芍薬甘草湯を求めて

以前の記事で触れた後もあいかわらずいつこむらがえっても不思議じゃない状態が続いていて、おちおち背伸びも出来ません。
そんなわけで奈良の亀母さんに教えていただいた漢方薬「芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)」を求めて薬局へ!
まずは、職場から最寄の、いかにも「近所の薬屋さん」的な店舗へ。

るしは「芍薬甘草湯という漢方薬はありますか?」
店員A「・・・ただの甘草湯ならあるんですが・・・」

ちなみにただの甘草湯は風邪だか咳だかに効く漢方薬です。う~む、まぁちっちゃい店だしね。というっわけで、お次はちょっと離れたとこにある、「薬局」というよりは「ドラッグストアー」って感じのチェーン店へ。

るしは「芍薬甘草湯という漢方薬はありますか?」
店員B「・・・ただの甘草湯ならあるんですが・・・」
えー。

と、いうわけで、芍薬甘草湯ゲットならず><
ん~そんなにメジャーな薬じゃないのかもしれませんね。一応ツムラやカネボウから市販されているようなので、もうちょい漢方系が充実している店舗を探してみますか。

そうそう、二つ目の店舗で店長さんは漢方の小冊子のようなものと首っ引きで確認してくれたんですが、いやーいっぱい種類がありますね。
葛根湯(カッコントウ)とか気になるなぁ。肩こりに効くんですって!どのくらい効果があるのだろうか・・・
それにしても、あの小冊子欲しかったなぁ(笑)
[PR]
by rushiha666 | 2008-05-03 11:25 | 日記・雑記
<< 今度こそ北村龍平を信じてもいい... お☆し☆ら☆せ >>