ジェネリック医薬品男

高槻(仮名)「まったく最近の君のブログやミクシィやTwitterは不健康報告だけではないか。医者行け医者」
るしは「いやいやこの程度医者行くほどではないのだよ。(本音:面倒臭い)」
高槻(仮名)「へいへい。そうやって次の休みも死んでればいいよ!まったく、私の周りの男共はみんなこうだ!ばーかばーか」

という心温まる電話の前、午前中(本日は午後出勤の日)は布団を干したり出来たので、これはイイカンジに治ったな・・・と思って出勤した、が、しかし。
働いているうちにみるみる発熱急上昇><
さすがに観念してたまたま勤務中だった地元民のバイトHちゃんから、ミクシイの地元コミュでなにやら評判の(ちょっと歩いた所にある)病院を案内してもらい、行って来ました。

うん、いい病院でした。アタリだ。
途中、もっと目立つ看板出してる病院もチラホラ見かけましたが、そこらへんはハズレだそうで。予備知識なかったら、絶対そっち行ってるよなぁ・・・Hちゃん多謝!
で、どこらへんがアタリかというと、
「こっちの病状を探るように詳しく尋ねてくれる」
「こっちの話をちゃんと聞いてくれる」
「病状に対する医者の見解をキチンと話してくれる」
「薬の説明もキチンとしてくれる」

こちらの話もたいして聞かず口の中と聴診器の検診で「とりあえず薬出しとくから」という医者がまだまだ多い中、私が今まで診てもらった中でも1、2を争うほど良い対応でした。
「頭痛持ち」という話をしても内科だと大概スルーされるんですが、そっちも診てくれて緊張型頭痛のお薬までもらってしまった。ラッキー☆

薬は選べたのでジェネリック医薬品にしてみました。1錠あたり15円も安いんですよ。ラッキー♪
しかし、頭痛薬と解熱剤はどちらも睡魔を引き寄せるらしいので、いろいろ注意せねば。
[PR]
by rushiha666 | 2008-10-29 19:53 | 日記・雑記
<< 久しぶりに喜ばしい 短評:AUTOMATON TR... >>