AVP2 エイリアンズ VS.プレデター

c0154066_13535.jpg
AVP2 エイリアンズ VS.プレデター(原題:Aliens VS. Predator-Requiem)

・・・つまんなかった・・・orz

記念すべき本年最後の劇場鑑賞作品だったのになぁ・・・(涙)
以下、追記で愚痴愚痴と・・・(ネタバレあり




嗚呼、結構落胆している自分を感じる。期待、してたんだなぁ・・・
とりあえず箇条書きでいてみる。

まず、冒頭墜落するプレデター宇宙船。
前作ではかなり大きく、乗員も多く描かれていたが、本作の船内描写はなんかやたら狭く、まるで乗組員は2名しかいないかのよう。
しかも肩のプラズマキャノン船内で数発撃っただけで墜落した・・・ようにしか見えない。

そして、今回の主役プレデター〈ザ・クリーナー〉
前作のプレデターは新人なので、前半はバタバタと雑魚エイリアンにやられたりしたのですが、今回の彼はエイリアンによる狩場(地球)汚染を察知し、その対処に乗り出すベテランという設定。ところが。

コイツがあんま有能じゃないのがなァ・・・

エイリアンの痕跡を探すのに没頭していたら田舎の警官に至近距離まで接近を許すって・・・ええと・・・ベテランじゃなかったんですか!?
ケレン味のない演出とあいまって、彼が「活躍した」という印象は、微塵も残りません。

地球人側の登場人物の描写もかなりオザナリ。
ヒロインの一人かと思った少女の死に様は、まるで「事故」みたいです。
そこに、意外性からくる盛り上がりもなし。
一番酷いのは、ヒロインである、たまたま帰宅していた妻(軍人)。
軍への単身赴任的な勤務のため、娘と折り合いが悪く(娘は父親になついている)そこにエイリアンの襲撃で夫は死に、彼女は娘の手をとって混乱の町に逃げ出すわけですが・・・

その後、母と娘のドラマはナシ・・・

つーか、別に娘いらなかったでしょ、コレ。
だって、娘さんがピンチになるシチュエーションであるとか、逆に危機を娘が救うとか、そういうベタなシチュすらなく、勿論、ヒロインの母性の発揮とか、母娘関係の修復であるとか、あるいは逆にそれもままならない悲劇であるとか・・・なーんもなし。
娘は、単に悲鳴でエイリアンの接近を報せる感知器的な役回りです。
何事もなく主人公一行についてきて、何事もなく助かります・・・なにそれ?

そもそも、母が軍の嘘(救出ではなく、核で消毒・・・最近多いなコレ)を見抜き、病院にあるヘリで独自脱出を目指すのは(よくある展開だが)まぁいいとして・・・

普通、ヘリの発進まで、何段階かピンチがありはしないですか?
「エンジンがかからない!」とか「障害物で離陸が!」とか。
それが・・・なんもなく、スルっと脱出・・・

エイリアンによる汚染を察知し核での焼却を図る米軍の動きも変。
州兵の全滅→州兵の撮ったライブ映像に変な生物映ってる→核発射・・・
たかだか州兵1部隊(小隊規模)が全滅しただけで核って・・・orz

そして、プレデターから生まれた新種エイリアン〈プレデリアン〉
こいつのやることなすこと全てが不快極まりない。
冒頭の「幼い少年の胸からチェストバスター」はまだいいとして、問題は中盤以降にあるプレデリアンの産卵方法。
プレデターってのは単性生殖なんですかねぇ。
プレデリアンは従来の卵→フェイスハガー寄生→チェストバスターという工程は必要なく、なんとマウス・トゥ・マウスで直接幼生を人間の喉に流し込みます。
(効率UPしたのか、一挙に数個飲み込ませます)
よりによって産婦人科の入院病棟で・・・その後病棟の妊婦全滅。
無数のチェストバスター(もはやチェストではない)がおなかを突き破るシーンは正直気持ちの良いものではなかったな・・・

そんなわけで・・・
せっかく、人間社会がエイリアンに侵食されるという(映画では)初のワクワクシチュなのにもかかわらず、そこにあったのは、「エイリアン2」からあらゆる盛り上がりドラマを排した平坦な展開があるのみ。

何の捻りもなく、カタルシスもなく、単に不快なだけの映画でした。

やっぱりね、前作のプレデターは、とても空気を読める奴だったのが良かったと思うのね。
勇敢なヒロインを認めて協力するあたりとかね。
また、プレデターは狩猟民族なので、妊娠中の生物は絶対殺さないというルールがあります。
前述の妊婦虐殺シーンは、勿論劇中のプレデターの与り知らぬ場面でのシーンではあるものの、なんか、プレデターという種族の「誇り高さ」みたいなものを汚されたようで、私はなんとも面白くなかったのです。

あと、やっぱり前作のヒロインは凍死確定です。なんだかなぁ・・・
最後のオチもね・・・前作でウェイランドが出てきてるんだから、いまさらユタニじゃオチにもなんないっての。
最後の最後で、今年最大のハズレを引いてしまいました・・・

コレに比べたら「バイオハザードⅢ」は傑作ですよ。
コレに比べたら「バイオハザードⅡ」だって傑作です。いやマジで。
興味がおありでも、劇場に足を運ぶのはオススメしません。半額デーにレンタルで充分です。
[PR]
by rushiha666 | 2007-12-30 01:13 | 映画感想‐SF・ファンタジー‐
<< 「ジャンパー」が面白そうな件 [セル]携帯ゾンビ感想(5) >>