[セル]携帯ゾンビ感想(3)

c0154066_2025773.jpgやっとこさ下巻突入しました!
そんなわけで第3章「ガイテン・アカデミー」感想です。

「モールデン」の感想で
「セル」は「ゾンビ」か?
それとも「アイ・アム・レジェンド」か?
というようなことを書いたけれど・・・

この章での《携帯狂人》のイメージは、ゾンビでも吸血鬼でも勿論ダークシーカーズでもなく、むしろ私が感じた印象は「盗まれた街」。
(厳密には全然違うけどね。あくまで私の印象)
あるいは、「スタートレック」のボーグ集合体。
第1章の「28週間後・・・」のレイジのイメージは完全に払拭されました。

そして、クレイ達のサバイバルより、すでに私の関心はフォーマットされたハードディスクに書き込まれたプログラムにあります。
(↑既読者にしかわからないバレ配慮w)
そういう書き方(誘導)を、キングはしていると思うのね・・・
この小説・・・モロSFでないかい?

いやはや、他の方の感想が気になるのう・・・
さて、次は4章「薔薇が萎れて、この庭はもうだめ」
実は、帰りの新幹線で読み終えてたりしまして、ついでに感想も新幹線内で仕込んでしまったので、間を置かずにUPします。
[PR]
by rushiha666 | 2007-12-24 11:42 | 小説
<< [セル]携帯ゾンビ感想(4) 鳥肌が立つ仮面ライダー >>