部分をあからさまに描いていて、反面テロリストの悲嘆も丁寧に描いており、結果的に「アメリカが勝って終わる」わけですが、そんな方向性の「定まってない具合」がなんとも大好きです。
(なんか『ピースメーカー短評』になっちゃったな・・・まあいいか)
[PR]
by rushiha666 | 2008-09-15 15:10 | 映画感想‐SF・ファンタジー‐
<< 短評:ザ・フライ2 二世誕生(... 買ったもの >>