[28週後・・・](2)クローバーフィールドの耐性テストに最適

「クローバーフィールド」で乗り物酔い観客が続出!全米公開館に警告文
http://feature.movies.jp.msn.com/news/080125/02.htm
(ソース:eiga.comニュース&噂)

全編が登場人物の手持ちカメラで撮影された、という設定の怪獣映画で、かな~りクるようです。
さて、そんなあなたが「あたし、大丈夫かしら?」と不安に思うなら、「28週後・・・」の出番です。
「28週後・・・」も、レイジ感染者襲撃シーンなどで部分的に手持ちカメラのブレ的な演出を採用しており、おそらく「クローバーフィールド」ほどではないものの、ちょっとした適性検査にはなると思います。
もし、「28週後・・・」で酔ってしまったら、(実際、一緒に観た友人は気持ち悪くなってしまいました)「クローバーフィールド/HAKAISHA」の劇場鑑賞は自殺行為と思われます^^;

それにしても、あの手ブレ演出はかなりゴア度を緩和してくれてますね。
確かに目は疲れますが、おかげで人間同士の原始的な殺し合いの絵を克明に描くのを巧妙に回避していたように思います。
勿論、あらゆるゴア描写が回避されてるわけではなくて、要所要所ではキッチリ描写してくれますけどね!ゴアゴアとw

う~ん、時間がなくて(&眠くて頭回らなくて)お茶濁しっぽい記事になってしまった・・・反省orz
次の「28週間後・・・」感想では、ちゃんと「カニバリズム」について書こう。うん。

あと、再来週の木曜洋画劇場でやる「ワールド・イズ・ノット・イナフ」は、ロバート・カーライル目当てで観よう。うん。
[PR]
by rushiha666 | 2008-02-07 22:31 | 映画感想‐ホラー‐
<< 苦渋の決断 ライラの冒険 黄金の羅針盤 >>