簡易感想:ゲド戦記

悪名高き宮崎駿未タッチのジブリ映画「ゲド戦記」を観ました。
・・・なんとも、なんにもないアニメだった。よくあるファンタジー。
民放深夜枠の、DVDで予算回収を前提にしたそこらへんのアニメの方が観るべきところはあるかな。(ものによるけどね)ま、作画はさすがにジブリだけど、やはりアニメはコンテですねぇ・・・
ともかく、ル・グウィンの「ゲド戦記」がこんな観るべきところのない作映像として消費された・・・というだけで犯罪的愚挙なわけですよ。
いや、私ゲドは未読なんですけどね、それでもゲドの評判は情報としてはインプットされてるんで、この作品を観て『ゲド戦記ってつまんなかったんですね』とはなりませんが、もし、ゲド戦記初体験がこの映画だったら、間違いなく『ゲドつまんねー』になるでしょう。
それを、ちゃんとした演出家が頑張ってダメだったなら、それは仕方ないですよ?ただね、ズブの素人に演出させるという、なんの根拠もない愚挙の結果がコレという、そこが、一番許せない点。
誰かあのプロデューサーを(不適切な発言につき削除)てよ!まったく!
逆説的に宮崎駿の演出力を再確認させる1本です・・・まったく、憤りを禁じえない。いまさらですけどね。
[PR]
by rushiha666 | 2008-07-19 16:50 | アニメ・特撮
<< 簡易感想:リーグ・オブ・レジェ... 簡易感想:ハルク >>