ダークナイト

c0154066_1422959.jpgダークナイト(原題:The Dark Knight)

一言で表すなら、必見です。
もう、粗筋とか語るまでもなく、ただ、「観ろ」と薦めたい。そんな感じです。
アメリカでの記録破りな興行成績は、見た後だと納得するしかないですね。
実際私も、もう一度くらい足を運ぼうと思うくらいですから。

なんと、なんと「重い」映画であることか。
ヘヴィです。まさかアメコミ映画にこれほどの重みを感じようとは・・・
そうですね、個人的にどんくらいズッシリきたかというと

「ミスト」以上

と言えば、分かる人にはどんだけ重いか、察していただけるんではないでしょうか。
それにしても・・・こうも重く出来るものかな。(褒め言葉)
前作「バットマン ビギンズ」は、どちらかというとアトラクション・ムービー的で、個人的には(元々バットマンにはそれほど思い入れがないので)、「どうでもいい映画」の1本であったのだけど・・・コレ、同じ監督作とはとうてい思えないです。
それほど作品の印象が別人。
あえてシリーズタイトル変えるだけの事はありますね。

そして、とにかく、怖い
私が今まで観たどんなホラー映画より、怖かったんです。
旧シリーズでジャック・ニコルソンが演じたジョーカーは、どっちかというと「滑稽」なキャラでしたが、本作でヒース・レジャーが演じたジョーカーは・・・怖い。ひたすら怖い。
言葉の通じない、理解不能の人間の恐怖を全身で体現してるんですよ。
だから、次に何が起こるか、本当に読めない。
これはアメコミ映画なんだ、エンタテインメントなんだといくら言い聞かせても、体から緊張がとれない。一瞬たりとも息が抜けない。
その緊張が、2時間以上も緩むことがないんです。
そして、ジョーカーによってもたらされる、あまりに理不尽かつヒロー映画にあるまじき仮借ない展開。

「前作を抜いた」という表現は外れてはいないが、正鵠を射てはいないですね。
ある意味、これこそが新たな「ビギンズ」と言えるんじゃないでしょうか。
「~ビギンズ」を経て、クリストファー・ノーランはとうとうバットマンのベストな方向性を探り当てたんでしょう。

そんなわけで、この映画だけは絶対に観ておくこと。
他の何を見逃してもいいから、絶対にこれだけは観ておいてください。
仮にも映画好きを自認するなら、これを見逃すのは自己否定に等しいですよ。
前作が未見?アメコミに興味がない?バットマンよく知らない?
大丈夫。つべこべ言わずに劇場にいってらっしゃい。

さて・・・次はいつ観にいこうかなァ。
それにつけても、ヒーズ・レジャーの演技の鬼気迫ることといったら!
正直、観る前は「ニコルソン超えは無理だろうな」と思っていました・・・御免なさい。
あなたのジョーカーは最高です。
この名優の新しい演技を、もう観ることが出来ないなんて・・・ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by rushiha666 | 2008-08-11 01:43 | 映画感想‐アクション‐
<< インクレディブル・ハルク ハプニング >>