さらに愚痴愚痴AVP2

うーむ、治まらん。



もっとプレデターいっぱい出してほしかったよ。
冒頭の墜落シーンも、プレデリアンや脱走したエイリアンを倒し、貴重な狩場(地球)への汚染を懸命に防ごうとするプレデター達の様子とかね、描いてほしかった!
当然クリーナーも一人じゃなくてさ、部隊で送ってほしかったな。
で、それぞれ特殊部隊モノのテイストでキャラが立っててさ、装備も各自違ったりしたら燃えるよね!
(今回の葉装備の見せびらかし方も下手なんだよね)
んで、カナカナカナカナとか、ウグゥオーとか台詞に「字幕」が入ると良かった。キャラ立ての一環として。
人間なんかは無用な半端ドラマなんて入れるくらいなら、あくまで「保護すべき狩場の生態系」というプレデター視点の描写でいいじゃん。
そして、敵役プレデリアンももうちょいキャラ立てがほしかった。
やっぱしゃべってほしかったな。
(安易なキャラ立てる方だとは思うけど)
で、ラストの一騎打ちはさ・・・もっとケレン味を!見得切ってキメ台詞を!
いっそ後ろで鳩を飛ばす勢いで!

と、ここまで書いたところで、上記の不満要素をほとんどクリアしている映画があるのに思い至りました。そう!

「トランスフォーマー」

異星人同士の戦いがメインであるものの、人間側もうまくドラマにとりこみ軍までからめ、それら全てをきちんと融合させ昇華しているシナリオは凄い。
オートボット→プレデター
ディセプティコン→プレデリアンとエイリアン
って感じにして、人間も「トランスフォーマー」並に上手くドラマに組み込んでくれれば傑作になったのに・・・
って、それじゃぁモロ「トランスフォーマー」の二番煎じですが・・・

それでもAVP2よりイイじゃん。
[PR]
by rushiha666 | 2007-12-30 15:21 | 映画雑記
<< コードギアス 反逆のルルーシュ [ナショナル・トレジャー]短評 >>