小ネタ色々

私のTwitter見ている奇特な方ならご存知ですが、9月がねー9月がねー><
当初の「休日なっしんぐ」状態はからくも脱出したものの、依然予想される状況は厳しく、9月もなかなか映画が豊作なだけに気が気ではない私です。

まぁ、御託は置いといて、タイトルどおり小ネタを。

ローレンス・フィッシュバーンが「CSI:科学捜査班」主役に決定!
http://feature.movies.jp.msn.com/news/080820/08.htm
(ソース:eiga.com)
いやぁ、決まっちゃいました。
まぁ、グリッソム(ウィリアム・ピーターセン)の引退は決定事項なので、ここはモーフィアス(一応言っておくけどこういう役名というわけではないからねw)のキャラクターと、2話に渡って描かれる主役交代劇に期待するとしますか。
しかし、やはり心配してしまうな。
主役交代後一気に失速した「スピンシティ」を思い出してしまう。(ここらへん前にも書いたっけ)
例えば、「刑事ナッシュ・ブリッジス」で主人公がドン・ジョンソンでなくなったら番組成り立たんと思うんよね。
CSIはスピンオフも多いから主役交代もアリのように思えるけど、紛れも無く作品の「芯」はグリッソムだったわけで、モーフィアスが新しい「芯」になりうるか、フィッシュバーン云々ではなく難しいと思う・・・というのは、ちょっと原理主義がすぎるかなぁ・・・
(新シリーズだったら抵抗感なかったんだけど。ピーターセンがプロデューサーは続投というところに期待します)

「ウォッチメン」の呆れたゴタゴタ
http://feature.movies.jp.msn.com/news/080820/05.htm
(ソース:eiga.com)
まぁ権利がコロコロ移ってるんでわからんではないけれど、訴訟大国アメリカで、まさか大映画会社が「オプション契約に気付かず」に1億ドルも投入して、結果的に見切り発車してしまうとは・・・
まぁ、権利を買い戻して決着だろうけど。モノがデカイ企画(しかもほぼ完成済み)なだけに吃驚です。
とにかく、ザック・スナイダーの新作がみすみすお蔵入りなんてならないことを祈るばかりです。

ある意味エディ・マーフィお手柄?
http://feature.movies.jp.msn.com/news/080815/05.htm
(ソース:eiga.com)
エディ・マーフィーの新作が本国で大コケしたので、日本での年末公開がポシャったというお話。
個人的にエディは「48時間」と「ビバリーヒルズ・コップ」だけでイイと思ってるんで感慨はないけれど、最近の「ドリームガールズ」での演技は良いんでしたっけ?まぁでも認知はちゃんとしようよ?どうせバレるんだから。
それより、そのエディ作品のかわりにキーファー・サザーランド主演のサスペンスアレクサンドル・アジャ監督のホラー「ミラーズ」が公開というのが嬉しい報せ。
だって、つまりメジャー枠ですよね!アジャが!
しかもお正月第1弾ってやつですよね!アジャが!
そんなわけで、年末にはエディに大いに感謝しつつアジャ新作に足を運びましょう♪

しかし・・・ビバリーヒルズコップ4はやめといたほうが・・・ライマングッドすら出ないんじゃないか・・・まぁ、スライのように復活する可能性はなくもないが・・・ねぇ?

その名はケント・クラーク!
(ソース:映画秘宝9月号)
「ダークナイト」冒頭で、やたら格好良く強盗団に立ち向かう(そして涙目な)ウィリアム・フィクトナー。
夜中にしゃっくりが止まらなくなって仕方なくゴロ寝読みしてた映画秘宝のアメコミ映画特集の「ダークナイト」の頁に書いてあった彼の役名が、なんと「ケント・クラーク」!
言うまでも無く、DCを代表するヒーローの中の人のアナグラムなわけで、ようするにDCコミック流のセルフ・パロディだったのですね!
あーもぅ、また再見したくなっちゃったじゃないのさ!><

ジャック・ケッチャム原作の食人族スプラッター『OFFSPRING』のスチール
http://blog.livedoor.jp/zombie_tecyo/archives/862399.html
(ソース:ZOMBIE手帳)
これはまた思い切りの良い切株。(つーかグチャグチャw)
1作目「オフシーズン」を飛び越えての続編「襲撃者の森」映画化ということで、色々気になる部分はありますが、スチール見る限り、ゴア描写に関しては心配なさそうですね。
[PR]
by rushiha666 | 2008-08-21 11:43 | 映画雑記
<< 記事にYoutubeが貼れる... 「はやて×ブレード」が突然集英... >>