水野晴郎氏、死去

「いやぁ、映画って本当にいいもんですね」の映画評論家・水野晴郎氏が死去!
http://feature.movies.jp.msn.com/news/080611/10.htm
(MSN:eiga.com)

実際、私が最初に触れた報は、アガサさんのつぶやき(Twitter)だったわけですが。
数ある「名解説者」と呼ばれる存在の中で、私が最も親しんでいたのが水野晴郎氏。
何故か、氏が解説した「水曜ロードショー(後の金ロー)」で私のツボ映画が公開される率が高かったからです。(滝田版JAWSとか、あと13金完結編とか、バタリアンとかね・・・その節は大変お世話になりましたkurosuiさん・・・ところで『バタリアン 吹き替え』でググったらあなたTOPでしたよ!)
番組の導入部も印象深かったなぁ・・・(さあ、ふぉんださんちのサイドバーへGO!)

あとですね、実は高校生の頃、近所の大学で催された「水野晴郎講演会」に紛れ込んだことがありまして。
子供心に大変面白かったのを覚えています。
いまでも明確に覚えているのが、「猿の惑星」の2種類の吹き替えの逸話。
なんと、ラストシーンの最後の絶叫(自由の女神像を発見し、ここが未来の地球と悟るシーン)、最初の吹き替えだと「猿が悪いんだ~!」だったそうです。意味、真逆ですがな。
そして2回目の吹き替え版は、無事「人間が悪いんだ~」になったんだそうです。
うん、それまで吹き替えってものを盲目的に信じていた私ですが、この講演で、吹き替えがいかに重要か、知った気がします。

水野晴郎さん、どうか安らかに。
あと、「シベリア超特急」未見でごめんなさい。
[PR]
by rushiha666 | 2008-06-11 20:31 | 映画雑記
<< 「ここはグリーン・ウッド」ドラマ化 7月の購入予定(書籍編) >>