宇宙狩猟民族の訪問(また購入記録で・・・)

c0154066_2323593.jpgそんなわけで我が家の新しい家族☆プレデたん(2作目Ver)
見辛いですが、突き出した手には脊髄付の頭蓋骨がみぎられてます。
しかし、よくよく見ると右手のスピアの先端は折れ、クローは2本とも折れています。
まぁ、500円のジャンク品(なんとかOFFで買いました♪)なので問題ないですが。
一応アメリカの玩具みたいです。頭は触るとグラグラグラ~と揺れる仕様。
猫のアタックを受けねばよいが・・・まぁ、結構ガッシリとした作りで重量もあるし、大丈夫でしょう。(さすが舶来玩具)
それにしても、やはり素晴らしい造形だ、プレデターは・・・「AVP2」で泥を塗られた形になったけど、プレデたんには罪は無い。故ウィンストン師、GJ!まったくGJだよ!
(あと出来れば『AVP』の空気読めるルーキーも欲しいところ。勿論素顔Verで!)

他にも古本屋でチマチマと購入。

・R・L・スティーブンスン「ジーキル博士とハイド氏」(新潮文庫)
・オスカー・ワイルド「ドリアン・グレイの肖像」(新潮文庫)
・ジュール・ヴェルヌ「海底二万里」(集英社文庫)
・ジェイムズ・バイロン・ハギンズ「凶獣リヴァイアサン(上・下)」(創元SF文庫)


実に分かりやすいチョイスだなぁ。なんの映画が原因かバレバレもいいとこですね^^;
あ、4つ目は違います、勿論。刊行時からちょっと気になっていたんですよね、この怪獣SF。
あと、ホントは創元の「二剣士」シリーズの集め損ねがあったら買おうかと思ってたんだけど、ありませんでした。
仕方ない、自分とこで買うかな・・・
何故、収集中断してたこのシリーズを買うのかというと、最近創元の営業サンから『コナンの復刊シリーズは途中で刊行中止になりました』という、悲しい報せを聞いたもので・・・
いや・・・ホント、コナンの今回の復刊は楽しみにしてたんだ・・・何しろ日本初の、ハワード以外のアレンジが入ってない、正真正銘の全集でしたからね・・・(今までの作品は後年の作家のアレンジが入ってるものや、ハワードがノータッチなのにハワード名義だったりとかが多かったのです)
そんなわけで、「二剣士」は版のあるうちに買っておこう、と思った次第・・・
早川と創元で平行復刊中のムアコックもなー、どうしようかなぁ。
[PR]
by rushiha666 | 2008-07-26 23:29 | 日記・雑記
<< 簡易感想:北海ハイジャック 購入記録でお茶を濁す >>