購入記録でお茶を濁す

①寺島令子「墜落日誌 社会見学編」(エンターブレイン)
②篠房六郎「百舌谷さん逆上する①」(講談社)
③飯田馬之介「機動戦士ガンダム第08MS小隊U.C.0079+α③」(角川書店)
④GAME UNION Vol.1(三才ブックス)
⑤J・K・ローリング「ハリー・ポッターと死の秘宝」(静山社)


所定人数が2人ばかり足りないところにハリポタ発売、そこにまさかの競合店撤退で売上が倍近く跳ね上がりテンチョー的には嬉しいが肉体的には俺涙目><
まぁ、もっと大変なこともあったのだが、しかし、それについて語ると私の正体を半分ネットに晒すことになるので語れないわけだ。
(その件についてはお友達ブログ様がお二人ほど取り上げてらっしゃる・・・とだけ言っておこう)
そんなわけで粛々と頑張る所存ですが、この店状況で8月を乗り切れるだろうか・・・(8月は今月が天国に思えるほどの酷いシフトなのー♪)・・・ともかく、体調には気をつけねばなぁ。
ちょっと前に熱中症くらったが、現状に突入する前に治ってよかった・・・皆さんもお気をつけください。暑い暑い。

さて、購入物の雑感は追記で。




①いやっほう6年ぶり(!!)の新刊です!やっぱ俺にとってネトゲプレイ日記といえばこの人!
今回特に嬉しいのが、今は亡き「エバークエスト日本語版」のクライアントに付いていた小冊子収録の漫画「蛮人ノーラス」が収録されていること!
当時金銭難で買えなくて、涙を呑んだんですよね・・・嗚呼、嬉しい♪

wataruさんの記事で「げ!コミック出てたんか!」と書店員のくせに吃驚して慌てて購入したブツ。
それにしてもこの作家は画力とギャグセンスに優れながら、見辛いコマ割りと、最近の連作「空談師」「ナツノクモ」では主題をネットゲームに、その裏テーマに難解でかつ重いテーマ『人間の関係性』を選び(まぁネットゲーム=関係性なので正しいチョイスなのだが)、結果娯楽作品としてはイマイチしゃっきりとはしなかったのですが(でも私は大好きですけどね!ネトゲ好きは一度読めばいいと思うよ!)・・・
前作、前々作ではバラけていた要素の本作での神がかったまとまりようはどうだろう!うん、この人は確実に経験を蓄積し昇華しているよね!
それにしても、この人はリアルなカッチリとした絵柄なのにもかかわらず、「萌え」も表現できるところがレアだなぁ、と思う。
これでもうちょいコマ割りが見やすければ、メジャーになれるのになぁw

③本業がアニメ監督なので絵はぶっちゃけ下手なのですが、私は安彦氏のオリジンより、こっちが好き。(確実に少数派です)

④日本発の洋ゲー雑誌。
ムック扱いなので続刊は売上次第でしょう。ウチでは即日完売。
まぁ、ウチはファミ通本誌よりファミ通Xbox360の方が売れる店なので、元より洋ゲーに親しんでいるお客さんが多いからだろうな。
しかし、普段洋ゲー情報などをネットで漁ってる人間から見ると、突っ込みが浅く物足りない。洋ゲーデビューし立てのビギナーには良いかも?なんいしろ2号意向の方向性が気になります。

⑤読むのは映画観た後って決めてるので・・・2年後かな?^^;
[PR]
by rushiha666 | 2008-07-26 11:43 | 日記・雑記
<< 宇宙狩猟民族の訪問(また購入記... 簡易感想:サウンド・オブ・サンダー >>