ギャラクティカ【起:Season1】序章

c0154066_205313100.jpg
c0154066_2113491.jpg一言で言うと、凄かった
そりゃ『ドラマが凄い』という前評判は聞いていたし、だからこそディスカスしたわけだけど…まさかここまで呵責ない話だったとは…
この「バトルスター・ギャラクティカ」(原題:Battlestar Galactica)は、スターウォーズの影響下に作られた(わりにジミな)往年の海外製TVドラマ「宇宙空母ギャラクチカ」のリメイク
ジャンル的には所謂「宇宙戦艦モノ」だけれども、このリメイク版はこのジャンルのマニアだけに独占させておくのは勿体無いです。

瞬時に人類が絶滅寸前に追い詰められる前提からして救いがないわけだけれど(しかもなんとかファーストアタックを生き延びた艦船の大半は民間の輸送船で、軍艦はギャラクティカのみ!)さらにその状況の細部を、所謂「汚い部分」も正面から描いているとこが凄い。
例えば。
サイロンの追撃(ちなみに核攻撃)を食らい、それ以上の延焼を防ぐためまだ80名近いクルーのいる被弾区画を閉鎖・減圧する非情な命令を下すシーンは『宇宙戦艦モノ』のお約束と軽く流すことも出来るけれど、続く不時着した哨戒艇が重量の関係で避難民を全員乗せられず、やむなく無理やり乗ろうとした民間人をパイロットが射殺するシーン(なんと流血描写アリ)、そして極めつけは、後半、サイロンの急襲を察知し、難民船団がジャンプ推進を備えていない半数の船を見捨てざるを得ないシーン。
その苦渋の決断を下さなければならないのが、作中で最も人道的な人物であるのも凹むポイント。
そして見捨てられた半数の船団は、入れ違いに飛来したサイロン部隊の核攻撃で消滅する…
(上の画像は消滅寸前の見捨てられたある船の中のひとコマ><)

そんな悲観的な状況下で、だからこそ頑張る人々の姿が一層輝くわけだけど、それにしても、人物描写が巧い。
この3時間(!)あるパイロット版(局にシリーズのGOサインを出してもらうためのプレゼンを兼ねた第1話)では、サイロンの急襲で一夜にして人類存亡の危機(誇張ではなく)に瀕する様と、主要人物の紹介が同時進行するのだけど、上手いんだこれが。
予算の都合もあろうがサイロンによる人類の12の居住惑星への一斉核攻撃の様子はビジュアル的にはほとんど描かれず、主にバトルスター(空母。造語らしい)《ギャラクティカ》に搭乗し宇宙空間にいたため難を逃れた主要人物には、混乱し錯綜した『情報』としてしか状況が把握できない。(これはもう、《9.11以後》だからこそ作りえたドラマですよね)
とんでもないカタストロフを、その状況に晒された人間のリアクションで描写してるわけで、序盤の平和的ムード(なんとギャラクティカは退役して博物館になる式典の準備中w)と合わせ、キャラクターの描き込みはバッチリです。

なんかねー。
もう、みんな大好きだよ。
アダマ艦長はじめ《ギャラクティカ》クルーは勿論、諸悪の根源バルター博士ですら好ましく感じるんだ。
いや~、いいよ~、バルター博士!このあまりに利己的で小心でしかもそれを自覚しないばかりか天性の責任転嫁の達人が俺は大好きですよ。
いやもう、ホントサイッテーな人物なのだが、ダン・シモンズ作「殺戮のチェスゲーム」のトニー・ハロッドや、「エデンの炎」のバイロン・トランボに通ずるものがある、と言えば(一部の人にw)わかっていただけるんじゃないかと。
絶対お近づきにはなりたくないけど、小憎らしいくらいに魅力的な人物、それがガイアス・バルター。
c0154066_20535769.jpg
「僕ちゃん死にたくないの」(注:自業自得な上にその後生き残りやがります)

しかし、自己保身のためスパイ疑惑をかけた人間がマジでスパイだったりと、やっぱ天才には違いないんでしょうねぇ。現在彼はギャラクティカはテクノロジー部門の責任者ですよ。うっわ、不安^^;

ロズリン大統領もいかにも「正論」な人物なのかな~作品の良心ですか~と、思っていたら、上記の決断を下しますからね。
画像の少女が「おうちにかえってパパと美味しいものたべるのー」と無邪気に話す少女に微笑を向け「大丈夫、約束するわ」と言った直後なだけに、一人シートで祈るように身体を折る大統領の姿には思わず目から液体が・・・しかもこの大統領、さっきまで単なる文部大臣だったんですよね。
サイロンの一斉攻撃で大統領はじめ、他の閣僚が全滅してしまったのです。しかも、末期癌。
頑張れ、大統領!><(でもまだ私は艦長派だけどねw)

とりあえず補給を済まし、からくもサイロンの急襲を逃れたギャラクティカは、しかし先行きはお先真っ暗です。内部にも様々な不安要素・火種を抱えた状態で・・・うーわ、先が気になりますわぁ。これはさっさと返却して続きを観なければ。

c0154066_2185693.jpg
そうそう、ジャンルのファンのために書いておきますが、本作の特撮(戦闘シーン)は「スターウォーズ」よりも「スタートレック」のノリに近いです。
ちなみに、上の画像は序盤にしか出てこない新鋭機。イキナリ全滅になります(笑)
以降、ギャラクティカでは博物館に収納予定だった前世代機で防戦するわけですが、それはオリジナルシリーズの機体デザインを再現しているそうです。なるほどなぁ。
[PR]
by rushiha666 | 2008-06-08 21:13 | 海外ドラマ
<< 秋葉原通り魔事件 iPhoneはソフトバンクから発売 >>