ケッチャム中編集、タイトル決定

公休中です。いくらでも眠れます。イイカゲンお腹がすいてきました・・・アガサさんのバス男感想の画像におなかが反応してなりません。ぐー。

扶桑社海外文庫 7月のラインナップhttp://www.fusosha.co.jp/mysteryblog/2008/07/7.html
(扶桑社海外文庫・編集部通信)

ジャック・ケッチャム『閉店時間 ケッチャム中篇集』金子浩/訳
(ブラム・ストーカー賞受賞の表題作をはじめ、鬼才の精髄を伝える全4本を収録)

発売日は7月30日です。生きる糧がまた一つ。俺、頑張るよ(何

ところで、ZOMBIE手帖様で報じられた(のをkurosuiさんや高槻たんに指摘していただいた)「襲撃者の夜」の映画化ですが・・・なんで「オフシーズン」をすっとばして襲撃者なのかが謎ですね・・・
まぁ、若干『救い』を増やした「隣の家の少女」(日本未公開)の監督らしいので、前作より救いのある「襲撃者」をチョイスしたのかなぁ・・・しかし、前作なしには機能しない部分も多いし、あと、既知外一家ネタだと「ヒルハブ」シリーズや「クライモリ」シリーズなど、傑作・良作が犇いているだけに、若干の不安がないではない。
そろそろ「黒い夏」(日本未公開)のDVD買おうかなぁ・・・
[PR]
by rushiha666 | 2008-07-18 16:04 | 小説
<< 簡易感想:ハルク 復活のエリック・レッド >>