最近の購入小説

①ステファニー・メイヤー「トワイライト(上・下)」(文庫版:ヴィレッジブックス)
②ブラッドベリ、スタージョン他「地球の静止する日」(創元SF文庫)
③アリスン・ブレナン「唇...塞がれて(上・下)」(ゴマ文庫)


①アメリカでティーン向けホラー映画「トワイライト~初恋」が大ヒット(ハリポタのセドリックが今やおにゃのこに大人気とか)と聞いて、「そういや文庫が出ていたなぁ」、と買ってみました。
ちなみにこの文庫上下巻はかつてノベルズ形式で出版された1~3巻をまとめたもので、文庫での続刊は今のところなし。
映画にあわせてリリースするかな?

②は、なんとなく映画版との比較がしたくて。なんか全然違うらしいですね。
で、この文庫は「マイナなSF映画の原作集めてみた」という主題のアンソロなので、他にも「ミミック」、「性本能と原爆戦」なんかの原作も入っています。

③なんとなく職場で目を通してみたら、結構イイ感じ。
私の大好きな「コピーキャット」にノリが似ている。
匿名でセックス・ブログを公開してた女学生が殺される、というセンセーショナルな内容なんですが、女性作家なのでした。

で、今「唇~」を読んでいます。
表紙がなんとなく、女性向けロマンス小説臭かったのでなんとなく予感はしていましたが、始まりましたよ、ロマンスがw
それにしても、こういうハーレクイン系のヒロインのヒーローに対する第一印象って、なんで
「なんてセクシーなの」
なんだろう?なんか、いつもこうな気がするのは気のせい?
いやまて、ロマンス小説なんてほとんど読んでないのになんで「いつも」とか思いますか俺。
・・・まぁいい。(いいのか)
「コピーキャット」みたくなってきました・・・
[PR]
by rushiha666 | 2008-12-26 22:24 | 小説
<< 昨日の購入DVD(輸入盤) 不評なアイコンを変更した件 >>