今度のシャマランはどうなのかな?

「ハプニング」予告編
http://jp.youtube.com/watch?v=5oceYKBAHtg&feature=related
(YouTube)

先日「ミスト」を観た際に気になった予告編がコレ。
劇場で観た時は、人が突然バタリと倒れて死ぬ怪現象に生物兵器テロを危惧した人々がパニックに陥る話・・・だと思ったんですが・・・
あらためて予告編を見直してみると(もしかしたら違うバージョンかもしれませんが)、もしかして、自殺したり、あるいは他人を襲ったりしている?
えーっと・・・「セル」ってイーライ兄貴が映画化するんじゃなかったっけ?^^;

まぁ冗談はともかく興味を惹かれるネタではあります。
「セル」は(作品全体は腑に落ちない内容でしたが)その携帯狂人現象は楽しかったですし、古くはショーン・ハトスン「シャドウズ」(ハヤカワ文庫NV絶版><)によるロンドン集団発狂(殺人電波でロンドン中の人間が無差別に殺しあう!)、漫画でいうなら、やまむらはじめ「カムナガラ」(少年画報社)における東京大狂気(まつろわぬ民の封印された負の怨念で、東京のほとんどの人間が短時間だが発狂。無差別暴力と殺人に走る!)とか、大好物なんですよねぇ・・・

問題は、監督が問題児M・ナイト・シャマランという点。
私はシャマラン作品は「シックスセンス」しか観ていないので、世間の評判以上に彼の実態は知らないんですが・・・さすがに悪名高い「レディ・イン・ザ・ウォーター」の話とか聞くと『この人大丈夫か?』とか思いますよね。ディズニーにも三行半突きつけられてるし。
まぁ噂云々抜きにしても、唯一観た「シックスセンス」自体、冒頭5分でオチがわかっちゃって楽しめなかったんだよなぁ・・・

う~ん、どうしようかな、「ハプニング」・・・
[PR]
by rushiha666 | 2008-05-20 12:11 | 映画雑記
<< 濃霧の中心で「必見だ!><」を叫ぶ 補足:「ミスト」感想~アガサさん偉い >>