簡易感想:北海ハイジャック

「北海ハイジャック」(原題:FFOLKES)はなんでか好きなんだよなぁ。ロジャー・ムーアーはボンドより断然フォルクスだと思うんですが、私だけ?
変質的な猫好きで鼻持ちならない自信家で徹底的な女嫌いのフォルクスのキャラクターは、なかなかオリジナリティがあると思うんですが。
吹替えは勿論広川太一郎!
敵役のテロリストのボスはアンソニー・パーキンスが神経質に演じていて、これまた印象深い。
その吹替えは野沢那智。ここらへん吹替えの豪華さも好きな点ですかね。
[PR]
by rushiha666 | 2008-07-27 19:11 | 映画感想‐アクション‐
<< 今、マーベルが熱い 宇宙狩猟民族の訪問(また購入記... >>